フォード・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フォード・ジャパン・リミテッド”(Ford Japan Limited,略称:FJL)はアメリカ自動車メーカー、フォード・モーターの100%子会社で、日本においてフォード・モーターの自動車を輸入販売していた会社。だが、日本の会社ではなく米国法に基づいて設立された会社である。登記上の本店は米国ミシガン州ディアボーン。日本における本社は東京都港区にあった。

会社の変遷[編集]

  • 1974年にフォード商品の輸入会社として“フォード自動車(日本)株式会社”(略称:FOJ)を設立
  • 1981年マツダとフォード及び取引企業の共同出資によりフォード車の販売会社として“株式会社オートラマ”を設立
  • 1997年に“オートラマ”が“フォードセールスジャパン株式会社”(略称:FSJ)へ社名変更。
  • 1999年3月、マツダ及び取引企業が保有するFSJ株を全てFOJが買い取り“フォード・ジャパン・リミテッド”(略称:FJL)を設立し、自動車部品事業を除くFOJとFSJの全ての事業及び資産をFJLに譲渡。
  • 同時に、直営販売会社として“フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッド”(略称:FJDL)を設立。関東エリアの、旧オートラマ直営店舗および他企業経営の一部店舗を引き継ぎ、直営店としての運営を開始する。2000年11月には大阪府のフォード店「フォード関西」の全店舗の運営も引き継ぐ。(親会社イズミヤの事業整理による経営撤退に伴うもの)
  • 2016年1月25日、『「収益改善への合理的な道筋」が見えない』ことを理由に年内に日本市場から撤退する、と報じられた[1][2]。全従業員宛てに送ったメールでは「日本市場の閉鎖性」を挙げている。とはいえ、例えばドイツ車はむしろ売り上げを伸ばしており、自動車評論家の小沢コージは大衆車を高級車価格で売ろうとしたフォードの怠慢が原因だと断じている。実際、車の右ハンドル化やナビなどのローカライズは全く行われないか、中途半端なものが多かった。またアメリカの自動車ジャーナリストのバーテル・シュミットは日本市場は閉鎖的ではなくむしろオープンであると述べている。
  • 2016年1月26日、フォード・ジャパンの公式HPにて、2016年下半期をもって日本国内での事業を全て終了する旨が正式に発表された。事業終了にあたっては、FJLおよびFJDLは完全閉鎖となり、全国の販売会社はディーラー契約解除となり日本国内の正規ディーラー網は消滅する。これにより、115年余り続いてきた日本フォードの歴史に終止符が打たれる。
  • 2016年9月30日、フォード・ジャパンの公式HPにて、お知らせを除く全コンテンツが閉鎖される。
  • 2017年1月、フォード・ジャパンの公式HPのトップページが、アフターサービス委託先「ピーシーアイ」のフォード事業のHPに飛ぶようになる。また、フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッドの公式HPが消滅した。

ディーラー[編集]

当初“オートラマ店”の名称でフォード車及びフォードブランドのマツダOEM車の販売を行っていた。1994年に“フォード店”に名称を変更し、輸入フォード車のラインナップ充実を図っていた。また2000年より段階的にマツダOEM車の販売を中止し、2003年には商品ラインナップの全てを輸入フォード車へ切り替えていた。

1999年に直営販売会社が設立されて以降は、ブランドイメージ向上施策によるマツダOEM車の販売中止、直営店重視施策や輸入フォード車の販売不振も重なり、各地でフォード店の閉鎖・撤退や経営譲渡が続出した。例として、かつては23店舗と日本最多のフォード店が存在した千葉県では2015年5月現在、1店舗にまで数を減らしていた。また、2015年5月現在、岩手県秋田県山形県群馬県石川県福井県奈良県和歌山県鳥取県島根県高知県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県沖縄県にはディーラーは所在しなかった[3]。そのため全盛期の1990年代中頃と比較して販売台数、販売力ともに大幅に落ちている状況にあった。

