大動脈弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 大動脈弓
Gray506 ja.svg
左心室を出て分岐する大動脈
Gray505.png
心臓と大動脈・大静脈
中央に大動脈弓が示されている
英語 Aortic arch
ラテン語 arcus aortae
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
MeSH Aortic+Arch
テンプレートを表示

大動脈弓(だいどうみゃくきゅう、: arch of aorta)は、ヒトでは上行大動脈に続き、第4胸椎の高さで胸大動脈となる。肺動脈幹の分岐部を囲むように左方向へ背側に弯曲し、その後下行する形があたかも”弓”のように見えるため、この名が付いた。

解剖[編集]

大動脈弓上方からは中枢側から順に腕頭動脈左総頚動脈左鎖骨下動脈が分岐する。左鎖骨下動脈との分岐部のすぐ末梢側では大動脈弓は細くなり、大動脈峡部(isthmus of aorta)と呼ばれる。この部分の先天的な強い狭窄を大動脈縮窄(coarctation)と呼ばれ、下半身への血行動態が不全となる。

[編集]

関連項目[編集]