ビースティ・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビースティ・ボーイズ
Beastie Boys
Beastie Boys 2009 (6184423405).jpg
ビースティー・ボーイズ(2009年); 左から右へ: アドロック、MCA、マイクD
基本情報
別名 ザ・ヤング・アンド・ザ・ユースレス
ビースティーズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ヒップホップ
オルタナティブ・ヒップホップ
パンク・ロック
ハードコア・パンク
ラップコア
ラップ・ロック
ハードロック
活動期間 1979年 - 2012年
レーベル デフ・ジャム
グランドロイヤル / キャピトル
共同作業者 リック・ルービン
ミックス・マスター・マイク
マニー・マーク
公式サイト www.beastieboys.com
旧メンバー

ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys[注釈 1])は、1978年に結成されたニューヨーク発のアメリカのヒップホップ・グループである[2]マイケル・"マイク・D"・ダイアモンド(ボーカル、ドラムス)、アダム・"MCA"・ヤウク(ボーカル、ベース)、アダム・"アドロック"・ホロヴィッツ(ボーカル、ギター、プログラミング)の3人で構成されている。

ビースティ・ボーイズは1978年に実験的ハードコアパンクバンド「ヤング・アボリジニーズ」(the Young Aborigines)のメンバーから結成されたバンドで、ボーカルにダイアモンド、ベースにジェレミー・シャタン、ギタリストにジョン・ベリー、ドラムにケイト・シェレンバックを迎えている[3]。 1981年にシャタンが脱退すると、ヤウクがベースを担当するようになり、バンド名はビースティ・ボーイズに変更された。その後すぐにベリーが脱退し、ホロヴィッツが後任となった。

1983年の実験的なヒップホップ・シングル「Cooky Puss英語版」で地元での成功を収めた後、ビースティー・ボーイズはヒップホップへの完全な移行を行い、シェレンバックは脱退した。彼らは1985年にマドンナとツアーを行い、その1年後にはデビューアルバム『Licensed to Ill英語版』をリリースし、ビルボード200チャートでラップレコードとして初めて首位に立った[4]。 2枚目のアルバム『Paul's Boutique英語版』(1989年)は商業的には失敗に終わったが、後には絶賛を浴びた。その後、『Check Your Head英語版』(1992年)と『Ill Communication英語版』(1994年)がメインストリームで成功を収め、『Hello Nasty英語版』(1998年)、『To the 5 Boroughs英語版』(2004年)、『The Mix-Up英語版』(2007年)、『Hot Sauce Committee Part Two英語版』(2011年)が続いた。

ビースティ・ボーイズは米国で2000万枚のレコードを売り上げ、ビルボードが1991年に売上を記録し始めて以来、最も売れたラップグループとなった[5]。 1986年から2004年までに7枚のアルバムがプラチナセールスを記録し[6]、ビースティ・ボーイズは、世界で最も長く活動を続けるヒップホップ・グループの一つであった。2012年、ロックの殿堂入りを果たした3組目のラップグループとなった。同年、ヤウクが癌で死去し、ビースティー・ボーイズは解散した[7]

概要[編集]

元々は、ザ・ヤング・アンド・ザ・ユースレス名義のハードコア・パンクバンドであったが、ヒップホップ・ミュージシャン達とツアーを行ったりなどの交流を深めていく中で、当時としては珍しくレッド・ツェッペリンクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルなどロックの楽曲をサンプリングし、ラップロックのひな形が出来上がる。以降は、数多くの独創的な功績を残しており、ヒップホップからロック、さらにはクラブ・ミュージックにまで広大な影響力を及ぼした。リック・ルービンからは、「ヒップホップを郊外へ持ち出した」と評されている[8][9]

バンド名の由来は、敬愛するハードコア・パンクの重鎮バッド・ブレインズに肖り、「Bで始まる単語2つを冠するバンド名にしよう」と考案したもの[注釈 2]

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第77位。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。授賞式には、マイクDとキング・アドロックが出席し、療養中だったMCAも手紙を寄せた。プレゼンターは、旧友のパブリック・エナミーチャックDLL・クール・Jが務めた。

略歴[編集]

1979年に、パンク・バンド「ザ・ヤング・アンド・ザ・ユースレス」として結成。1981年に、「ビースティ・ボーイズ」と改名する。1984年デフ・ジャムレーベルと契約したのを機に、ラップ/ヒップホップをフィーチャーしたサウンドへ転換。Run-D.M.C.LLクールJらデフ・ジャム所属のヒップホップ系アーティストとツアーを行った。

