先天性心疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

先天性心疾患(せんてんせいしんしっかん、Congenital heart deseaseCongenital heart defect)とは、胎生期から乳児期においての心臓大動脈系等における形成異常の総称[1]

疾患[編集]

一般に以下の疾患がある。

分類[編集]

臨床的には古典的にチアノーゼを生じるか否かで以下のように分類されることが知られている。

チアノーゼ性[編集]

非チアノーゼ性[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先天性心疾患”. 札幌厚生病院循環器科 (2008年6月3日). 2010年1月16日閲覧。

関連項目[編集]