ビッグ・イン・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビッグ・イン・ジャパン (Big in Japan) は、「日本でしか売れていない洋楽ミュージシャン」を指す俗語

1980年代頃から日本の音楽雑誌の間で『日本でしか売れない洋楽バンド・アーティスト』を指す場合にこの用語が使われ始めたが、いつしか音楽業界以外でも使われるようになった[1]

有名な事例[編集]

音楽[編集]

最も有名なビッグ・イン・ジャパンはアメリカのザ・ベンチャーズであろう。歌のないインストルメンタルにもかかわらず、日本では60年代中ごろまでビートルズ以上の人気があり、エレキ(ギター)ブームを作り出したが、歌のないロックは少数派である。EL&Pのようなインストゥルメンタル・プログレバンドが日本で流行するのも記憶に新しい。今でも日本では全国の小都市を含めた大ツアーをできるほどの人気を有している。同じく日本のミュージシャンに大きな影響を与え、日本での人気が根強いバンドにディープ・パープルとそのファミリー(メンバーであるリッチー・ブラックモアが結成したレインボー、そのメンバーであるグラハム・ボネットが結成したアルカトラス、そのまたメンバーであるイングヴェイ・マルムスティーン等)がいる。

70年代は、当時最も売れていた洋楽誌『ミュージック・ライフ』が大プッシュするかどうかで英米のロックスターの日本での人気は大きく左右された。代々女性が編集長を務めるこの雑誌は、好みのルックスやインタビューの際の好感度などが誌面に影響を与えていたことで知られる。大プッシュされた代表格としてよく語られるのがクイーンチープ・トリックジャパンである。クイーンは母国イギリスでも人気があったが日本では初来日時の時点で本国以上の人気がありビッグ・イン・ジャパンの代表格として人々の記憶に残った。チープ・トリックは当初日本限定企画だったライヴ・アルバム『チープ・トリックat武道館』により、本国アメリカでブレイクを果たした。ジャパンに到っては、1970年代はイギリス含め、日本以外では知っている人が珍しいといった状態であったため、日本の市場(雑誌)向けに作られたスターではないかと言われたくらいである。しかし、1980年代からは日本以外でも次第に人気を集め始め、メンバーだったデヴィッド・シルヴィアンのソロ活動も評価を得ている。

1970年代後半における典型的な「ビッグ・イン・ジャパン」のアーティスト[2]には、ザ・ランナウェイズと、イアン・ギラン・バンドがいる。

ザ・ランナウェイズは、母国アメリカ合衆国では、ファースト・アルバムをビルボード200位前後に送り込むのがやっとという状況の中、日本では『チェリー・ボム(悩殺爆弾)』がティーンエイジャーを中心に人気を集め、1977年に来日公演を実現させる。テレビ出演も果たし、コンサートでは男性ファンの視線と女性ファンの歓声を一身に浴びていた。その後、ギター担当のジョーン・ジェットリタ・フォードが、ソロ活動でアメリカでの成功を収めている。

イアン・ギラン・バンドは、イアン・ギランディープ・パープル時代とは異なる音楽性を志向して結成されたが、世界的には良い成果を得られず、契約先のアイランド・レコードとは2枚のアルバムをもって契約を打ち切られた(ファーストアルバム『Child In Time』はポリドール・オイスターより発売)。しかし、日本では日本武道館公演をはじめとして全国をツアーで回れるほどの人気を保ち続け、その模様を収めたライブ・アルバム『ライブ・アット・ザ・ブドーカン(Live At The Budokan)』は、すでにバンドがアイランドとの契約を失くしていたことから、東芝EMIが発売元となって1978年に発売された。ギランはその後、バンド名を『ギラン』に改めて正統派のハードロックに回帰。ヘヴィメタル勃興の波に乗り世界の表舞台に復帰することになる。前述のライブアルバムが日本以外でも発売されるようになったのは、ギランが完全に復活した1982年のことであった。

80年代の終わりにデビューしたMr.Bigの場合、本国でも全米No.1ヒット曲"To Be With You"で知られるものの、90年代後半は失速、それ以降本国での活動縮小を余儀なくされたが、日本では根強い人気を維持した。

