ベイ型補助揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベイ級ドック型補助揚陸艦
RFA Cardigan Bay 45154692crop.jpg
艦級概観
艦種 ドック型揚陸艦(LSD(A))
建造期間 2000年 - 2005年
就役期間 2006年 - 就役中
前級 ラウンドテーブル型支援揚陸艦
次級 最新
性能諸元
排水量 満載:16,100t
全長 176m
全幅 26.4m
吃水 5.8m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
バルチラ8L26ディーゼル発電機
(6,000 hp / 4.5 MW)
2基
バルチラ12V26ディーゼル発電機
(9,000 hp / 6.7 MW)
2基
バウスラスター 1基
アジマススラスタ 2基
速力 18ノット
航続距離 8,000海里(巡航速度15ノット)
乗員 59人
兵装 Mk.44 7.62mm多銃身機銃 2門
L7 7.62mm機銃 6挺

ベイ型補助揚陸艦(ベイがたほじょようりくかん、英語: Bay class Landing Ship Dock (Auxiliary))は、イギリス海軍補助艦隊(RFA)のドック型揚陸艦。全ての艦が「- Bay」という名称であることから、ベイ型と通称されている。

来歴[編集]

RFAは、1997年より、ラウンドテーブル型支援揚陸艦(LSL)の更新を目的とした代替支援揚陸艦(Alternative Landing Ship Logistics, ALSL)計画を開始した。2002年秋には、ベイ級として計画が認可され、艦種は補助ドック型揚陸艦(Landing Ship Dock (Auxiliary), LSD(A)とされた。

設計[編集]

本型ではL3000と呼ばれる設計案が採用されており、これはオランダ海軍ロッテルダム級揚陸艦がベースとされている。ロイド船級協会の船級規則に則って、商船に準じた建造手法が採用されており、海事沿岸警備庁の分類ではクラス1の旅客船とされている[1]

なお、兵装はさしあたってL7汎用機関銃重機関銃Mk.44ミニガン)などの軽兵器に限定されているが、ファランクスなど、より大口径で強力な火器の装備スペースも準備されている[2]

能力[編集]

本級は、海軍ヘリコプター揚陸艦オーシャン」やアルビオン級を補完する第二波以降の揚陸戦力とされており、揚陸部隊が沿岸を確保した後に接近して揚陸を行い、港湾の確保後はRO-RO船にその任務を譲ると想定されている。

輸送機能[編集]

車両甲板は、駐車レーンとして使った場合は総延長1,200mに及び、チャレンジャー2主力戦車24両または小型トラック150両を搭載できる。また貨物としては20フィートコンテナ換算で24個分を搭載できる[1]。標準的には兵員356名の乗艦が想定されているが、最大で700名まで増員できる[2]

舟艇運用機能[編集]

船体後部にはウェルドックが設けられている。上陸用舟艇として汎用揚陸艇(LCU Mk.10)1隻または小型揚陸艇(LCVP Mk.5)が収容されているほか、組立型動力ラフトMexefloat)2基が舷側に搭載されている[2]

航空運用機能[編集]

原型艦と異なりハンガーを持たないが、後部上甲板がヘリコプター甲板とされている点は同一であり、チヌーク大型輸送ヘリコプターまでの運用が可能である。またマーリンないしそれ以下の機体規模のヘリコプターを一時的に収容するためのシェルターを設置することもできる[1]

配備[編集]

 イギリス海軍補助艦隊  オーストラリア海軍
# 艦名 起工 進水 就役 退役 # 艦名 取得 就役 退役
L3006 ラーグスベイ
RFA Largs Bay
2001年
10月1日
2003年
7月26日
2006年
12月17日
2011年
4月
L100 チョールズ
HMAS Choules
2011年
4月6日
2011年
12月13日
就役中
L3007 ライムベイ
RFA Lyme Bay
2000年
11月22日
2005年
9月3日
2007年
8月8日
イギリス海軍補助艦隊にて就役中
L3008 マウンツベイ
RFA Mounts Bay
2002年
8月25日
2004年
4月9日
2006年
9月15日
L3009 カーディガンベイ
RFA Cardigan Bay
2003年
10月13日
2005年
4月9日
2007年
3月6日

「ラーグスベイ」及び「ライムベイ」は、スワンハンター造船所が、「マウンツベイ」及び「カーディガンベイ」はBAEシステムズが建造した。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Scott, Richard (2011-08-03). “Sweating the asset: versatility is the key to LSD(A) multi-tasking”. International Defence Review (Jane's Information Group). 
  2. ^ a b c Saunders, Stephen (ed.) (2008). Jane's Fighting Ships 2008–2009. Jane's Fighting Ships (111th ed.). Surrey: Jane's Information Group. ISBN 978-0-7106-2845-9. OCLC 225431774. 

外部リンク[編集]