新聖書辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新聖書辞典』(しんせいしょじてん)は、いのちのことば社より1985年に刊行された聖書辞典である。聖書信仰に立つ福音派神学者牧師ら129名によって執筆された。『新改訳聖書』第2版に基づいているが、『口語訳聖書』の表記を併記している。

刊行委員長[編集]

常任編集委員[編集]

主な執筆者[編集]

いのちのことば社刊の各聖書辞典[編集]

1960年に、本文825ページ、付録41ページ、22cmの『聖書辞典』が、いのちのことば社で刊行された[1]

25年後の1985年に、いのちのことば社創立35周年記念として『新聖書辞典』(ISBN 4264007062) が出版され、主に福音派で使われたが、本文1424ページ、巻末付録109ページ、図版32枚、24cm、価格18000円で[2]手頃ではなかった。

1998年に、797ページ、19cm、価格3700円の簡略版として山口昇の監修による『エッセンシャル聖書辞典』(ISBN 4264017270) が刊行された[3]2006年には新版の『新エッセンシャル聖書辞典』(ISBN 9784264024774) が刊行された。この新版は旧版より約400ページ増えて1213ページ、19cm、本体価格3800円である[4][5][6]

2014年に『新聖書辞典 新装版』(巻末付録を含めて1711ページ、22cm、本体価格6900円、ISBN 9784264032571)が刊行された。この『新装版』は1985年刊行の『新聖書辞典』の判型を小さくし、口絵、写真、カラー地図を除いたものである。聖書の訳語は『新改訳聖書』第2版から第3版の訳語に改め、『新共同訳聖書』の訳語で『新改訳聖書』第3版と異なる訳語は参照語として立項してある[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 聖書辞典(データは1961年出版のもの) - 国立国会図書館サーチ
  2. ^ 新聖書辞典 - 国立国会図書館サーチ
  3. ^ エッセンシャル聖書辞典 - 国立国会図書館サーチ
  4. ^ 新エッセンシャル聖書辞典 - 国立国会図書館サーチ
  5. ^ 新エッセンシャル聖書辞典 - リサーチナビ 国立国会図書館
  6. ^ 新エッセンシャル聖書辞典 - いのちのことば社
  7. ^ 新聖書辞典 New Bible Dictionary - リサーチナビ 国立国会図書館
  8. ^ 新装版 新聖書辞典 - いのちのことば社