ダーティー・プロジェクターズは、日本ではヴァンパイア・ウィークエンドに肩を並べる程度の知名度があるものの、本国・アメリカ合衆国ではBillboard 200においてヴァンパイア・ウィークエンドが3作連続で1位を獲得している一方で、ダーティー・プロジェクターズは2作連続で200位以内のチャートインを逃しており、売上の差は歴然としている(2019年時点)[3]

ビッグ・イン・ジャパンから生まれたバンド・アーティストも多く、その中には現在、ボン・ジョヴィイン・フレイムス等のように世界を股にかけて活動したバンドもある。

韓国の音楽グループ超新星も、本国韓国より日本のほうが人気が高いと評されている[4]

クラシックにも同様な例は多く、特に当地では無名か二線級と見なされる交響楽団や歌劇場を大きく見せかけて宣伝する手段が常套的に行われるため、それらに拠点を置く音楽家が(日本人を含めて)「ビッグ・イン・ジャパン」化することがある。

文学[編集]

アイルランド推理作家F・W・クロフツやアメリカの推理作家ヴァン・ダインは、母国では短期間のみ活躍した以降は忘れられた作家であるが、日本では長きに渡り人気を保ち続けており、特にヴァン・ダインは全作品が文庫化されて版を重ねている。

優秀な翻訳家の力により人気が上がる例もあり、藤本和子が翻訳を手がけたリチャード・ブローティガン(他にフランスでも評価が高い)や、柴田元幸が手がけたレベッカ・ブラウンなどは、本国アメリカ以上に日本での人気があるといわれる[5]。推理小説『二流小説家』(原題:The Serialist )の作者デイヴィッド・ゴードンも、本国アメリカよりも日本での知名度が高い[6][7][8]

スタニスワフ・レムストルガツキー兄弟などの東側諸国のSF作家・小説はアメリカなどの西側諸国ではまったく知られていなかったが日本のSFファンダムで高い評価を得た後、日本経由で西側諸国に紹介された。特にレムはアメリカのSF界にレム・ブームを起こした。

かつてギネスブックに「世界最長の小説シリーズ」として記録されていたドイツのSFシリーズ『宇宙英雄ペリー・ローダン』は英訳版などのほとんどの翻訳版が打ち切られる一方で日本では根強いファンを獲得し、邦訳版は2010年1月の第368巻からは月2回の刊行となっており、ドイツ語圏周辺に次ぐ人気がある。

映像[編集]

映画監督のサム・ペキンパーはアメリカでは『ゲッタウェイ』(1972年)が一度ヒットしたのみで鳴かず飛ばずであったが日本においては『ワイルドバンチ』(1969年) や『ガルシアの首』(1974年) や『戦争のはらわた』(1977年)などを中心に高く評価されヒットした。数多くの日本の映画作家がペキンパーの影響やリスペクトを公言しておりアメリカ本国でも徐々に再評価されるようになった。

いわゆるB級パニック映画の製作で知られるアサイラムは売り上げのかなりの部分を日本での興行収入が占めている[9]。また日本のみ劇場公開となる作品もある。

アラン・パーカーの脚本映画『小さな恋のメロディ』(1971年)は本国イギリスでは全くヒットせず酷評されたが、日本では大ヒットして根強い人気を保ち続けており、日本でのみサウンドトラックCDが発売された[10]

韓国のTVドラマ『冬のソナタ』は韓国においてはあまりヒットしなかったが日本においては韓流ブームの火付け役となるほどの人気が出た[11]

美術[編集]

クリスチャン・ラッセンの絵画はバブル期の日本で一世を風靡したが、本国アメリカでは無名に近い[12]

ファッション[編集]

ポール・スミスキャサリンハムネット、オールドイングランドなどは日本で突出して受けているファッション・ブランドであり、バーバリーのブラックレーベル及びブルーレーベルも日本のみのブランドである。これらは商社のブランドコーディネートが成功した例である[13]

スモール・イン・ジャパン[編集]

