宇田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うだ すすむ
宇田 進
生誕 (1933-02-18) 1933年2月18日(84歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本基督神学校カベナント神学校ウェストミンスター神学校
職業 牧師神学者神学校教授

宇田 進(うだ すすむ、1933年2月18日 - )は、日本神学者牧師神学校教師神学博士。元日本基督神学校教授。元ウェストミンスター神学校客員教授。東京都生まれ。福音派のカルヴァン主義神学者日本基督教団出版局の『総説現代神学』で福音派神学執筆を担当するなど、福音派とは区別されるエキュメニカル派の神学界とも交流がある。

経歴[編集]

日本基督教団の教会で桑田秀延の『基督教神学概論』を読んでキリスト教と神学に接する[1]。1954年に東京にあった日本基督神学校(現・東京基督神学校)に入学し、オーソドックスなカルヴァン主義の神学教育を受け、同時に日本長老教会に移籍する。1956年に日本基督神学校を卒業した後、母校で教鞭を取ながら久我山教会開拓伝道に従事する。1958年研修のためにアメリカ合衆国のセントルイスにあるアメリカ長老教会系の学校であるカベナント大学カベナント神学校に、日本基督神学校より派遣される。神学校では古プリンストン神学オリバー・バズウェル教授の元で研究をする。

1960年にフィラデルフィアにあるウェストミンスター神学校で大学院博士課程に在籍して、弁証学と組織神学を専攻する。そこで、コーネリウス・ヴァン・ティルジョン・マーレーの指導を受ける。同校の客員教授のレオン・モリスの子講義も受講した。また、ニューヨークユニオン神学校でも聴講して、英国のジョン・マッコーリー教授とイェール大学のジョン・スミス教授の講義を受講した。1965年6月、ウェストミンスター神学校博士課程卒業し、神学博士を授与されて帰国する。

1965年11月16日、日本基督神学校に新設された、理事会の理事に就任する。また、1968年4月 日本基督神学校の教授会議長に就任する。1967年3月31日には代行理事会を解散して、宇田は教授会議長を退任する。

日本の福音主義神学の発展に尽力して、1970年、宇田と泉田昭榊原康夫村瀬俊夫ら6人で福音主義神学会の創立に関わり、同会の理事長を務める[2]。1974年、ローザンヌ会議のスピーカーを務める。

1979年から、1980年まで母校ウェストミンスター神学校客員教授を務め、キリスト教高等教育推進国際協議会の実行院長を務める。

また、東京基督教大学教授、東京基督神学校講師を務め神学教育に従事し、また牧師としても日本長老教会・西武柳沢キリスト教会牧師を開拓して、同教会の牧師を務め、聖書精神医療研究会理事長などをも務めた。

人物像[編集]

著書[編集]

訳書
  • ジョン・ストット『現代の福音的信仰 - ローザンヌ誓約』宇田進 訳(1989) いのちのことば社 ISBN 4264010993
  • ジョン・マーレー『聖書の贖罪観』宇田進 編訳(1993年9月) オランダ・キリスト教文庫
  • ポール・G.セトル 『ウェストミンスター小教理 Q&A107 : キリスト教信仰の道筋』 宇田進 編訳、いのちのことば社〈21世紀ブックレット;31〉、2006年11月ISBN 9784264025139。「原書タイトル: Studies in shorter catechism」

脚注[編集]

  1. ^ 宇田進 『総説 現代福音主義神学』 いのちのことば社、2002年10月、508頁。ISBN 4264020492
  2. ^ 中村敏 「第13章 1970年代の福音派-飛躍する福音派」『日本における福音派の歴史』 いのちのことば社、2000年5月、217-218頁。ISBN 4264018269
先代:
小畑進
東京基督神学校
議長1968年-1969年
次代:
A・P・ソルド