1986年に、デビュー・アルバム『ライセンス・トゥ・イル』を発表。ヒップホップと言えど、音楽的にはパンクやハードロックの色が強く、ラップも黒人的なリズム感を持ったものではないが、ヒップホップ・アルバムとしては初めてビルボード1位を獲得。当時、同じデフ・ジャムに所属していたスレイヤーのギタリスト、ケリー・キングが参加し、シングル・カットされた『ファイト・フォー・ユア・ライト』も大ヒットした。

その後もコンスタントにアルバムを発表。サンプリングを激しく活用し商業的失敗に終わったが評価の高い1989年の『ポールズ・ブティック』、再び楽器を手にし原点回帰したような1992年の『チェック・ユア・ヘッド』、ヒップホップとギターサウンドを融合させ、再びビルボード・チャート1位に輝いた1994年の『イル・コミュニケーション』(「サボタージュ」収録)などで人気を高め、1998年にはよりストレートなヒップホップを展開した『ハロー・ナスティ』がグラミー賞を受賞するなど、世界的な地位を確かなものとした。

2004年に『トゥ・ザ・5ボローズ』をリリースしており、ライブやシングル発行などの活動はこの間も絶えず行っているものの、アルバムリリースのペースは次第に遅くなっている。政治的な活動も行っており、1990年代半ばにチベット独立の支持を明らかにし、1996年には多くのアーティストを集めた大規模な「チベタン・フリーダム・コンサート」を行いサンフランシスコに10万人を集め、以後も継続的に開催しチベット支援を続けている。また、911テロの被害者支援コンサート、イラク戦争に対するプロテストソングのリリースなど、2000年代に入り政治的主張の機会も増えている。

2006年に、彼らのライブを50人のファンが撮影したドキュメンタリー映画「ビースティ・ボーイズ 撮られっぱなし天国」が公開された。

2012年5月4日、MCAが癌で亡くなる。47歳没。これを受けて今後ビースティ・ボーイズとしてのライヴを行う予定がないことを残りのメンバーが明言した[11]

グランドロイヤル[編集]

1992年にはデフ・ジャムを離れ、キャピトル・レコードの支援で自身のレコード会社「グランドロイヤル (Grand Royal) 」を発足させ、同レーベルにはルシャス・ジャクソンをはじめアタリ・ティーンエイジ・ライオットショーン・レノンベン・リーチボ・マットバッファロー・ドーターなど多くの新進アーティストが契約し話題を呼んだ。

1993年にレコードのリリース事業を始めたほか、雑誌「Grand Royal Magazine」を発行し、1970年代の映画やテレビドラマ、大衆文化が好きな彼らの趣味に走った編集方針でアメリカのユース・カルチャーに影響を与えた。創刊号のブルース・リーの特集や史上最高のバスケットボール選手カリーム・アブドゥル=ジャバーのインタビュー、「世界最悪の髪型」マレット特集など反響を呼ぶ記事を多く掲載した。

以後もブラン・ヴァン3000など優れたアーティストとの契約を進めたものの、経営難で2001年には閉鎖し、彼ら自身はキャピトル・レコードに移籍した。

メンバー[編集]

マイクD
アドロック
MCA
Mike D(マイクD)
本名:Michel Diamond(マイケル・ダイヤモンド)
MCドラム担当。
母は有名なアートディーラーで、ニューヨークの裕福な家庭で育つ。
King Ad-rock(キング・アドロック)
本名:Adam Horovitz(アダム・ホロヴィッツ)
MC、ギター担当。
父は著名な劇作家、脚本家で『いちご白書』や『喝采の陰で』を執筆したイスラエル・ホロヴィッツ
日本のラッパーとも親交があり、スチャダラパーTERIYAKI BOYZのプロデュースをしたこともある。
MCA(エムシーエー)
本名:Adam Yauch(アダム・ヤウク)
MC、ベース担当。グループのリーダー的存在。
2009年、左耳下腺悪性唾液腺腫瘍があることが判明。幸い声帯に影響は無く、手術も無事に成功した。同年9月に発売予定の新作『ホット・ソース・コミッティー・パート1』の発売は、MCAの復帰を待っての無期限延期となったが、2012年5月4日に他界。

ツアーメンバー[編集]

Mix Master Mike(ミックス・マスター・マイク
本名 ; Michael Schwartz(マイケル・シュワーツ)
DJ担当。ターンテーブリスト。
Money Mark(マニー・マーク
本名 ; Mark Ramos-Nishita(マーク・ラモス=ニシタ)
キーボード担当。

マイクD、アドロック、MCA、ミックス・マスター・マイクの4人はユダヤ系である。MCAは仏教徒で、チベット仏教信仰している。

MCAの死[編集]

先述の通り、2012年5月4日、MCAが癌で亡くなる。47歳没。ジャンルを超えた数多くのアーティスト、テレビやTwitter、その夜のライヴで追悼の意を述べた。追悼コメントを寄せた主なミュージシャンは、以下の通り。