1980年代の後半頃からミュージック・ライフに登場し始めた『スモール・イン・ジャパン』という派生語がある。『スモール・イン・ジャパン』のアーティストらの特徴は、その本拠地たる西洋諸地域(多くの場合アメリカ合衆国)ではその名を知らない者がほとんどいないほど有名かつ成功した存在であり、しかも日本でメディアを巻き込んだ宣伝戦略を盛大に展開したことがあるのもかかわらず、日本で満足な商業的成功が見られないというものである。代表的なところでは、ザ・フーグレイトフル・デッドAC/DCなどが該当する。ジェームス・ブラウンも70年代後半の日本では無名な存在で、日本の芸能事務所ヤングジャパンの社長が心酔しほぼ独断で日本ツアーを企画、招聘したことによって、約1億5000万円もの負債を負ってしまい、その借金を解消するため、当時事務所の稼ぎ頭であったアリスが年間303回の公演というとんでもないペースのツアーを行い、何とか赤字を解消出来たというエピソードが残っている。

他国のスモール化[編集]

自国のみで満足な商業的成功が見られず、他国で熱烈に愛好される音楽ジャンルはポピュラー音楽のみにとどまらない。クラウス・フーバーは「スモール・イン・スイス[14](祖国スイスでは無名だが、フライブルク音楽大学の教授であったためドイツでは知らない人はいない)」になってしまった例であり、日本以外でもスモール化はみられる。

関連項目[編集]

  • フルハウス - 第6シーズン第3話「いざトーキョー・ツアー(Road to Tokyo)」では売れないミュージシャンだったジェシーの曲が何故か突如日本でナンバーワンヒットする。ジェシーの来日と日本のファンたちの狂騒がコミカルに描かれている。
  • 頭文字D - アニメ版(Second stage)の劇中で使用されたSUPER EUROBEATに同タイトルの曲が存在する。ロバート・パットンの曲。
  • ミュール・ヴァリエイションズ - トム・ウェイツのアルバム。同タイトルの曲が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ “自国では無名だが日本では有名”…Big in Japan現象を海外紙が報じる”. newsphere.jp (2014年3月13日). 2018年10月6日閲覧。
  2. ^ データで見る「平成ガラパゴス洋楽史」(0)前史~「昭和のビッグ・イン・ジャパン」はなぜ許せるのか”. themainstream.jugem.jp (2013年9月29日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ 宇野維正田中宗一郎『2010s(トゥエンティテンズ)』新潮社、2020年、55-56頁。ISBN 978-4-10-353131-9
  4. ^ 超新星“日本ではトップスターでも、韓国では存在感ゼロ?”、Kstyle、2012年4月24日19時41分。
  5. ^ 学芸カフェ 柴田元幸
  6. ^ “自国では無名だが日本では有名”…Big in Japan現象を海外紙が報じる”. NewSphere. 2014年3月23日閲覧。
  7. ^ 米国では教師、日本では“一流”小説家? 『二流小説家』作者、来日時のVIP待遇を語る”. NewSphere. 2014年3月23日閲覧。
  8. ^ Struggling author David Gordon travels to Japan and finds his book is a best-seller” (英語). Mail Online. 2014年3月23日閲覧。
  9. ^ 第20回こはたあつこ「不況の中でけらけら笑う!パクリ映画専門の製作会社の巻」”. 2017年11月6日閲覧。
  10. ^ 『小さな恋のメロディ』は、なぜ日本を中心にここまで愛され続けてきたのか!?|CINEMORE(シネモア)” (日本語). cinemore.jp. 2020年8月31日閲覧。
  11. ^ 「冬のソナタ」監督、ヒット理由わからない 日本の熱すぎた“冬ソナ現象”振り返る”. 2017年11月14日閲覧。
  12. ^ 原田裕規編著『ラッセンとは何だったのか 消費とアートを越えた「先」』フィルムアート社、2013年
  13. ^ s.hirano. “【ある女性経営者のグローバル視点】日本だけでヒットしているアレのお話 | BUAISO.net - インターシティビジネスメディア” (日本語). 2020年8月31日閲覧。
  14. ^ クラウス・フーバー氏ザルツブルク音楽賞に輝く”. www.swissinfo.ch (2009年4月7日). 2018年10月6日閲覧。