イギリス海軍補助艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリス海軍補助艦隊所属艦艇旗。
ブルー・エンサインに黄色のが描かれている。

イギリス海軍補助艦隊(-かいぐんほじょかんたい、英語:Royal Fleet Auxiliary、RFA)は、イギリス海軍に所属する給油艦・補給艦等の補助艦艇を運用する小艦隊。

概要[編集]

イギリス海軍
Royal Navy
Naval Ensign of the United Kingdom.svg
国防省
主要部隊
艦隊航空隊
補助艦隊
海軍予備員
艦隊・管区一覧
他作戦部隊
海兵隊
主要機関
海軍兵学校
歴史・伝統
イギリス海軍の軍服
海軍本部
その他
歴代艦艇一覧
空母一覧
護衛空母一覧
階級一覧

イギリス海軍補助艦隊は、世界各地の海軍基地へ石炭等の物資を輸送するためにチャーターした民間船が起源で、創設以来その位置づけに変化はない。そのため現在でも国際法上の位置づけはともかくとして、イギリス海軍内の形式としては「国防省が保有し、海軍本部が責任を有し、民間人によって運用される船団」ということになっている。またこのことから、補助艦隊は海軍の一部門ではあるがイギリス海軍(Royal Navy)とは別組織である。

艦旗も正規海軍の軍艦旗である「ホワイト・エンサイン」ではなく「ブルー・エンサイン」の一種を使用し、階級名も海軍式ではなく商船式である。艦船接頭辞も海軍の艦艇には「HMS」が冠されるが、補助艦隊の艦艇には「RFA」が冠される。

運用[編集]

最高指揮官である「コモドアー」は艦隊総司令官(CINCFLEET)に直接報告する。実際の作戦運用では各艦が各艦隊の司令官の指揮下で運用される。艦によっては艦自体が海軍の人員との共同運用である事もある。

前述のように補助艦隊は形式としては海軍とは別組織で、補助艦隊の要員は名目上「民間人」ではあるが、実際上は他国での海軍の補助艦艇部門との差異はなく、補助艦隊の要員も国際的には軍人扱いである。

階級[編集]

  • 士官
    • コモドアー(最高指揮官。准将相当)
    • キャプテン(大佐相当)
    • チーフ・オフィサー(中佐相当)
    • ファースト・オフィサー(少佐相当)
    • セカンド・オフィサー(大尉相当)
    • サード・オフィサー(中尉相当)
  • 士官以外の階級
    • チーフ・ペティ・オフィサー(Chief Petty Officer相当)
    • ペティ・オフィサー(Petty Officer相当)
    • リーディング・ハンド(Leading Rate相当)
    • シーマン・グレード1(Able Rate相当)
    • シーマン・グレード2(Ordinary Rate相当)

艦艇[編集]

イギリス海軍補助艦隊は以下の13隻の艦で構成される。

脚注[編集]

  1. ^ 病院船としての能力を持つが、その任務につく場合も病院船を名乗ることも赤十字旗を掲げることもなく、武装も解除しない。貨物船や海上航空プラットフォームとしても運用される。
  2. ^ 補給艦としても運用される。

関連項目[編集]