鎖骨下動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈: 鎖骨下動脈
Gray506 ja.svg
大動脈弓とその枝の概略図である。左鎖骨下動脈は大動脈の5番目の枝で、大動脈弓では3番目の枝である。右鎖骨下動脈は腕頭動脈の枝である。
Gray505.png
大動脈弓とその枝のスケッチである。右鎖骨下動脈は左上に左鎖骨下動脈動脈は右上に描かれている。上の概略図と見比べると理解しやすい。
英語 subclavian artery
ラテン語 arteria subclavia
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
大動脈弓 (左)
腕頭動脈 (右)   
分岐
静脈
MeSH Subclavian+Artery
テンプレートを表示

鎖骨下動脈とは胸郭の上部を走行する比較的大きな動脈であり、主に頭や腕を栄養している。鎖骨の下方にあることからこの名がある。右鎖骨下動脈左鎖骨下動脈があるが、左右対称ではなく以下のような構造的違いがある。


  • 体の左側の鎖骨下動脈(左鎖骨下動脈)は大動脈弓から直接分岐する。
  • 体の右側の鎖骨下動脈(右鎖骨下動脈)は比較的短い腕頭動脈という動脈から右総頚動脈とともに分岐する。

左右ともに鎖骨下動脈から分かれる動脈には椎骨動脈内胸動脈甲状頚動脈肩甲背動脈がある。鎖骨下動脈は第一肋骨の外側縁から腋窩動脈へと名前を変える。

走行[編集]

鎖骨下動脈はその起始から横方向に沿って走行し、前斜角筋中斜角筋のあいだを通る。すなわち、動脈の上に前斜角筋が、動脈の下に中斜角筋がある。この間隙は斜角筋隙とよばれ、ここが狭くなると鎖骨下動脈や腕神経叢が圧迫され上肢のしびれや麻痺をおこすことがある。これを前斜角筋症候群といい胸郭出口症候群のひとつである。一方で鎖骨下静脈は動脈とは異なり前斜角筋の上を走っている。第一肋骨の縁までくると鎖骨下動脈は腋窩動脈となる。

分岐[編集]

右の頚部を切開したところで鎖骨下動脈や頚動脈などが見えている。


鎖骨下動脈は前斜角筋を基準として、前斜角筋の裏(後方)のⅡ部とそれより中心側(起始部~前斜角筋の内側縁)のⅠ部、外側(前斜角筋の外側縁~第1肋骨外側縁)のⅢ部というように3つの部分に分けられている。以下に鎖骨下動脈から分岐する動脈を挙げる。


分岐する4つの動脈(肩甲背動脈は除く)の覚え方としては「ろっけ」(ツ=椎骨動脈、ナ=内胸動脈、こ=甲状頚動脈、ろっけ=肋頚動脈)というごろ合わせがある。


鎖骨下動脈自体は腕神経叢と並走し腋窩動脈として続いていく。


内胸動脈の枝

変異[編集]

鎖骨下動脈は起始・走行通路・走行の高さに関して個体差がある。右鎖骨下動脈は多くの場合胸鎖関節の上で腕頭動脈から分岐するが、胸鎖関節の下から分岐することもある。また稀であるが、腕頭動脈からでなく大動脈弓から直接わかれて食道の後方を走行する場合もある(異所性右鎖骨下動脈)[1]

鎖骨下動脈から分岐する甲状頚動脈も変異が多いことで知られる。

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 鈴木正行らの"Multidetector-row CT による異所性右鎖骨下動脈の頻度の検討"によるとこの異所性右鎖骨下動脈の頻度は男性で0.36%,女性で0.73%,全体で0.53%であるという。


外部リンク[編集]