ヤハウェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シナイ半島のクンティレット・アジュルド遺跡英語版で発掘されたピトスの破片に描かれたヤハウェとアーシラトの想像図
フェニキア文字アラム文字、およびヘブライ語活字によるヤハウェの名

ヤハウェヘブライ語: יהוה‎、フェニキア語: 𐤉𐤄𐤅𐤄古アラム語英語版: 𐡉𐡄𐡅𐡄)は旧約聖書における古代イスラエル唯一神である。

この名はヘブライ語の4つの子音文字で構成され、神聖四文字テトラグラマトンと呼ばれる。神聖四文字とこれを「アドナイ」(わが主)と読み替えるための母音記号とを組み合わせた字訳に基づいて「Jehovah(イェホヴァ)」とも転写され、日本語ではエホヴァエホバ文語訳聖書ではヱホバ)とも表記される。この読み方は16世紀前半にガラティヌス英語版がそのように音訳したのに端を発すると言われている(ただし「Jehova」の表記は遅くとも14世紀には使われていた)[1]。近代の研究によって復元された原音に基づいて、これを「Yahweh(ヤハウェ)」と読むのが主流となっている[2]

本項に示す通り、このを指す様々な表現が存在するが、特に意図がある場合を除き、本項での表記は努めてヤハウェに統一する。また本項では、ヤハウェを表す他の語についても述べる。

特徴[編集]

ヤハウェは「万軍の神」[3][4][5][6]との称号がある通り、その裁きは圧倒的で容赦を知らない事で知られており、その名を口に出す事すら恐れられて正確な発音が忘れ去られるほどである[7][8]。しかし「みなしごの父、やもめの保護者」ともあるように、単に厳しいだけの方ではない[9][10][11][12][13]。その名を呼び求める者は全て救われる[14][15][16][17]

他にも称号として「アブラハムイサクヤコブの神」[18][19][20]、「イスラエルの神」、「救主」、「天を創造された主[21]、「全能者」、「アルパでありオメガ[22]、「ねたむ神」[23][24][25]、「秘密をあらわすひとりの神」[26][27][28]、「偽りのない神」[29][30]などがある。岩に例えられる事もある[31][32]。性格は「恵みふかく、あわれみに満ち、怒ることおそく、いつくしみ豊か」とされる[33]が、「罰すべき者は決して許さない」[34]。特に何かを必要とされる事も無い事が分かる[35][36]。滅びを逃れるためにはピネハスのような徹底的な行動が求められる[37][38][39]。またヤハウェはサタンを責める事のできる存在である[40]

裁きの例:
  • ヤハウェの預言者エリシャ侮辱した子供らの内、計42人を雌2頭によって処刑[41]
  • ノアとその家族を除く全ての人を地球上から排除(ノアの方舟[42]
  • ロト達を去らせた後に硫黄と火の雨でソドムとゴモラの都市を丸ごと焼却処分[43]
  • エジプトの王から捕虜、また家畜を含む全ての長子を処刑[44]
  • エジプト軍の戦車と騎兵全てを海の底に沈めた[45]
  • しかもヤハウェは自分の事を語り伝えさせるためにエジプトにあえてそうした。まさに策士である[46][47]
  • ご自分の民が偶像崇拝金の子牛)にそれた時にまさかの絶滅宣言[48]
  • ご自分の民がご自分を信じないのを見てモーセ以外処刑宣言[49]
  • モーセに反逆したコラとそれに属する全ての人々及びその所有物を地面に飲み込ませた[50]
  • 大石を降らした上に太陽を止めて敵軍を殲滅[51]
  • ギデオンと300人の兵士[52]で13万5000人[53]の敵軍を撃破[54]
  • 主の箱の中を見たという理由だけでベテシメシの人々70人を処刑[55]
  • 敵に神である事を認めさせ言わせた上で処刑[56][57]
  • 一人のみ使いを遣わして一晩のうちに敵軍の18万5000人を処刑[58][59][60]
  • 人類を救う手立てとしてご自分のひとり子が処刑される事を許した[61][62]
彼は悪しき者を生かしておかれない、苦しむ者のためにさばきを行われる。 — ヨブ記36章6節(口語訳)
ヤハウェの嫌われるもの:
主の憎まれるものが六つある、否、その心に、忌みきらわれるものが七つある。すなわち、高ぶる目、偽りを言う舌、罪なき人の血を流す手、悪しき計りごとをめぐらす心、すみやかに悪に走る足、偽りをのべる証人、また兄弟のうちに争いをおこす人がこれである。 — 箴言6章16節から19節(口語訳)
ヤハウェの求められること:
主のあなたに求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか。 — ミカ書6章8節後半(口語訳)