日本撤退の発表後、部品供給・延長保証等のアフターサービスについては他社への引継ぎを協議中とされていたが、2016年10月1日よりVTホールディングスグループの「ピーシーアイ」が全国の部品供給・リコール対応およびアフターサービスの保証業務を開始することが、2016年6月14日付けで両社正式に発表された[4]。同年9月28日、ピーシーアイによるフォード事業のHPが開設された。

一方、全国の店舗の営業は当面存続するとされていたが、フォード・ジャパン認定中古車の販売が6月末で終了し[5]、2016年9月末までに完全閉鎖・グループ内別店舗での対応および他企業へ引き継ぎとするなどの閉店処理が進められ、営業継続の企業はピーシーアイと契約してアフターサービス業務を行うこととなった。これによりオートラマ以来続いたフォードの日本正規ディーラー網は消滅し、ピーシーアイによる「フォード認定サービスディーラー」網に生まれ変わることとなった。

正規ディーラー・アフターサービス網および運営企業[編集]

2017年9月現在。撤退後は各店舗や法人の個別判断で、フォードの看板や名前が消えたり残ったりしている。★印は撤退当時正規ディーラー網に未加入で、指定サービス工場の看板を出している企業。岩手県・山形県・石川県・福井県・奈良県・和歌山県・島根県・高知県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県にはフォード認定サービスディーラーは存在しない。
  • フォード・ジャパン・ディーラー・リミテッド(東京・埼玉・千葉・大阪・兵庫)
2016年9月26日同社公式HPにて、9月30日付けで全店完全閉鎖の旨を発表。一部店舗を除き、店舗ごと他企業へ譲渡し、10月1日以降は引き継ぎ企業が自身のビジネスと並行してアフターサービス業務を請け負う。譲受店舗は、引継ぎ企業の取り扱いブランド店舗に改装の予定。
成城店:→サンオータス。2016年12月より「プジョー成城」として営業開始。
練馬店:→シースクエア(フォーシーズンズ)
江戸川店:→ファイブスター東都(ダイワグループ・東大和市)。2017年4月より「Jeep江戸川」として営業開始(Jeep城東から移転オープン)。アフターサービスは中古車販売店 城東(旧・Jeep城東)が引き継ぐ。
多摩ニュータウン店:→村内外車センター。2016年10月より中古車店舗「村内ブランドセレクション」として営業開始。
大宮本郷店:閉鎖
浦和店:→MID(北海道ブブ:光岡自動車
浜野店:閉鎖。アフターサービスは地元の整備工場会社「高畠」が引き継ぐ。
堺店・平野店:閉鎖。アフターサービスは「フォーシーズンズ」が引き継ぐ。
西宮店:閉鎖。アフターサービスは、かつて「フォード神戸」を運営していた「神戸マツダ」(神戸本店・大久保店・西宮店)が引き継ぐ。建物は2017年7月より、別企業による「ポルシェセンター西宮・甲子園認定中古車センター」に改装。
  • フォーシーズンズ(フォード大阪東・枚方市)…ジーライオングループ(旧クインオート)
  • サンオータス(横浜市港南区)…2017年3月よりJeepの正規ディーラー「Jeep横浜港南」として営業開始。
  • 北海自動車工業(北海道)
  • ワイエスオート(青森)…吉田産業が運営。
  • トヨタカローラ秋田…旧フォード秋田中央。2002年の「フォード秋田」終了後を引き継いでいた。
  • カメイオート(宮城)
  • モーターランドホウセイ(郡山)
