ブランド・ホワイト・ガーランド症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
45歳女性のブランド・ホワイト・ガーランド症候群の心エコー(カラードプラ)像

ブランド・ホワイト・ガーランド症候群(ブランド・ホワイト・ガーランドしょうこうぐん、: Anomalous left coronary artery from the pulmonary artery)とは、左冠動脈肺動脈より起始する病態である[1][2]

概要[編集]

出生後の肺動脈圧の低下により、左冠動脈血流が低下するため虚血となり、多くの症例で1歳までに死亡に至るが、早期手術の成績は向上している[1][2]。1割が無症状のまま成人期に達するが、運動時虚血による突然死が問題となっている[1]

検査[編集]

  • 聴診で逆流性雑音[1]
  • カラードプラで肺動脈内血流異常[1]
  • 心血管造影で右冠動脈に遅れる左冠動脈の造影[1]

治療[編集]

  • 竹内法:大動脈壁に肺動脈との穴をあけ、肺動脈内にトンネルを形成し、大動脈からの血流を左冠動脈に確保する。
  • 冠動脈移植術
  • 大動脈 - 左冠動脈バイパス術

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f イヤーノート 2015: 内科・外科編  C-146 メディック・メディア ISBN 978-4896325102
  2. ^ a b 内科学書 改訂第8版 Vol.3 P235 中山書店 ISBN 978-4521737751

関連項目[編集]