アスチュート級原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アスチュート級原子力潜水艦
Astute2cropped.jpg
艦級概観
艦種 攻撃型原子力潜水艦
艦名
前級 トラファルガー級原子力潜水艦
次級
性能諸元
排水量 水中:7,800t
全長 97m
全幅 10.7m
吃水
機関 ロールス・ロイスPWR2×1基/蒸気タービン×2基
潜行深度 300m以上
最大速力 水中 29kt
航続距離
乗員 110名
探索装置 タイプ2076 統合ソナー
タイプ1007 レーダー
兵装 533mm魚雷発射管×6
トマホーク対地巡航ミサイル
ハープーン対艦ミサイル
スピアフィッシュ
機雷(ミサイルと魚雷の合計数は38基)

アスチュート級原子力潜水艦(アスチュートきゅうげんしりょくせんすいかん、Astute class submarine)は、イギリス海軍の最新型の攻撃型原子力潜水艦である。

概要[編集]

本艦級は、当初スウィフトシュア級原子力潜水艦を代替するために建造されたものであったが、計画が遅れたためスウィフトシュア級は先に退役し、トラファルガー級原子力潜水艦を代替する予定である。

1番艦は2010年に就役した。

特徴[編集]

本艦級は潜水艦戦闘システム(SMCS,submarine combat system)を発展させたアステュート戦闘管理システム(ACMS,astute combat management system)を搭載してセンサーからの情報を複合的に活用できる。また、各種ミサイル魚雷を有し、対潜任務、対艦任務、対地任務のいずれにも対応できる能力を有するとされる。ヴァンガード級原子力潜水艦の支援任務にも利用される予定。

同艦の制御系統には商用オフザシェルフが多用され、市販品と同じ光ファイバーやCPUが使われている。

同型艦[編集]

番号 艦名 起工 進水 就役 現状
S119 アスチュート
(HMS Astute)
2001年1月31日 2007年6月8日

[1]

2010年8月27日
S120 アンブッシュ
(HMS Ambush)
2003年8月22日 2011年1月6日 2013年3月1日
S121 アートフル
(HMS Artful)
2005年3月11日 2014年5月17日[2] 2016年3月18日[3]
S122 オーディシャス
(HMS Audacious)
2009年3月24日 2018年予定[4] 建造中
S123 アンソン
(HMS Anson)
2011年10月13日 2020年予定[4] 建造中
S124 アガメムノン
(HMS Agamemnon)
2013年7月18日 2022年予定[4] 建造中
S125 エイジャックス
(HMS Ajax)
2024年予定[4] 発注済

登場作品[編集]

ザ・ラストシップ
シーズン2第5話より、架空のアスチュート級原子力潜水艦「アキレス」が登場。主人公たちが乗る架空のアーレイ・バーク級駆逐艦ネイサン・ジェームズ」と戦闘を繰り広げる。

脚注[編集]

  1. ^ New UK nuclear submarine launched”. BBC (2007年6月8日). 2007年6月8日閲覧。
  2. ^ Britain's Astute class submarines finally takes to the water”. Daily Mail (2014年5月18日). 2014年5月26日閲覧。
  3. ^ HMS Artful becomes a commissioned warship”. Royal Navy (2016年3月18日). 2016年5月8日閲覧。
  4. ^ a b c d Commons Hansard Written Answers”. UK Parliament (2011年9月5日). 2011年11月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]