マヌエル・ポジャーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マヌエル・ポジャーリ
Manuel Poggiali Assen 2008.jpg
2008年 ダッチTT
グランプリでの経歴
国籍 サンマリノの旗 サンマリノ
活動期間 1998年 - 2006年, 2008年
チーム ジレラ, KTM (オートバイ), アプリリア, デルビ
レース数 131
チャンピオン 2
125cc: 2001年
250cc: 2003年
優勝回数 12
表彰台回数 35
通算獲得ポイント 1111
ポールポジション回数 11
ファステストラップ回数 7
初グランプリ 1998年 125cc イモラGP
初勝利 2001年 125cc フランスGP
最終勝利 2004年 250cc ブラジルGP
最終グランプリ 2008年 250cc チェコGP
テンプレートを表示

マヌエル・ポジャーリ ( Manuel Poggiali, 1983年2月14日 - ) は、サンマリノ出身の元モーターサイクルロードレーサーロードレース世界選手権2001年125ccクラス、2003年250ccクラスの2度のチャンピオンを獲得した。通算12勝・11ポールポジション、35回の表彰台[1]

モチベーションの低下などメンタル面で苦しむことが多く、若くしてレーサーを引退することになった[2]

経歴[編集]

ポジャーリは1994年にミニバイクレースを始め、1998年ムジェロで125ccクラスにワイルドカード枠で出場、GPデビューを果たす。翌1999年からはフル参戦を開始し、2000年アッセンでは初表彰台を獲得する。2001年にはジレラを駆って宇井陽一トニ・エリアスらと争った結果、見事ワールドチャンピオンに輝く。2002年も125ccクラスに残留し、最初の8戦中7戦で表彰台に立つ活躍を見せるが、アルノー・ヴァンサンに敗れタイトル防衛は叶わなかった。

2003年、ポジャーリは250ccクラスにステップアップすると、開幕戦鈴鹿、次戦ウェルコムといきなり2連勝。そのまま逃げ切って、フレディ・スペンサージョン・コシンスキー原田哲也に続く、250ccクラスデビューイヤーチャンピオンの偉業を成し遂げた。

2004年も同クラスでタイトル防衛を目指すが、わずか3回の表彰台、シリーズ9位に沈んでしまう。2005年は125ccクラスに戻るが、表彰台わずか1回の獲得、シリーズ10位と大不振に苦しむ[3]

2006年は再び250ccクラスに戻り、レッドブルKTMチームで青山博一のチームメイトを務めたが、青山がシーズン2勝・シリーズ4位と活躍する一方、ポジャーリはシリーズ14位に沈み、KTMとの契約はこの年限りとなった。2007年は125cc、250cc、スーパーバイクのチームからオファーがあったものの全てを断り、2008年により良いオファーが来ることを望んで1年間の休養を選択した。

2008年は250ccクラスのカンペテーラ・レーシングでファブリツィオ・ライのチームメイトとしてレース復帰を果たした[4]。しかしかつての輝きが戻ることはなく、モチベーションを失ったポジャーリはシーズン半ばでレーサー引退を発表した[5]。まだ25歳の若さだった。

ポジャーリはサッカー選手としても活動しており、2008-2009シーズンはサンマリノのクラブチームであるSSペンナロッサに所属している[6]

ロードレース世界選手権 戦績[7][編集]

1993年以降のポイントシステム:

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

凡例)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位 勝利数
1999年 125cc アプリリア MAL
12
JPN
18
ESP
9
FRA
Ret
ITA
13
CAT
Ret
NED
13
GBR
Ret
GER
11
CZE
IMO
8
VAL
Ret
AUS
9
RSA
Ret
BRA
7
ARG
Ret
46 17位 0
2000年 125cc アプリリア RSA
MAL
JPN
ESP
9
FRA
8
ITA
Ret
CAT
Ret
NED
3
GBR
Ret
GER
Ret
CZE
12
POR
Ret
VAL
14
BRA
Ret
PAC
11
AUS
5
53 16位 0
2001年 125cc ジレラ JPN
5
RSA
2
ESP
Ret
FRA
1
ITA
3
CAT
3
NED
Ret
GBR
3
GER
3
CZE
Ret
POR
1
VAL
1
PAC
2
AUS
2
MAL
2
BRA
5
241 1位 3
2002年 125cc ジレラ JPN
3
RSA
1
ESP
DSQ
FRA
2
ITA
1
CAT
1
NED
2
GBR
3
GER
4
CZE
5
POR
Ret
BRA
3
PAC
2
MAL
4
AUS
1
VAL
7
254 2位 4
2003年 250cc アプリリア JPN
1
RSA
1
ESP
4
FRA
Ret
ITA
1
CAT
Ret
NED
4
GBR
2
GER
8
CZE
3
POR
2
BRA
1
PAC
3
MAL
2
AUS
9
VAL
3
249 1位 4
2004年 250cc アプリリア RSA
4
ESP
Ret
FRA
Ret
ITA
3
CAT
Ret
NED
7
BRA
1
GER
Ret
GBR
Ret
CZE
9
POR
7
JPN
17
QAT
MAL
AUS
3
VAL
Ret
95 9位 1
2005年 125cc ジレラ ESP
6
POR
5
CHN
12
FRA
10
ITA
6
CAT
6
NED
8
GBR
25
GER
11
CZE
8
JPN
6
MAL
8
QAT
7
AUS
13
TUR
11
VAL
Ret
107 10位 0
2006年 250cc KTM ESP
11
QAT
14
TUR
15
CHN
11
FRA
17
ITA
12
CAT
11
NED
10
GBR
Ret
GER
13
CZE
Ret
MAL
11
AUS
13
JPN
12
POR
12
VAL
8
50 14位 0
2008年 250cc ジレラ QAT
14
ESP
Ret
POR
17
CHN
Ret
FRA
6
ITA
Ret
CAT
14
GBR
14
NED
Ret
GER
Ret
CZE
DNS
RSM
-
IND
-
JPN
-
AUS
-
MAL
-
VAL
-
16 19位 0

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
マルコ・メランドリ
250ccクラス世界チャンピオン
2003
次代:
ダニ・ペドロサ
先代:
ロベルト・ロカテリ
125ccクラス世界チャンピオン
2001
次代:
アルノー・ヴァンサン
先代:
マルコ・メランドリ
125ccイタリア選手権チャンピオン
1998
次代:
ファブリツィオ・デ・マルコ