東糀谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 大田区 > 東糀谷
東糀谷
—  町丁  —
大田区立羽田中学校
東糀谷の位置(東京23区内)
東糀谷
東糀谷
東糀谷の位置
座標: 北緯35度33分29.32秒 東経139度44分33.47秒 / 北緯35.5581444度 東経139.7426306度 / 35.5581444; 139.7426306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Ota, Tokyo.svg 大田区
地域 蒲田地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 11,848人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 144-0033[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

東糀谷(ひがしこうじや)は、東京都大田区。現行行政地名は東糀谷一丁目から東糀谷六丁目。郵便番号は144-0033[2]

概要[編集]

大田区の南東部に位置する。地域北部は呑川に接し、これを境に大森南に接する。地域東部は海老取川に接し、これを境に羽田空港に接する。地域南東部は羽田旭町に接する。地域南部は環八通りに接し、これを境に羽田に接する。地域西部は産業道路に接し、これを境に西糀谷に接する(地名はいずれも大田区)。

地域南東端を首都高速1号羽田線が通っている。当地域は、住宅工場が混在した地域になっている。

歴史[編集]

元々、当地の地名は「糀谷」であったが、東西分割され、東部を東糀谷、西部を西糀谷を改称したことによって誕生した地域および地名である。現在、「糀谷」の名称は「糀谷駅」「糀谷幼稚園」「大田区立糀谷小学校」「大田区立糀谷中学校」「糀谷商店街」などにその名残がみられる。なお、北糀谷は「糀谷」から分割された地域ではなく、元から独立していた「北糀谷町」という地名を前身とする地域であり、「糀谷」を前身とする当地および西糀谷との直接の関係は無い。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、東糀谷2-2-22の地点で34万1000円/m2となっている[4]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東糀谷一丁目 1,972世帯 3,562人
東糀谷二丁目 916世帯 1,479人
東糀谷三丁目 1,216世帯 1,933人
東糀谷四丁目 1,065世帯 2,317人
東糀谷五丁目 468世帯 994人
東糀谷六丁目 909世帯 1,563人
6,546世帯 11,848人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
東糀谷一丁目 全域 大田区立東糀谷小学校 大田区立糀谷中学校
東糀谷二丁目 全域
東糀谷三丁目 1〜6番
その他 大田区立羽田中学校
東糀谷四丁目 全域
東糀谷五丁目 全域
東糀谷六丁目 全域

施設[編集]

交通[編集]

当地域内に鉄道駅はないが、南にある京急空港線大鳥居駅穴守稲荷駅のほか、JR蒲田駅からのバス路線がある。地域内のバス停は、東糀谷六丁目・東糀谷小学校・東糀谷二丁目(以上、蒲35系統)・南糀谷(蒲36系統など)・大鳥居(蒲33系統)・仲糀谷(蒲36系統など)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口”. 大田区 (2017年12月4日). 2017年12月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月15日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 大田区 (2016年5月30日). 2017年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]