両羽橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国道7号標識
両羽橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山形県酒田市
交差物件 最上川
座標 北緯38度53分14.7秒 東経139度50分38.1秒 / 北緯38.887417度 東経139.843917度 / 38.887417; 139.843917
構造諸元
形式 鋼箱桁橋
全長 723m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

両羽橋(りょううばし)は、山形県酒田市に架かる

概要[編集]

最上川に架かる橋で、国道7号が通る。また、山形県管理の橋の中では下流側にある出羽大橋に次ぎ2番目の長さである[1]

1894年、木造橋として初代の橋が架設。工事費の一部はワッパ騒動の際の返還金が充てられた[1]。その後、橋の老朽化自動車交通時代の到来に伴い1936年、鋼鉄製で全長714mの二代目の橋が完成。完成当時、東北地方で1番の大橋であった[1]1991年、4車線の現在の橋が完成した[1]

橋の両端にある親柱には、酒田市のシンボル「獅子頭」がかたどられている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 両羽橋 - 三協コンサルタント株式会社