有賀喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有賀 喜一(ありが きいち、1933年-)は、日本の牧師伝道者神学校教師。フラー神学大学卒。全日本リバイバルミッション代表。リバイバル聖書神学校校長。超教派の聖会で講師を務め、複数の神学校で教鞭をとる。

生い立ち[編集]

ノン・クリスチャンの家に生まれる。青年時代に鉄道自殺を試みるが、それに失敗した後に、イエス・キリストを救い主と信じて救われる。

ミニストリー[編集]

伝道者として召され、超教派で活躍する。

著書[編集]

  • 『永遠のいのち』新生運動 1992
  • 『イエスから目を離さないでいなさい』いのちのことば社 1990
  • 『新世紀を迎えるために』プレイズ出版 1998
  • 『道』いのちのことば社1988
  • 『しあわせへのパスポート』いのちのことば社 1992
  • 『人生の変革』いのちのことば社1984

共著

  • 『クリスチャンライフ入門』共著いのちのことば社 1981
  • 『キリストのからだを理解する:地域教会と宣教団体』共著プレイズ出版 1999
  • 『ヘブル人への手紙・ヤコブの手紙』共著 いのちのことば社 1983

訳書

  • 『伝道と仏教徒』有賀喜一訳 関西ミッション・リサーチ・センター 日本福音同盟 1983
  • 『日本の教会成長』山森鉄直著 有賀喜一訳 いのちのことば社 1985
  • 『伝道と教会の自己診断:生きた教会への神の処方箋』バージル・ガーバー著 有賀喜一訳 いのちのことば社 1976
  • 『聖霊による生涯』スタンリー・バンクス著 いのちのことば社 1975

外部リンク[編集]