プルキンエ繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Purkinje fibers
ConductionsystemoftheheartwithouttheHeart-en.svg
Isolated heart conduction system showing Purkinje fibers
ECG Principle fast.gif
The QRS complex is the large peak.
ラテン語 Rami subendocardiales
テンプレートを表示

プルキンエ繊維 (プルキンエせんい、: Purkinje fibers[1])は、特殊な心筋細胞(線維)である。心臓の伝導系は特殊な心筋細胞で構成されているが、プルキンエ線維は心尖部における刺激伝導系の細分割された筋線維束を構成する要素(心筋細胞)であり、心尖部心内膜下における伝導ネットワークを構成している[2]

語源[編集]

1839年にこの細胞を発見したヤン・エヴァンジェリスタ・プルキンエの名前にちなんで命名された。

参照資料[編集]

  1. ^ [pɜːrˈkɪni] pur-KIN-jee
  2. ^ 参考:ジュンケイラ組織学[第5版<原書14版>]

外部リンク[編集]