外見上の特徴[編集]

人は神を見て生きていく事はできないとされる[63][64]。モーセは神を見る事を恐れた[65][66]。預言者エリヤの前を主が通り過ぎた際には、風や地震、火の中に主はおられなかったとされている[67][68]

友人関係[編集]

聖書中でアブラハムは神の友として明示的に呼ばれている[69][70]

普通名詞[編集]

ヤハウェを指して、いくつかの普通名詞もしくはそれに類するものが用いられる場合がある。次にヘブル語表現をカタカナで、また対応する訳語を漢字で示す。

[編集]

日本語訳聖書では今日、一般に、原文において「יהוה(ヤハウェ)」とある箇所を「主」と訳す。これはおもに、消失の経緯で後述するユダヤ人慣習による。今日のユダヤ人はヤハウェと読まずに、アドナイ(「わが主」)という別の語を発音するためである。カトリック系の『バルバロ訳』のほか、『口語訳聖書』(日本聖書協会)などがこれである。また、口語訳聖書を後継する『新共同訳聖書』(同)も、一部の地名(『創世記』第22章14節、#固有名詞で後述)を除き、一貫して「主」とする。プロテスタント福音派系の『新改訳聖書』では太字で「」とする。これは「文語訳ではエホバ[71]と訳され、学者の間ではヤハウェとされている主の御名を」「訳し」た「」と、これを「代名詞などで受けた場合かまたは通常の<主>を意味することば」とを区別するためである[72]1893年の時点で日本聖公会も、エホバではなく主の語を用いるべきだとしている[73]

主に「英語圏」・「スラブ語圏」となるが 実際の「聖四文字」の表記例を「出エジプト記20」から挙げる。

[編集]

旧約聖書では、「神」という一般名詞であるエル(古典的なヘブライ語発音でエール)やその複数形「אלהים(エロヒム)」[74]もヤハウェの呼称として用いられる。一般に、日本語訳聖書ではこれらの音訳は使用せず、これに相当する箇所は漢訳聖書での訳語を踏襲し神とするものが多い。「全能・満たすもの」を意味するとされるシャダイの語を付してエル・シャダイとした箇所は、全能の神などと訳される。

上帝[編集]

中国語の聖書には、本項の神について「神」という語をあてたもののほか、「上帝」となっているものが多数存在した。今日も多く使われる和合本という翻訳の聖書も、この語を「神」とした上で1文字分の空白をあけ、2文字の「上帝」と同じ文字送りにしたものが多い[75]

」の字が、「אלהים」または「אלוהים」、古代ギリシャ語「Template:Lan(テオス)」、英語「God[76]の訳語に当てられたのは、近代日本でのキリスト教宣教に先行していたにおけるキリスト教宣教の先駆者である、ロバート・モリソンによる漢文聖書においてであった[77]。しかしながら訳語としての「神」の妥当性については、ロバート・モリソン死後の1840年代から1850年代にかけて、清における宣教団の間でも議論が割れていた。大きく分けて「上帝」を推す派と「神」を推す派とが存在したが、和訳聖書のモリソン訳の流れを汲むブリッジマン・カルバートソンによる漢文訳聖書[78][79]は、「神」を採用していた。

多数の日本語訳聖書はこの流れを汲み[80]1938年には「神」という用語についてキリスト教神学者前島潔が論じることはあった[81]ものの、今日に至るまで適訳であるかどうかをほぼ問題とせずに「神」を翻訳語として採用するものが多数となっている。

固有名詞[編集]

ノルウェーの教会に掲げられている「IEHOVA」の文字

旧約聖書すなわちヘブライ語聖書の原文には、ヘブライ語で記された名前「יהוה(ヤハウェ)」が6859回登場するとされている。

これは4文字のヘブライ文字からなることから、ギリシャ語では「Τετραγράμματον(テトラグラマトン)」(神聖四字、原義は「四字」)とも呼ばれる。

アラム文字でヘブライ語を記述するようになってからも、この4文字はフェニキア文字で書かれていたとされる[82]

