久が原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 東京都 > 大田区 > 久が原
久が原
—  町丁  —
久が原四丁目
久が原の位置(東京23区内)
久が原
久が原
久が原の位置
座標: 北緯35度34分48.19秒 東経139度41分22.52秒 / 北緯35.5800528度 東経139.6895889度 / 35.5800528; 139.6895889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Ota, Tokyo.svg 大田区
地域 大森地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 24,282人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 146-0085[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

久が原(くがはら)は、東京都大田区町名。現行行政地名は久が原一丁目から久が原六丁目。郵便番号は146-0085[2]

地理[編集]

久が原台

東京都大田区の西部。東京23区に広がる高台「武蔵野台地」の「久が原台」に位置する。「久が原」は、同じ大田区の田園調布や山王と並び称される高級邸宅街[4]。弥生時代から二千年の時をかけて育まれた深く濃い緑が随所に残り、豊かな潤いが品格有る街並みを形成しており、東京都内でも屈指の住環境を誇る。

地域内の多くは区画整理されており、道路交通量は少なく、閑静な住宅街であるため子育てファミリーに人気がある。東急池上線久が原駅の所在地はわずかに当地域外で隣の南久が原になるが、駅からは当地域にかけて商店街が続く(ライラック通り久が原)。

地域北部は横須賀線品鶴線)の線路に接し、これを境に北嶺町南雪谷にそれぞれ接する。東部は呑川に接し、これを境に仲池上に接する。南東部は第二京浜に接し、池上に接する。南部は千鳥に接する。西部は、南久が原東嶺町に接する(地名はいずれも大田区)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、久が原3-37-6の地点で57万7000円/m2となっている[5]

交通[編集]

東急池上線久が原駅千鳥町駅東急多摩川線鵜の木駅、場所によっては浅草線西馬込駅の、三線四駅が利用可能な範囲にある。渋谷新宿といった都心、横浜方面にもアクセスしやすい便利な立地。

人口[編集]

平成20年に21,706人だった人口は平成27年には23,913人と年々増加傾向に有る。特に近年は増加率が高まっている。人口増の理由として下記三点が挙げられる。

  1. 2014年:大田区が「国家戦略特別区域[6]として内閣府から選定された。羽田空港を中心に大田区は世界を迎える玄関として、都市開発が進むことが予想されている。
  2. 2020年:東京オリンピック開催に伴い、羽田空港、蒲田駅周辺の開発期待。
  3. 2027年:品川駅を起点としたリニアモーターカーが開通する[7]

今後発展が期待される品川区・大田区内へのアクセスが良く、良好な住環境、子育て環境を持つ「久が原」の人気がファミリー層を中心に高まっている。

久が原の人口の推移

歴史[編集]

久が原の住居としての歴史は古く、1927年(昭和2年)に発掘された「久が原遺跡」から 多くの竪穴式住居跡が見つかっている。この遺跡から1〜2世紀の弥生時代後期には現在の久が原4丁目〜6丁目に当たる台地に大規模集落があり、およそ33,000坪、千軒を越える住居跡が存在していたと考えられている。なお、「久が原遺跡」は標式遺跡(ある年代の特徴を備えた基準となる遺跡の事)に指定されている。

住居だけでなく、久が原は古代遺跡がある町としても知られている。「久原小学校内遺跡」は氷河時代末期(約25,000年前から約12,000年前)の区内最古の遺跡と考えられている。ここからは当時の人々が使用した調理場の跡である焼礫群、炉跡、叩き石などの道具類や、皮はぎ器などの石器類が出土している。「千鳥久保貝塚」は縄文時代中期〜後期(5,000〜3,000年前)の遺跡。ここからは土器、石器、角器、貝類の他に大形のサンゴ塊も出土し、当時の気候が今より温暖であったことがわかる。

災害によって人の命が失われることの多かった古代には、人は自然と災害に強い土地、つまり津波や洪水、地震の被害にも強い「高台」に住居を構えるようなっていった。久が原は「古代の人」から選び続けられてきた「住居」として適した土地と言えるだろう。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
久が原一丁目 1,641世帯 3,795人
久が原二丁目 2,321世帯 4,977人
久が原三丁目 1,813世帯 3,686人
久が原四丁目 1,818世帯 4,095人
久が原五丁目 2,518世帯 5,630人
久が原六丁目 925世帯 2,099人
11,036世帯 24,282人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
久が原一丁目 38〜39番 大田区立松仙小学校 大田区立東調布中学校
その他 大田区立大森第十中学校
久が原二丁目 1〜16番
その他 大田区立久原小学校
久が原三丁目 28〜42番 大田区立東調布第三小学校
その他 大田区立松仙小学校
久が原四丁目 1〜4番
18〜21番
33〜34番
35番の一部
36〜38番
大田区立東調布第三小学校
34番
35番の一部
大田区立大森第七中学校
その他 大田区立久原小学校 大田区立大森第十中学校
久が原五丁目 全域
久が原六丁目 1〜6番
8〜13番
15〜23番
24番の一部
25番
26番の一部
27番の一部
7番の一部
14番
大田区立東調布第三小学校
7番の一部 大田区立大森第七中学校
その他 大田区立千鳥小学校

子育て施設[編集]

休日は家族連れで賑わう、ライラック通り商店街の光景

教育施設[編集]

久が原は大田区の中でも、一際子育て環境が充実している。児童館、保育園、幼稚園が有り乳幼児期の子育てを家庭環境に合わせて選択できる。また、久原小学校は121年の歴史を持ち、大田区内でも優良小学校として知られている。

久が原図書館には「三枝コレクション」と呼ばれる英語の絵本コレクションが有り、英語の児童書が充実している。館内のガラスには水森亜土氏による個性的なイラストが描かれている。

病院[編集]

公園[編集]

大田区には都市公園数が499存在し、東京23区内で最も都市公園が多い。[9]そのため久が原にも多数の公園が存在する。

記念館[編集]

史跡・遺跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]