リタ・フォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リタ・フォード
Lita Ford
Lita Ford Gods of Metal 2009.jpg
イタリア・モンツァ公演 (2009年6月)
基本情報
出生名 Carmelita Rosanna Ford
生誕 (1958-09-19) 1958年9月19日(59歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1975年 - 1995年
2008年 - 現在
レーベル マーキュリー・レコード
RCAレコード
ZYX Music
JLRG Entertainment
SPV/Steamhammer
共同作業者 ザ・ランナウェイズ
オジー・オズボーン
公式サイト litafordonline.com

カーメリタ・ロザンナ・フォード(Carmelita Rosanna Ford、通称:リタ・フォード(Lita Ford)1958年9月19日 - )は、イングランド出身のアメリカ人ロックミュージシャンシンガーソングライター

ガールズバンドザ・ランナウェイズ」のギタリストとして知られ、解散後はHR/HMを主体としたソロ活動で成功を収めた。

声質はメゾソプラノ

概要・略歴[編集]

彼女は1958年9月19日ロンドンで、イギリス系の父親とイタリア系の母親との間で生まれた。彼女が4歳のときに家族でアメリカへ移住、11歳からギターを弾くようになった。

彼女が17歳の1975年ガールズバンドザ・ランナウェイズ」に加入し、リードギターのパートを務めた[1]1979年のバンド解散後は、ソロで成功を収めた(同じメンバーのジョーン・ジェットも後に成功を収めた)。

1988年当時

彼女のソロ活動における最初のスタジオアルバムは1983年にリリースされた。翌年にも2枚目のスタジオアルバムをリリースし、Billboard 200で65位にランクインした。

1988年にはオジー・オズボーンとの共同作曲が収録されたスタジオアルバムをリリースし、#1 "Kiss Me Deadly"や#9 "Back to the Cave"、#2 "Close My Eyes Forever"、#3 "Falling In and Out of Love"がヒットした[2]

1995年、アルバム『Black』のリリースを目途に活動を休止し表舞台から遠ざかっていたが、2008年になって活動を再開している[3]

元「W.A.S.P.」のクリス・ホルムズと結婚していたが後に離婚。ジム・ジレット(元Nitroのヴォーカリスト)と再婚し男児2人を儲けたが、2011年に離婚した。


ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム
  • Out for Blood (1983)
  • Dancin' on the Edge (1984)
  • Lita (1988)
  • Stiletto (1990)
  • Dangerous Curves (1991)
  • Black (1995)
  • Wicked Wonderland (2009)
  • Living Like a Runaway (2012)
  • Time Capsule (2016)[4]
ライブ・アルバム
  • Greatest Hits Live! (2000)
  • The Bitch Is Back ... Live (2013)

脚注[編集]

外部リンク[編集]