ちなみにこの4文字はラテン文字では「YHVH」「YHWH」「JHVH」「JHWH」「IHVH」などと翻字される。

新共同訳聖書』付録には、「神聖四文字 YHWH」について次のように記されている。

この語の正確な読み方は分からないが一般にヤーウェまたヤハウェ(文語訳ではエホバ[83])と表記されている。この神名は人名の末尾に「ヤー」という短い形で付加されることが多い(「イザヤ」「エレミヤ」)など) — 『新共同訳聖書』付録30ページ「用語解説」主(しゅ)

なお、同書では「旧約聖書中」とあり、一般にこの固有名詞新約聖書には登場しない。写本などの研究から、原文の新約聖書にも使用されなかったと考えられている[注 1]。文語訳聖書中でもイエス・キリストが旧約聖書から引用したと思われる箇所で、この固有名詞は登場していない[84]

発音[編集]

もともとヘブライ語は母音表記法を持たなかった。語幹は子音だけから成り活用を母音だけで表すため、文章子音文字のみで記述され、母音の復元はもっぱら読み手の語彙力によった。この方式をアブジャドといい、現代アラビア語などにもみられる。

やがて聖書ヘブライ語が日常言語としては死語になり、ヤハウェにあたる語を何と読むか、正確な発音は消失した。消失の経緯で後述するように、その発音は人々の口に上らなくなっていたのである。

しかし後に、ニクダーもしくはニクードと呼ばれるいろいろな点々を打つことにより、母音の表記が可能となった。

また、すでにユダヤ人は、詠唱の際にヤハウェの名の登場する箇所をアドナイ(「わが主」、消失の経緯で後述)[85]と読み替えるようになっていた。

その際、ヤハウェ(の子音字)「יהוה」に、アドナイ אֲדֹנָי と同じニクードすなわち -ă -ō -a という母音を示す点々を打って、そう読み慣わした。

これをそのまま読むと、イェホワ (יְהֹוָה、YəHōVaH) と読める(文法上、ヘブライ文字 y には弱母音の「ă」を付けられないため、曖昧母音のエ ə に変化する)。

日本語のエホバ(ヱホバ)、英語の「Jehovah」、および各言語のそれに類する形は、ここに由来するのである。

それらは確率的に正しい読みに偶然に一致する可能性も完全には捨てきれないかもしれないが、あくまで可能性であって、学術的にはヤハウェと推定する見解で今日ほぼ一致している。(異論もある[86])

日本語ではヤハウェの他にヤハヴェ YaHVeH(ヘブライ文字 ו [w]は現代ヘブライ語読みで/v/と発音)、ヤーウェ YaHWe(HのaHを長音として音写)などの表記が用いられることもある。

人名などの要素として用いられる יהוה の略称は「ヤ」 ( יָה [yāh])、「ヤフ」 (יָהוּ [yāhû])等であり、ここから最初の母音はaであったと推測できる。

また、古代教父によるギリシア文字転写形として Ιαουε (イァォウェ)、Ιαβε (イァベ)があり、これらからYHWHの本来の発音は英語式に表記するところの「Yahweh」あるいは「Yahveh」であったと推測されている。

消失の経緯[編集]

のセクションにも言及したアドナイ(אֲדֹנַי [’Ăḏōnay][87])の語には、「主 (Lord)[88]」即ちヤハウェを婉曲に指す意味のほか、もともと「私の御主人様 (my master)[89]」即ち奴隷の雇用主など主一般を指す意味がある。

さて、前述の通りユダヤ人は、詠唱の際もアドナイと読み替えるなどして、ヤハウェの名の発音を避けてきた。現在もユダヤ人は一般生活において、ヤハウェをヤハウェと呼ばず、アドナイあるいはハッシェム(הַשֵּׁם [haš Šēm])などと呼ぶ。これらは、ヤハウェとは別の語である。

理由のひとつとして、出エジプト記申命記などにみられるモーセの十戒のうち次に挙げるものについて、直接神の名を口にすることは畏れ多い禁忌である、との解釈が後代に成立したためではないかと考えられている。(同一の箇所である。また、ヱホバとはヤハウェのことである)

