オーディシャス級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーディシャス級航空母艦
Crown copyright. MOD 45140149.jpg
基本情報
種別 航空母艦
就役期間 1951年 - 1978年
計画数 4
建造数 2
前級 インプラカブル級航空母艦
次級 インヴィンシブル級航空母艦
船体諸元
排水量 R05: 基準43,060 t / 満載53,390 t
R09: 基準43.340 t / 満載53,060 t
全長 245.0 m (後に247.4 m)
全幅 R05: 52.1 m / R09: 50.1m
吃水 11.0 m
動力系
機関方式 ・アドミラルティ式3胴ボイラー×8缶
蒸気タービン×4基
スクリュープロペラ×4軸
出力 152,000 shp
速力 31ノット
燃料 5,500 t
主要装備
火器 ・45口径4.5インチ連装砲×8基
 ※後に4基に削減
・60口径40mm機銃×61門
 ※6連装8基+連装2基+単装9基; 後日撤去
GWS.22短SAM 4連装発射機×6基
 ※後日装備
レーダー 984型 3次元式
 ※後日装備
・960型 対空捜索用
 ※965型に後日換装
・982型 航空管制用
 ※後日撤去
・983型 航空管制用
 ※後日撤去
・963型 着艦誘導用
・974型 航海用
人員・搭載量
乗組員 2,750名 (航空要員含む)
テンプレートを表示

オーディシャス級航空母艦英語: Audacious-class aircraft carrier)は、イギリス海軍が運用していた航空母艦の艦級。

当初はインプラカブル級航空母艦の拡張型として設計されたが、格納庫の高さが新型航空機の運用には不十分であるとされ、設計は相当に拡大された。4隻が海軍強化策の一部として第二次世界大戦中の1942年から43年にかけて起工されたが、いずれも途中で建造中止となり、2隻のみが戦後に建造再開されて1950年代に就役した[1]

概要[編集]

設計[編集]

船体[編集]

兵装[編集]

防御[編集]

機関[編集]

航空艤装[編集]

その他[編集]

同型艦[編集]

# 艦名 起工 進水 就役 退役 備考
イーグル
(HMS Eagle, 94)
- - - - 1942年8月にスワン・ハンター英語版に発注。
1942年12月にヴィッカース・アームストロングに発注先変更、その後キャンセル
アフリカ
(HMS Africa, D.06)
- - - - 1943年7月、フェアフィールド造船英語版に発注。
1944年にジブラルタル級航空母艦の発注に切り替え、1945年10月15日にキャンセル
R05 オーディシャス
(HMS Audacious, D.29)
1942年
10月24日
1946年
3月19日
1951年
10月5日
1972年
1月25日
ハーランド・アンド・ウルフで建造、1946年1月、イーグルに改名
1978年解体
R09 アーク・ロイヤル
(HMS Ark Royal, 91)
1943年
5月3日
1950年
5月3日
1955年
2月25日
1978年
12月
キャメル・レアード英語版で建造
1980年解体

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 497-498. ISBN 978-1557501325. 

参考文献[編集]

  • BRITISH AND EMPIRE WARSHIPS OF THE SECOND WORLD WAR(Naval Institute Press)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、オーディシャス級航空母艦に関するカテゴリがあります。