右脚ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
右脚ブロック
分類及び外部参照情報
Right bundle branch block ECG characteristics.png
右脚ブロックの心電図の特徴として、典型的にはV1誘導での広いQRSとV6でのなだらかなS波がみられる。
ICD-10 I45.1
DiseasesDB 11620
eMedicine ped/2500
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

右脚ブロック(うきゃく-、: right bundle branch block, RBBB)は、心電図でみられる異常所見のひとつ。心臓のなかを電気信号が流れる際、観念として洞結節以下で右と左に流れる電気信号の流れる通り道を想定する。右心室へ電気信号をつたえる電線の流れが悪いとき、すなわち右脚ブロックを呈する状態では、心室中隔の興奮は左から右へ伝わり、右室の興奮は左室の興奮に対して遅れて起きることになる。

病態[編集]

左脚ブロックと比べ、右脚ブロックでは心臓の基礎疾患がないことが多い。 ブルガダ症候群肺性心で右脚ブロックを伴うことがある。

心電図所見[編集]

心室中隔上の誘導であるV1誘導で、波形は上向きとなり、rSR'型のQRSとなる。

予後[編集]

健常者でみられる右脚ブロックは、長期的に突然死との関連は少ないことが報告されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Cuddy TE, et al. Sudden unexpected cardiac death as a function of time since the detection of electrocardiographic and clinical risk factors in apparently healthy men: the Manitoba Follow-Up Study, 1948 to 2004. Can J Cardiol. 2006;22:205-211