汝の神ヱホバの名を妄に口にあぐべからずヱホバはおのれの名を妄にあぐる者を罰せではおかざるべし

あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。

これは本来その名をみだりに唱え、口にあげること(ヤハウェの名を連呼して呪文とすること、もしくはヤハウェの名を口にあげて誓っておきながら実際には嘘をつくこと)について、「そのようなことをすべきではない」と教えるものであって、名の発音を禁ずる趣旨ではないという説がある[誰によって?]一方で、西暦1世紀にはすでに発音は禁じられており、当時成立した福音書によれば、神の子イエスもこれをはばかって「天の父」などと表現したという。

古くはこの名は自由に口にされていたようである。南ユダ王国崩壊からバビロン捕囚までの時代に書かれた『ラキシュ書簡』にも יהוה は頻繁に現れており、この名がこの時代に至ってもなお口にされていたことがわかる。また、それ以後にもこれを記した史料は散見される。

それがいつ頃から口にされなくなったのか正確には分からない。

しかし、紀元前3世紀初めごろから翻訳の始まった『七十人訳聖書』では、原語のヘブライ語での「יהוה(ヤハウェ)」が置き換えられ、ほとんどの箇所で「主」を意味する「Κύριος(キュリオス)」と訳されている。

このことから、この頃にはこの名がアドナイと読み替えられていたのであり、バビロン捕囚以後の300年ほどの間にそのまま発音することが禁忌とされるようになったと考えられる[誰によって?]

語源[編集]

古くからヤハウェの名は、「存在」を意味する語根(√היה [√hyh])と関連づけて解釈されてきた。これは『出エジプト記』第3章第14節で、ヤハウェがモーセに応えて「私は在りて在るものである」 (אֶהְיֶה אֲשֶׁר אֶהְיֶה [’ehyeh ’ăšer ’ehyeh])と名乗った事に由来する。

この「私は在る」(אֶהְיֶה [’ehyeh])という一人称・単数・未完了相の動詞を三人称・単数・男性・未完了の形「彼は在る」にするとיִהְיֶה [yihyeh]となり、יהוהと似た形になる。ここから、ヤハウェの名はイヒイェの転訛で「『出エジプト記』に出て来た一言 」「彼は在りて在るものである」「実在するもの」「ありありと目の前に在り、在られるもの」などの意味だと解釈されてきた。

ヘブライ人は誓言の時に「主は生きておられる」という決まり文句を使っていたが、ここからも彼らがヤハウェを「はっきりしないとはいえ、生々しく実在するもの」と捉えていた事がわかる。はっきりしているのは、創世記の冒頭により、ユダヤ人(キリスト教徒ムスリム)は、闇が主要素となる宇宙空間を構築した正体を、ヤハウェ(ゴッドアラー)であると考えている点である。エロヒム (אלהים) はアラハヤム(アラー)とも読める。また、ヘブライ語ではエジプトの太陽神のことをアラー (אל) と表記する。

(イスラムの神「アラー」はアラビア語で「ALLH」であり「アルラー」又は「アッラー」と表記する(Q'ran) またエジプト語では太陽神を「Ra」とし「ラー」と呼ぶことに注意したい(エジプト語辞典 泰流社 1994)) 

また、היהのヒフイル(使役)態の三人称・単数・男性・未完了相の形が、יַהְיֶה[yahyeh]となり、ちょうど「ヤハウェ」と同じ母音の組み合わせになる。ここからその名を「在らしめるもの」「創造神」とする解釈もある。

"Jahveh""Jahve""Yahwe" translitertions, according to differerent syatems, of the Heb. ****(previously represented by JEHOWAH) The religion of Jahveh; the system od doctrins and precepts connected with the worship of Jahveh. The use of Jahve(h) as a name for God. 使用例:1867,1877,1879,1882

"Jehovah" The English and common European representation, since the 16th c, of the Hebrew divine name. ~, was pointed in the O.T. by the Masoretes, ****, with the vowels ' (=a),o,a, of *****(adonai), as a direction to the reader to substitute ADONAI for the 'ineffable name'; which is actually done by ~in the Vulgate~by Wyclif. Students of Hebrew at the Revival of Letters took these vowels as those of the word ****(IHUH, JHVH) itself, which was accordingly transliterated in Latin spelling as IeHoVa(H), Iehoua(h. It is now held that the original name was IaHUe(H) , Jehve(h, Jahue or with the English values of the letters, Yahwe(h, and one or other of these form is now generally used by writers upon the religion of the Hebrews. 使用例:1530,1539,1600,1667,1738,1821,1860,1869,1892,1899