地元ニューヨークでは、ミュージック・ビデオのロケ地にファンが花を手向けたり、マディソン・スクエア・ガーデンがMCAの顔写真を添えて、「ニューヨークという巨大で忙しい街は、こういう時にいろいろな方法で心を開いて見せてくれるとてもユニークな場所」と感謝を告げ、当日のニューヨーク・メッツの試合では、選手の入場曲をすべてビースティーズの楽曲に統一したりと、街は追悼の意に包まれた。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[37]
AUS
[38]
CAN
[39]
GER
[40]
NLD
[41]
NZ
[42]
SWE
[43]
SWI
[44]
UK
[45]
1986 Licensed to Ill 1 62 5 15 12 30 7
1989 Paul's Boutique
  • 発売日: 1989年7月25日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全米売上: 210万枚
14 72 30 30 50 38 44
  • US: 2× プラチナ[46]
  • CAN: プラチナ[47]
  • UK: シルバー[48]
1992 Check Your Head
  • 発売日: 1992年4月21日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, cassette, MD
  • 全米売上: 220万枚
10 32 37 106
  • US: 2× プラチナ[46]
  • CAN: 2× プラチナ[47]
  • UK: シルバー[48]
1994 Ill Communication
  • 発売日: 1994年5月23日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, cassette
  • 全米売上: 340万枚
1 8 7 11 31 6 7 12 10
  • US: 3× プラチナ[46]
  • CAN: 3× プラチナ[47]
  • UK: ゴールド[48]
1998 Hello Nasty
  • 発売日: 1998年7月14日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 350万枚
1 1 2 1 2 1 2 1 1
  • US: 3× プラチナ[46]
  • AUS: プラチナ[49]
  • CAN: 3× プラチナ[47]
  • NZ: プラチナ[50]
  • SWE: ゴールド[51]
  • SWI: ゴールド[52]
  • UK: ゴールド[48]
2004 To the 5 Boroughs
  • 発売日: 2004年6月15日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 130万枚
1 2 1 3 14 4 20 5 2
  • US: プラチナ[46]
  • AUS: ゴールド[53]
  • CAN: ゴールド[47]
  • UK: ゴールド[48]
2007 The Mix-Up
  • 発売日: 2007年6月26日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 4.4万枚[54]
15 42 84 25 79
2011 Hot Sauce Committee Part Two
  • 発売日: 2009年5月3日
  • レーベル: Capitol
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 12.8万枚[55]
2 7 3 3 6 17 3 9
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

ベスト・アルバム[編集]