  • ビジョナリテイリング(栃木)…所沢市の輸入車ディーラー「ビジョナリー」が運営。
2016年12月1日付けで、フォード栃木の店舗名とともに自社中古車販売店舗「カレボリンク」の名も併用。
  • ★サンワ(群馬)…地元の石油製品販売会社。2011年、正規ディーラー「エフエスオート」(フレッセイ)が完全閉鎖するにあたり、指定サービス工場業務を引き継いでいる。
  • 宇田川コーポレーション(茨城)…旧オートラマ茨城。1998年に閉店後も指定サービス工場業務を継続している。
  • ナオイオート(茨城)…旧運営元のカスミより譲受。2017年4月よりプジョーの正規ディーラー「プジョー守谷」として営業開始。
  • オートパーク(新潟)…旧運営元の原信(アクシアル リテイリング)より譲受
  • 前田製作所(フォード西埼玉・鶴ヶ島)
2016年9月30日にて完全閉鎖。店舗はそのまま前田製作所の営業所として使用。運営企業の「フォードマエダ」は「株式会社マエダオールサポート」に社名変更し自動車販売事業から撤退。アフターサービスはVTホールディングス運営の「日産サティオ埼玉・川越店」に引き継ぐ。
  • トップス・ジャパン(フォード神奈川)…トノックスの子会社。
2016年9月19日にて終了。アフターサービスはトノックス上星川工場内のサービスセンターで対応。
  • フォードライフ兵庫(フォード姫路)…旧ジャスコカーライフ(イオングループ)。ジャスコ時代からスバル車の販売も行っており、フォードの看板と同時に「スバルショップ」(兵庫スバル自動車販売協力店)の看板も出して営業していた。2016年10月8日より、フォードライフ兵庫の法人名はそのままで正式にスバルショップ専売店舗として営業開始。2017年3月、法人名を「株式会社APSカーライフ兵庫」に変更。
  • VTホールディングス(フォードライフ中部、岐阜・三重)…旧運営元のジャスコカーライフより譲受。2016年11月1日、フォードライフ中部の法人名を「エフエルシー株式会社」(Ford Life Chubuの略)に変更。
  • 高沢産業…旧ジャスコカーライフのフォードライフ信州(長野)を譲受け運営。2010年、自動車部品卸のムラキが運営していた「フォード山梨」も譲受け運営。
2016年10月8日に「フォード信州長野店」を「スズキアリーナエムウェーブ前」に、同年11月2日に「フォード信州松本高宮店」を「ルノー信州松本高宮店」に、同年12月3日に「フォード山梨」を「Jeep甲府」にそれぞれ店舗名を変更。
  • エンケイ(フォード浜松、浜松市)…2016年12月1日付けで店舗名を「エンケイオートガレージ」に変更。2017年4月、「株式会社フォード浜松」はグループ内の福利厚生事業会社「エンケイリレーション株式会社」に吸収合併[6]
  • エー・エル・シー(静岡市・沼津市)…旧運営元の埼玉日産自動車より譲受
  • 富山石油(富山。その後石川[7]・福井[8]もカバー)
2016年11月1日、運営法人「株式会社フォード富山」の社名を「株式会社マツダアンフィニトミセキ」(以前から経営していた旧ユーノス店の名称)に変更
2016年6月30日にて終了。アフターサービスはグループ店の「ボルボカーズ昭和」が引き継ぐ。
  • フォード名古屋(春日井市)…旧マツダアクセサリーサービス。旧オートラマ販売網第1号店。2017年1月11日、運営法人「株式会社フォード名古屋」の社名を「株式会社クオリア」に変更。同年2月よりGM正規ディーラー「シボレー 春日井/キャデラック春日井」として営業開始。