(出典:OED-THE OXFORD ENGLISH DICTIONARY-) 「OEDのこと:英国の代表的英英辞典 1884-1928 が初出 1992年 現在20巻、21,721ページ 616,500項目 (主見出し語約35万)(引用:世界の辞書 研究社 1992)」 ただし引用には 1933-1978年の版を使用した○  

"Jehova" [NL,intened as a transliteration of Heb Yahweh , the vowel points of Heb 'adhonay my lord being erroneously substiuted for those of Yahweh; fr. the fact that in some Heb manuscripts the vowel points of 'adhonai (used as a euphemism for Yahweh) were written under the consonants yhwh of Yahweh to indicate that 'adhonay was to be substituted in oral reading for Yahweh]

"Jahwe" or "Jahweh" cap, var of YAHWEH

"yahweh also jahveh or jahweh or yahveh or jahve or jahwe or Yahve or yahwe or jave" [NL, fr. Heb Yhwh]: GOD - used as scholarly transliteration of the Hebrew tetragrammation; compare JEHOVAH, YAH, YHWH

(出典:WEBSTER'S THIRD NEW INTERNATIONAL DICTIONARY 1968) 「上記辞典のこと:米国の代表的米国語辞典 基礎となる「辞書」は 1828年刊行版 『国際』のの名で刊行~1890 (見出し語句 175,000)、『新国際』~1909(見出し語句 400,000)、第2版~1934年刊行(見出し語句660,000)、第3版~1961年刊行(2662ページ) )(引用:世界の辞書 研究社 1992)」

"Jehovah" 「我が主」の意味のHeb. Adhonayで読みかえていたのが、聖書翻訳の際に誤って字訳されたもの  

"Jahveh">"Yahweh" 神名を表すヘブライ語子音字YHWHの発音を 学問的に再構成したもの○

(出典:新英和大辞典 第五版 研究社)

短縮形[編集]

本項の神を誉め讃える際に発するヘブライ語「ハレルヤ」(Hallelujah)の末尾の「ヤ」(ヤハJah)はその名の短縮形である。ジャマイカに発生したラスタファリ運動においても「ジャー」(Jah) という形で見ることができる。

ヤハウェ[編集]

#発音のセクションで述べたとおり、今日、学術的に推定される読みである。ラテン文字で書くとYahweh。中沢洽樹による旧約聖書[90]では「ハ」を小書きにしたヤㇵウェが用いられている。

ヤーウェ[編集]

学術的に推定された読みである点や、ラテン文字で書くとYahwehとなる点では、おおむねヤハウェと同様であるが、カタカナ語日本語として音韻を考慮した場合、はじめのh音が長母音化しており、ヤハウェに比べて発音としての正確さという点で疑問が残る。

カトリックの『フランシスコ会訳聖書』で使用される読みである。

で前述の通り、『新共同訳』ではこの神をほぼ一貫して「主」と呼び、『創世記』第22章14節でのみ「ヤーウェ」とする。これはいわゆるイサクの燔祭の行われた「ヤーウェ・イルエ」の地名を説明するために発音を示したものである。

ちなみにこの箇所は、パブリックドメイン化した他の聖書ではこうなっている。

アブラハム其處をヱホバエレ(ヱホバ預備たまはん)と名く是に縁て今日もなほ人々山にヱホバ預備たまはんといふ

それでアブラハムはその所の名をアドナイ・エレと呼んだ。これにより、人々は今日もなお「主の山に備えあり」と言う。

アブラハムはその所を「ヤーウェ・イルエ」と名づけた。それで今日でもなお、「ヤーウェの山で計らわれる」と言われている。

ヤハヴェ[編集]

同じく学術的に推定される読みである。無教会派の関根正雄による旧約聖書などに登場する。

ヱホバ[編集]

日本の国語として伝統的な形である。『明治元訳聖書』とともに普及し、広く日本の思想・文学に影響を与えた[91]。 『明治元訳聖書』はヘボンらによって1887年に完成し、旧約部分にこの語が用いられている。 エホバの証人も、新世界訳聖書を用いるようになるまでこの語の登場するこの翻訳を使用してきた。 静岡県富士宮市には、日本ヱホバ教団という文部科学大臣所轄包括宗教法人が所在することが指摘されている[92]

