ヤハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤハ (Jah)、またはジャー (Jah) は聖書の神ヤハウェ(ヤハヴェ、エホバ、ジャホービア)の短縮形で、唯一神を表す語。欽定訳聖書では詩篇68:4にひとつ用例があり、エホバの証人新世界訳聖書にも多くの使用例がある。日本聖書協会の文語訳聖書でもヤハを用いる。

英語では「ジャー」と発音し、マーカス・ガーベイに端を発する宗教運動であるラスタファリ運動では好んでこの言葉を用いる。

このため、小説などでラスタファリ文化を想起させる言葉として、この語は多用される。たとえばウィリアム・ギブスンは『ニューロマンサー』で軌道都市ザイオンのラスタファリアンに盛んに「ジャー・ラヴ」(「神の愛を」の意味(ラスタファリ文化においては「Good Luck」に相当する概念で挨拶として用いられる)といわせている。

関連項目[編集]