渡辺和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 和彦(わたなべ かずひこ、1954年9月-)は、日本の音楽評論家

北海道生まれ。1977年立教大学文学部独文学科卒。音楽雑誌記者を経て、1982年から1989年までFM東京「夜明けのプレリュード」、「野田秀樹のスイッチ・オン・クラシック」他の企画構成、1986年から2003年までNHK-FM「朝の音楽散歩」「ミュージック・ダイヤリー」「あさのバロック」の企画構成を手がけた。その他、新聞・雑誌にクラシック音楽時評を執筆している。

著書[編集]

  • クラシック辛口ノート ひらかれたリスナーのために(洋泉社 1993年)
  • ヴァイオリン/チェロの名曲名演奏 弦楽器の魅力をたっぷりと(音楽之友社 1994年)
  • クラシック・フィールドノート(洋泉社 1996年)
  • 名曲の歩き方 クラシック音楽を読み解く50の道しるべ(音楽之友社 1998年)
  • ヴァイオリニスト33 名演奏家を聴く(河出書房新社 2002年)
  • クラシック極上ノート(河出書房新社 2003年)
  • 私の好きな演奏家 クラシックCD聴き比べ(河出書房新社 2004年)

監修[編集]

  • 200CD ベートーヴェン(大崎滋生共監修 学習研究社 2005年)
  • クラシック作曲家事典 検索キーワード付(学習研究社 2007年)

参考サイト[編集]