レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(英語: Renin-Angiotensin-Aldosterone System, RAAS)とは、血圧や細胞外容量の調節に関わるホルモン系の総称。レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系とも。

血圧低下や腎臓の循環血液量の低下に伴って、活性化される。

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系

機序[ソースを編集]

  1. 腎臓傍糸球体装置が血圧低下を感知すると、傍糸球体細胞から分泌されるタンパク質分解酵素であるレニンを血液中に分泌する。
  2. レニンは、肝臓や肥大化脂肪細胞から分泌されるアンジオテンシノゲンを一部分解してアンジオテンシンIに変換する[1]
  3. アンジオテンシンIは、肺毛細血管に存在するアンジオテンシン変換酵素(ACE)によってアンジオテンシンIIに変換される。
  4. アンジオテンシンIIは、副腎皮質球状帯に作用して、ナトリウムの再吸収を促進するアルドステロンの分泌を促進する。[2]。アルドステロンは尿細管に作用してナトリウムおよびを再吸収すると共にカリウムの再吸収を抑制し、ホメオスタシスを維持させる。
  5. 脳下垂体に作用し利尿を抑える抗利尿ホルモンのバソプレッシン(ADH)の分泌を促進[3]
  6. アンジオテンシンIIは、アミノペプチダーゼによってアンジオテンシンIIIに変換される。

生体への作用[ソースを編集]

血圧上昇
アンジオテンシンII、III、バソプレッシンの血管収縮作用による。
Na再吸収の増加
アンジオテンシンII、アルドステロンによって尿細管でNa+,Cl-再吸収が亢進。
水分再吸収の増加
バソプレッシンによって集合管でH2O再吸収が亢進。

臨床意義[ソースを編集]

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系が活性化されると、さまざまな昇圧物質が分泌される。この系の亢進は、高血圧の原因の1つである。

  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬,ACE-I)は、アンジオテンシンII、IIIの産生を抑制し血圧上昇を抑制するため,高血圧の治療に用いられている。
  • アンジオテンシンIIの受容体をブロックするアンジオテンシン受容体ブロッカー(ARBs)も、血圧上昇を抑制するため、高血圧の治療に用いられている。
  • アリスキレンは、レニンの作用を直接阻害するとして、注目されている。

その他[ソースを編集]

  • アンジオテンシン変換酵素(ACE)は、キニン-カリクレイン系ではキニナーゼIIと呼ばれており、キニンの分解に関与する。
  • アンジオテンシンI→アンジオテンシンIIへと変換する酵素にはACEの他にキマーゼやカテプシンGがある。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 脂肪細胞とインスリン抵抗性
  2. ^ 研究トピックス 塩分の摂りすぎによる血圧上昇のしくみを解明
  3. ^ 利尿を抑えるホルモン"バソプレシン"の脳の中の新たな作用を発見

関連項目[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018