  • 丸栄カーライフ(フォード岐阜中央)…2016年12月1日付けで店舗名を「マルエイカーズ岐阜」に変更。
  • アイエーシーインターナショナル(フォード新滋賀)…「フォード滋賀」(滋賀交通)が終了した後、2010年より正規ディーラー権を取得し営業開始。2017年3月、彦根店および栗東本店をシトロエンDS Automobileブランドの専売店舗に改装。「DS SALON 彦根」(旧彦根店)「DS STORE滋賀」(旧栗東本店)として営業開始。
  • 日光社(京都)
  • 山陽村上モーター(岡山)…2005年に「フォード岡山」(岡山マツダ)が終了した後、2006年より正規ディーラー権を取得し営業開始。
  • ★鳥取マツダ(鳥取)…地場独立資本系のマツダディーラー。旧オートラマ鳥取
  • 広島マツダ(フォード広島・広島市)
2016年5月31日にて西条店を閉店。同年9月30日にて広島店閉店。アフターサービスは親会社の広島マツダ大洲本店および西条店が引き継ぐ。「株式会社フォード広島」自体は2016年10月31日に解散し、2017年2月3日広島地方裁判所から特別清算開始決定[9]。建物は2017年8月に、同じ広島マツダ運営の「ボルボ・カー広島大洲」(旧ボルボ・カーズ広島東)として改装。
  • 山口マツダ(フォード新山口)…地場独立資本系のマツダディーラー。
  • ノヴィルオートモービルズ(徳島)…ノヴィルグループ。旧フォード徳島(キョーエイ・ニューセンチュリーモータース)が終了した後、2012年より正規ディーラー権を取得し営業開始。2017年1月よりボルボ・カーズの正規ディーラー「ボルボ・カー徳島」として営業開始。
  • マルナカ(フォード東四国・香川)…株式会社フォード東四国の社名はそのままに、2017年3月よりルノーの正規ディーラー「ルノー高松」として営業開始。
  • フォードフジ(広島・愛媛)…フジ (チェーンストア)が運営
2016年5月7日、社名を「株式会社フジモータース」に変更し、9月1日、全店舗からフォードの看板を外す。愛媛県店舗はマツダオートザム店として運営し、広島県店舗は広島マツダの販売協力店として活動する。
  • フォード北九州(小倉)……2000年、旧運営元のスーパー大栄の社員が別資本を立ち上げて分離独立で設立。2017年3月、運営法人「株式会社フォード北九州」の社名を「株式会社西欧自動車」に変更し、プジョーの正規ディーラー「プジョー北九州」として営業開始。
  • 九州マツダ(フォード福岡中央・福岡市)
フォード撤退当時唯一の「マツダ100%出資」のディーラー。2016年5月31日にて終了。アフターサービスは諸岡店が引き継ぐ。
  • Misumi(鹿児島)
  • ★丸貴(沖縄)
長く輸入車販売・整備を手掛ける地元の輸入車ディーラー。2014~2015年頃より前任の工場より引き継いで指定サービス工場となる。[10]
  • ★テーエス商会(東京・2017年より加盟)
輸入車部品の卸販売業。認定サービス工場はグループ内の中古車販売店舗「ヴィットリオ」(杉並区)および整備工場「コーギーズサービス」(所沢市)に設置。
  • ★ウイングオート(愛知県清須市・2017年より加盟)
全国販売体制を保有する並行輸入車ディーラー。認定サービス工場は本社サービスファクトリーに設置。
アフターサービスは、横浜市都筑区の「アルファロメオフィアット横浜サービス」で対応。2017年4月よりピーシーアイのリストより外れる。

1990年代中頃の低価格路線[編集]

1994年、アメリカ製マスタングと欧州製モンデオを日本へ投入し、フォルクスワーゲン・ゴルフを標的とした比較広告展開を行うなど積極的に低価格を強調して、国産車並みの低価格で販売した。GM系シボレーオペルなどを輸入していたヤナセも追随してシボレー・カマロを大幅値下げし、オペル・ヴィータは150万円台のグレードを投入した。1996年に輸入フォード車の販売台数が21000台の最高記録を達成して低価格路線は短期的には成功するが、フォード=廉価車というイメージを持たせリセールバリューにも影響するなどの弊害をもたらし、輸入車にプレミアム性を求める市場において中・長期的観点では結果的に失敗であった。

ブランドイメージ向上施策[編集]

日本ではフォード=アメリカ車というイメージが強くヨーロッパ製フォード車もアメリカ車とみなされ、マツダOEM車両も並行販売しているため輸入フォード車もマツダのバッジエンジニアリングだと誤解される、などフォードに対する一般認知度の低さや、前述の低価格路線によるブランドイメージ悪化などの問題を解消するため2000年より下記の見直し策を実施した。

  • マツダとフォード各々のブランドを明確化するためにマツダOEM車の販売を中止(ただしトリビュートの兄弟車であるエスケープは継続)する。
  • 各店舗の内外装をFJLで定めた統一基準デザインに準拠する。
  • SUV・スポーツ系車種はアメリカ製、その他の車種はヨーロッパ製として広告面で強調する。
  • フォード=廉価というイメージを払拭し、プレミアム性向上のため低価格路線の撤廃。

本施策では主力商品のマツダOEM車販売中止による販売台数の低下や、ブランドイメージの確立よりも先に店舗数の減少などの悪影響が発現し、プレミアム性向上を目的としながら2002年リンカーンの販売を取り止めるなど[11]矛盾点も散見された。

販売戦略の転換[編集]

2007年半ば以降は導入車種や広告展開の見直しを図り、対日導入車種を北米系SUV車及びマスタングとしてヨーロッパ製車種の取り扱いを停止、『フォード=アメリカ』のイメージ戦略を展開。ようやく認知度を高めつつあったヨーロッパ製車種だが、輸入ロット数が少ないためフォードオブヨーロッパから採算の合わない日本仕様への対応を断られたことと、為替レートユーロ高によりヨーロッパ製フォード車の価格を大幅に値上げしなければ販売できなくなったため、輸入中断せざるを得なくなった事情があり、これが販売戦略の方針転換に繋がった。

これによって販売車種が減ってしまうこともあり、2008年5月にリンカーン・ナビゲーターの日本販売を機にリンカーンブランドの取扱いを再開、2008年9月にはリンカーン・MKXの販売を開始した。既販売車種についても、装備を充実させた限定車を積極的に投入するなどした販売活動を展開。しかし、消極的な広告宣伝活動やリーマン・ショックに端を発する景気後退も重なって系列ディーラーの撤退は止まらず、販売戦略の見直し及び販売網の再構築のため[12]2010年10月に久々のヨーロッパ製となる新型車・クーガの取り扱いを開始した。以降も「One Ford」コンセプトの商品群であるフォーカスフィエスタエコスポーツを投入し、2010年の年間2507台の歴代最低台数から徐々に盛り返し、2015年には年間4856台となっていた。

取り扱い車種[編集]

2016年6月現在、以下の車種を販売している。

過去の取り扱い車種[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 米フォード、日本とインドネシア事業から今年撤退へ=内部文書朝日新聞Digital、2016年1月25日
  2. ^ フォード、日本から年内撤退 販売ピーク時の5分の1に日本経済新聞電子版、2016年1月25日
  3. ^ 県によってはアフターサービス指定工場が営業していた。
  4. ^ ピーシーアイHP内2016年6月14日発行プレスリリースより
  5. ^ フォード認定中古車ページ 2016年7月3日確認
  6. ^ フォード浜松国税庁法人番号公表サイト
  7. ^ 石川県は、正規ディーラーが廃業により消滅し空白地帯になっていた。
  8. ^ 福井県は、正規ディーラー「あおい商事」が営業終了後も指定サービス工場を運営していたが、後年契約更新をせず完全閉鎖としていた。
  9. ^ TSR速報 (株)フォード広島東京商工リサーチ 2017年2月22日
  10. ^ 同社HPには「浦添中央フォード」の名があるが、店舗外観からはフォード指定サービス工場を示す看板が掲げられているものの、その名称を確認出来ない。
  11. ^ FJLでは1990年代〜2002年にかけてコンチネンタルとLSを輸入販売していた
  12. ^ フォードジャパン、クーガ を投入…国内立て直しへ 2010年7月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]