  • Beastie Boys Anthology the Sounds of Science(1999年)
  • Solid Gold Hits(2005年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 定冠詞を付けて「The Beastie Boys」と呼ばれることが多いが、メンバーはこれが誤りであると述べている[1]
  2. ^ "BEASTIE"は、"Boys Entering Anarchistic States Towards Internal Excellence."が由来となっている[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Barshad, Amos. “The Beastie Boys on Their New Movie, Bidet Toilets, and Why You've Been Saying Their Name Wrong All These Years”. gq.com. 2020年4月2日閲覧。
  2. ^ Beastie Boys: Biography”. AllMusic. RhythmOne Group. 2018年11月6日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2009年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月24日閲覧。
  4. ^ Burkett, Jacob (2016年11月16日). “8 Things You Didn't Know About The Beastie Boys' Licensed To Ill”. Moshcam. https://www.moshcam.com/articles/38397/8-things-didnt-know-beastie-boys-licensed-ill 2020年4月2日閲覧。 
  5. ^ Caulfield, Keith (2012年5月4日). “Beastie Boys Blazed Billboard Chart History”. Billboard. 2013年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月4日閲覧。
  6. ^ “Obituary: Adam 'MCA' Yauch”. BBC News. (2012年5月4日). オリジナルの2012年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120508115240/http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-17959743 2012年5月9日閲覧。 
  7. ^ Gordon, Jeremy (2014年6月2日). “Mike D Says Beastie Boys Won't Be Making Any More Music”. Pitchfork.com. 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月2日閲覧。
  8. ^ Yauch Rocked: Raised by the Beasties” (英語). ハフィントン・ポスト (2012年8月5日). 2015年7月27日閲覧。
  9. ^ 【ブログ】A-Trak:ビースティ・ボーイズを聴いて育った僕たち”. AOL (2012年5月11日). 2015年7月27日閲覧。
  10. ^ 宇野維正『ロック温故知新』株式会社ロッキング・オン、1999年4月12日、264-270頁。ISBN 4-947599-64-2。「ビースティ・ボーイズ〜『ハロー・ナスティ』以前の完全ディスコグラフィー」
  11. ^ ビースティ・ボーイズ、復活ライヴの噂を否定。「MCAなしに二度とライブは行わない」”. nme-jp.com (2015年7月3日). 2019年3月22日閲覧。
  12. ^ RIP MCA - YouTube
  13. ^ LennyKravitzのツイート(198477067577335809)
  14. ^ MillaJovovichのツイート(198473501080961024)
  15. ^ AndrewWKのツイート(198507557214617601)
  16. ^ travisbarkerのツイート(727965313447264256)
  17. ^ ビースティ・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクの死をエミネム、Nas、パブリック・エネミーのチャック・Dらが悼む”. 株式会社ロッキング・オン (2012年5月5日). 2015年7月27日閲覧。
  18. ^ Slashのツイート(198473628118024193)
  19. ^ SherylCrowのツイート(198478315001102336)
  20. ^ miusakamotoのツイート(198620244632285184)
  21. ^ kantakagiのツイート(198713931668275200)
  22. ^ kantakagiのツイート(198745751495507969)
  23. ^ kantakagiのツイート(198749597739397120)
  24. ^ zeebrathedaddyのツイート(198476792045113345)
  25. ^ seikoitoのツイート(198460769103380480)
  26. ^ seikoitoのツイート(198468905713405952)
  27. ^ seikoitoのツイート(198477931117424641)
  28. ^ freddurstのツイート(198463302949548032)
  29. ^ SDP_aniのツイート(198496618738221056)
  30. ^ SDP_aniのツイート(198592351961235457)
  31. ^ Akira_Ishigeのツイート(198634555043880960)
  32. ^ uzysakaiのツイート(198571301051449344)
  33. ^ yamaguchi_SBMのツイート(198564086764675072)
  34. ^ takeshi_tsurunoのツイート(198572704591388672)
  35. ^ SkyHidakaのツイート(198479027860815872)
  36. ^ SkyHidakaのツイート(198832641628315648)
  37. ^ Beastie Boys – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年4月22日閲覧。
  38. ^ Peak chart positions for albums in Australia:
    • "Licensed To Ill" and "Paul's Boutique" (Kent Music Report) peaks: Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970–1992 (Illustrated ed.). St Ives, N.S.W.: Australian Chart Book. p. 29. ISBN 0-646-11917-6  N.B. The Kent Report chart was licensed by ARIA between 1983 and June 19, 1988.
    • Top 50 (ARIA Chart) peaks: Discography Beastie Boys”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2008年11月16日閲覧。
    • Top 100 (ARIA Chart) peaks from January 1990 to December 2010: Ryan, Gavin (2011). Australia's Music Charts 1988-2010. Mt. Martha, VIC, Australia: Moonlight Publishing 
  39. ^ Peak chart positions for albums in Canada:
  40. ^ Chartverfolgung / Beastie Boys / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2008年11月16日閲覧。
  41. ^ Discografie Beastie Boys”. 'dutchcharts.nl'. Hung Medien. 2008年11月17日閲覧。
  42. ^ Discography Beastie Boys”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2008年11月17日閲覧。
  43. ^ Discography Beastie Boys”. 'swedishcharts.com'. Hung Medien. 2011年11月17日閲覧。
  44. ^ Discography Beastie Boys (select "Charts" tab)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2011年11月17日閲覧。
  45. ^ Peak chart positions for albums in the United Kingdom:
  46. ^ a b c d e f "American certifications – Beastie Boys". Recording Industry Association of America. 2012年4月22日閲覧
  47. ^ a b c d e f "Canadian certifications – Beastie Boys". Music Canada. 2012年4月22日閲覧
  48. ^ a b c d e f Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "Beastie Boys")”. British Phonographic Industry. 2012年4月22日閲覧。
  49. ^ ARIA Charts – Accreditations – 1999 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月17日閲覧。
  50. ^ Top 50 Albums Chart – Chart #1145 – Sunday 10 January 1999”. Recording Industry Association of New Zealand. 2013年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  51. ^ "Guld- och Platinacertifikat − År 1987−1998" (PDF) (Swedish). IFPI Sweden. 2013年5月5日閲覧
  52. ^ The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (Beastie Boys)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2012年4月23日閲覧。
  53. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2004 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月17日閲覧。
  54. ^ Jonathan Cohen, "Cyrus Sidesteps Clarkson To Debut At No. 1", Billboard.com, July 4, 2007.
  55. ^ Caulfield, Keith (2011年5月11日). “Beastie Boys Score No. 2 Debut on Billboard 200, Adele Holds at No. 1”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/news/471634/beastie-boys-score-no-2-debut-on-billboard-200-adele-holds-at-no-1 2011年5月14日閲覧。 

外部リンク[編集]