エホバ[編集]

ヱホバを現代仮名遣いに直したもので、エホバの証人が使用していることで知られる。

以下に詳しく解説 https://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/1200002391

「エホバ」もしくは「ヱホバ」の読み(表記)は、日本の文学においても古くから好まれてきた。例として、カトリック俳人・阿波野青畝銀河季題とする俳句を鑑賞されたい。

銀河より聴かむエホバのささやきを — 青畝

なお、前掲句の底本はその弟子である日本イエス・キリスト教団 明石人丸教会プロテスタント俳人・やまだみのる氏によるウェブサイトの秀句鑑賞のページによったが、この句には次のような形もあり、同サイト青畝俳句研究のページでは後者の鑑賞が行われている。細部の差異に注目されたい。

銀河より聞かむエホバのひとりごと — 青畝

ユダヤ教成立後のヤハウェ[編集]

旧約聖書に於けるヤハウェは唯一神であり全世界の創造神とされ「宇宙の最高原理」のようなもので、預言者を除いた一般人にとっては、はっきりしない存在であるが、むしろ自ら人間たちに積極的に語りかけ、「妬む」と自称するほど感情的であり、創世記のとおり人類はヤハウェに似せて造られたことが伺える。ただし、広義では他の生物、物質も人類と性質が似ており、人類がヤハウェに似ていることは宇宙空間全体の事象に帰納できる。また、『創世記』第32章第31節~や『出エジプト記』第4章第24節~などには自ら預言者たちに試練を与える場面もあり、ヘブライ人たちがヤハウェを決してはっきりしないというだけではなく、預言者を通じて実在感のある存在と捉えていた事がわかる。

キリスト教におけるヤハウェ[編集]

Ἐγώ εἰµι ὁ ὤν(エゴー・エイミ・ホ・オーン)」(私は在るものである)はイエスとヤハウェを結び付け、その神性を現す意図で多用されている。これはセプトゥアギンタの『出エジプト記』第3章第14節でヤハウェが「私は在るものである」と名乗ったので、イエスはこれを多用して自分がヤハウェと密接な関係にある事を暗に示したとされる(『ヨハネによる福音書』第8章第58節など)。 正教会において、イエスのイコン、とりわけ自印聖像においてその光輪にギリシア語「ΟΩΝ(オーン)」「ὁών(オーン)」(「在るもの」)を記す習慣もこれに関連する。

三位一体の教説が成立して以降、ヤハウェを単に神の名とするにとどまらず、特定の位格と結びついた名として捉える論考が現れる。一般に、西方教会においてはヤハウェ(ラテン語文献では多く「エホバ」)を父なる神と同一視することが多く、対して東方教会においてはヤハウェはイエス・キリストの神格における名であると考えられることがある[誰によって?]

最近の動向として、2008年6月29日付でバチカンの教皇庁典礼秘跡省は「教皇の指示により神聖四字で表記されている神の名を典礼の場において用いたり発音したりしてはならない」との指針を示した[93]。教皇庁はこの指針の中で、近年の神の固有名を発音する習慣が増加している事態に対して懸念を表明し、神聖四字については「ヤーウェ」「ヤハウェ」「エホバ」などではなく、「主」と訳さなければならないと述べ、神の名を削除するよう求めている。これを受けて日本のカトリック司教協議会は、祈りや聖歌において「ヤーウェ」を使用してきた箇所を原則として「主」に置き換えることを決定した(一例として「主ヤーウェよ」と呼びかける部分は「神である主よ」とされた)。

異教由来説[編集]

