内田和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 和彦(うちだ かずひこ、1947年2月18日 - )は、日本福音派牧師新約聖書学者、神学校教師、哲学博士 (Ph.D.)、新改訳聖書刊行会編集委員。2008年4月より前橋キリスト教会牧師。

人物・来歴[編集]

埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。埼玉県立浦和高校浦和福音自由教会で洗礼を受ける。東京大学文学部、聖書神学舎(現聖書宣教会)を卒業。埼玉県大宮市(現さいたま市)の片柳福音自由教会で牧師をした後、1975年から1980年までアメリカトリニティ神学校イギリスに留学する。福音書の研究で、スコットランドアバディーン大学よりPh.D.を取得した。

帰国後、埼玉県草加市で牧師を10年間務めた後、聖書宣教会の教師会議長(校長)を2005年3月まで務める。2008年より、前橋キリスト教会の牧師を務める。

著書[編集]

  • 神の言葉である聖書(近代文芸社)
  • キリストの神性と三位一体(いのちのことば社)
  • 聖書が教える「霊の戦い」(1994年)
  • 「キリスト教は初めて」という人のための本
  • 「聖書は初めて」という人のための本
  • 「教会は初めて」という人のための本
  • 「祈りは初めて」という人のための本
  • キリスト教は信じられるか
  • 山上の説教にみる幸いなクリスチャン生活
  • イエスの生涯 〈エゴー・エイミ〉

訳書[編集]

先代:
舟喜拓生
前橋キリスト教会主任牧師
第3代:2008年 -
次代: