夜と霧 (文学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夜と霧』(よるときり)は1946年に出版されたヴィクトール・フランクル強制収容所経験に基づいた作品。

タイトル[編集]

原文のタイトルは…trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager (Kösel-Verlag, München 1977) 、邦訳すると『それでも人生に然りと言う: ある心理学者、強制収容所を体験する』となる。 邦題「夜と霧」は夜陰に乗じ、霧に紛れて人々が連れ去られ消された歴史的暗部を比喩した。

評価[編集]

「言語を絶する感動」と評されている。(『アンネの日記』(文春文庫ほか)に並ぶロングセラーである)

発行部数は、英語版だけでも900万部に及び、1991年のアメリカ国会図書館の調査で「私の人生に最も影響を与えた本」のベストテンに入ったという[1]。また、日本語を含め17カ国語に翻訳されており、読売新聞による「読者の選ぶ21世紀に伝えるあの一冊」のアンケート調査でも、翻訳ドキュメント部門の第3位となった。

訳書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 諸富祥彦『生きていくことの意味』、p.32より、(PHP新書、2000年)

関連項目[編集]