ユダヤ教成立以前の信仰をヤハウェ信仰、あるいはエロヒム信仰とよぶが、両者は必ずしも同一の信仰ではなく、四資料説において、エルやエロヒムを神の呼称とする「E資料」、ヤハウェを神の名とする「J資料」が想定されている。両者はかなり性質の異なる別系統の神々だったが、唯一神教化する過程で混同され、同一神とみなされるようになった。エロヒムはヤハウェに比べてより古い信仰であり、もともとはセム系の諸民族にみられる多神教における最高神で、抽象的・観念的な天の神であった。イスラエルにおいてはサマリアガリラヤなど北部で信仰された。これに対し、ヤハウェの起源はエロヒムの起源に比べるとやや時代が下り、ヤハウェは、抽象的なエロヒムと異なり、具体的な人格神で、慈愛だけでなく怒りや妬みも表す感情的な神であり、もともとはヘブロンを中心としたイスラエル南部の信仰で、王国時代にはエロヒムと異なりヤハウェの祭儀は祭司階級であるレビ族に担われた。唯一絶対神の性格を帯びるようになった。ただし、唯一神教化した時代をより古く見積もる説では、出エジプトの頃のヘブライ人は古代エジプトのアテン神を信仰しており、そのためアテン信仰が廃された後に弾圧され、エジプトを脱出したのではないかとする説もある[94]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 但し「エホバの証人」の書である、"New World Translation 1984":Mt 1-20で"Jehova's angel"、「新世界訳 1982」マタイ 1-20で「エホバのみ使いが」というように 彼らによれば「新約聖書」中で約30例使用している。ヘブライ語で新たにおこした新約聖書では、同箇所を"יהוה מלאך "(THE NEW COVENANT IN HEBREW 1966)と記述している。英語圏ユダヤ人用新約聖書では、同箇所を"angel of Adonai"(JEWISH NEW TESTAMENT 1989)と記述している。

出典[編集]

