ケイト・シェレンバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Kate Schellenbach
Schellenbach twirling a drumstick
ケイト・シェレンバック(2013年)
基本情報
生誕 (1966-01-05) 1966年1月5日(56歳)
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
ジャンル
職業 ドラマー
担当楽器
  • ドラム
  • ボーカル
活動期間 1981年–現在
共同作業者

ケイト・シェレンバックKate Schellenbach1966年1月5日– )は、アメリカのミュージシャン、テレビプロデューサーである。ルシャス・ジャクソンのドラマー。ビースティー・ボーイズの結成メンバーでもあった。

シェレンバックはニューヨーク市生まれ。1981年から1984年までビースティー・ボーイズで演奏し、2000年春にバンドが解散するまでルシャス・ジャクソンのドラムを担当し、2011年に再結成した際には再びドラムを担当した。

シェレンバックはまた、チップ・イングリッシュが加入する前の1993年初頭のごく短期間、パンクバンド「ルナチックス」のドラマーを務めていた。

その後、『エレンの部屋』のセグメント・プロデューサーとしてエミー賞を受賞し、2007年12月4日放映の番組で初めてカメラの前に立ち、ホストのエレン・デジェネレスと共にボンゴを演奏した。また、過去には『ロペス・トゥナイト英語版』、『キャシー英語版』、『ラブ・ユー、ミーン・イット・ウィズ・ホイットニー・カミングス英語版』、『チェルシー・レイトリー英語版』、『ハロー・ロス英語版』、そして現在は『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』のプロデューサーとして活動している。

私生活[編集]

シェレンバックはニューヨークの理数系の高校であるスタイヴィサント高校英語版に通った[1]ブリーダーズのベーシストであるジョゼフィン・ウィッグズ英語版と恋愛関係にあった。交際中、2人はアメリカで発行された全国的なLGBT雑誌「The Advocate」の記事で取り上げられた[2][3]。2人は短命バンド「Ladies Who Lunch」を結成し、ウィッグズがレコーディングと共同プロデュースを行ったルシャス・ジャクソンのサイドプロジェクト「Kostars」ではシェレンバックがドラムを演奏している[4]

出典[編集]

  1. ^ Smith, Alex (2001年9月24日). “Q&A With Mike D. of the Beastie Boys”. Time. オリジナルの2001年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011108080931/http://www.time.com/time/musicgoesglobal/na/mmiked.html 2008年4月25日閲覧。 
  2. ^ Frutkin, Alan (November 9, 1994), “Luscious Lesbians”, The Advocate, https://books.google.com/books?id=fGQEAAAAMBAJ&pg=PA54 2018年6月21日閲覧。 
  3. ^ Gaar, Gillian G (2002), She's a Rebel: The History of Women in Rock & Roll, Seal Press, p. 395, ISBN 1-58005-078-6 
  4. ^ Kostars Biographies

外部リンク[編集]