  1. ^ Wikisource reference  1911 Encyclopædia Britannica/Jehovah. - ウィキソース. 
  2. ^ キリスト聖書塾編集部 『ヘブライ語入門』 キリスト聖書塾、1985年、399頁。
  3. ^ ホセア書(口語訳)#12:5
  4. ^ 詩篇(口語訳)#89:8
  5. ^ 詩篇(口語訳)#59:5
  6. ^ アモス書(口語訳)#4:13
  7. ^ あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。出エジプト記(口語訳)#20:7
  8. ^ 主の名を汚す者は必ず殺されるであろう。全会衆は必ず彼を石で撃たなければならない。他国の者でも、この国に生れた者でも、主の名を汚すときは殺されなければならない。レビ記(口語訳)#24:16
  9. ^ 詩篇(口語訳)#68:5
  10. ^ 箴言(口語訳)#22:22-23
  11. ^ 箴言(口語訳)#23:10,11
  12. ^ マラキ書(口語訳)#3:5
  13. ^ 出エジプト記(口語訳)#22:22-24
  14. ^ ヨエル書(口語訳)#2:32
  15. ^ 使徒行伝(口語訳)#2:21
  16. ^ ローマ人への手紙(口語訳)#10:13
  17. ^ 詩篇(口語訳)#91:14,15
  18. ^ 出エジプト記(口語訳)#3:6
  19. ^ 列王紀上(口語訳)#18:36
  20. ^ ルカによる福音書(口語訳)#20:37
  21. ^ イザヤ書(口語訳)#45:15-18
  22. ^ ヨハネの黙示録(口語訳)#1:8
  23. ^ 出エジプト記(口語訳)#20:5
  24. ^ 出エジプト記(口語訳)#34:14
  25. ^ あなたがたは他の神々すなわち周囲の民の神々に従ってはならない。あなたのうちにおられるあなたの神、主はねたむ神であるから、おそらく、あなたに向かって怒りを発し、地のおもてからあなたを滅ぼし去られるであろう。申命記(口語訳)#6:14,15
  26. ^ ダニエル書(口語訳)#2:28
  27. ^ ダニエル書(口語訳)#2:47
  28. ^ アモス書(口語訳)#3:7
  29. ^ テトスヘの手紙(口語訳)#1:2
  30. ^ 民数記(口語訳)#23:19
  31. ^ 申命記(口語訳)#32:4
  32. ^ 申命記(文語訳)#32:4
  33. ^ 詩篇(口語訳)#145:8
  34. ^ 出エジプト記(口語訳)#34:7
  35. ^ 使徒行伝(口語訳)#7:48-50
  36. ^ 使徒行伝(口語訳)#17:24,25
  37. ^ 創世記(口語訳)#19:26
  38. ^ 民数記(口語訳)#25:11
  39. ^ コリント人への第一の手紙(口語訳)#10:13
  40. ^ ゼカリヤ書(口語訳)3:1-2
  41. ^ 列王紀下(口語訳)#2:23,24
  42. ^ 創世記(口語訳)#6:7
  43. ^ 創世記(口語訳)#19:24,25
  44. ^ 出エジプト記(口語訳)#12:29-30
  45. ^ 出エジプト記(口語訳)#14:27-28
  46. ^ 出エジプト記(口語訳)#10:1-2
  47. ^ ローマ人への手紙(口語訳)#9:17-18
  48. ^ 出エジプト記(口語訳)#32:7-10
  49. ^ 民数記(口語訳)#14:11,12
  50. ^ 民数記(口語訳)#16:31-33
  51. ^ ヨシュア記(口語訳)#10:11-13
  52. ^ 士師記(口語訳)#7:7
  53. ^ 士師記(口語訳)#8:10
  54. ^ 士師記(口語訳)6章から8章
  55. ^ サムエル記上(口語訳)#6:19
  56. ^ 列王紀上(口語訳)#18:20-40
  57. ^ ヱホバは神なりヱホバは神なり(列王紀略上(文語訳)#18:39
  58. ^ イザヤ書(口語訳)#37:36
  59. ^ 列王紀下(口語訳)#19:35
  60. ^ 歴代志下(口語訳)#32:21
  61. ^ マタイによる福音書(口語訳)#27:50-54
  62. ^ ヨハネによる福音書(口語訳)#3:16
  63. ^ 出エジプト記(口語訳)#33:20
  64. ^ 出エジプト記(文語訳)#33章20節
  65. ^ 出エジプト記(口語訳)#3:6
  66. ^ 出エジプト記(文語訳)#3章6節
  67. ^ 列王紀上(口語訳)#19:11,12
  68. ^ 列王紀略上(文語訳)#19:11,12
  69. ^ イザヤ書(口語訳)#41:8
  70. ^ ヤコブの手紙(口語訳)#2:23
  71. ^ 原文まま。正しくは歴史的仮名遣で「ヱホバ」。
  72. ^ 『新改訳聖書』あとがき。
  73. ^ 日本聖公会祈祷文訂正委員報告』p.52 1893年
  74. ^ 「エローヒーム」「エロヒーム」とも読む。
  75. ^ 一時期上帝版聖書が席巻して、版聖書を駆逐して、その後神という聖句を入れた聖書が出来たので、一文字空いているという状態。
  76. ^ 大文字で始まることに注意。
  77. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、120〜131ページ、ISBN 4480853014
  78. ^ ブリッジマン・カルバートソン訳『舊約全書』江蘇滬邑美華書館1863年
  79. ^ ブリッジマン・カルバートソン訳『新約全書』上海美華書局1863年
  80. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、160〜162ページ、ISBN 4480853014
  81. ^ 柳父章『ゴッドと上帝』筑摩書房、1986年、122ページ、ISBN 4480853014
  82. ^ 『ヘブライ文字の第一歩』p.2
  83. ^ 原文まま。正しくは歴史的仮名遣で「ヱホバ」。
  84. ^ 申命記(文語訳)#8:3マタイ傳福音書(文語訳)#4:4を比較
  85. ^ אדני
  86. ^ ハーザー』2011年1月号
  87. ^ אדני
  88. ^ אדני(Lord)-Genesis 15:8
  89. ^ אדני(my master)-Genesis 24:35,אדני(my master's)-Genesis 24:36,אדני(is my master)-Genesis 24:65
  90. ^ 『中公バックス 世界の名著 13 聖書』(ISBN 978-4-12-400623-0)
  91. ^ 日本聖書協会文語訳 小型聖書』(この聖書について、「明治初期、J.C.ヘボンを中心とした委員会が翻訳し、広く日本の思想・文学に影響を与えた旧新約聖書です。スマートかつコンパクトに仕上げました」と書いてある)
  92. ^ 宗教年鑑平成24年版』文化庁編 p.123(PDFのページ数ではp.139)
  93. ^ 司教協議会への手紙――「神の名」について - カトリック中央協議会 フランシス・アリンゼ、アルバート・マルコム・ランジス
  94. ^ ジークムント・フロイト『モーセと一神教』ISBN 978-4480087935 「唯一神教アマルナ起源説」等という。吉村作治も学説としてではないが、著書の中で類似のアイディアを披露している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]