ニックス (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニックスnick、ニック)とは競走馬の生産において、優秀な競走馬の生まれる可能性が高い血統の組み合わせのことをいう[1]

概要[編集]

ニックスは「結果として出た成功例から、傾向や特徴を割り出す」概念であって、結果が出ていない状況下で成功例を推測する性質のものではない[2]。ある繁殖馬が優れた産駒を生み出した場合、生産者は二番煎じの形で同じ組み合わせの交配を試みる傾向がある[3]。そうして生産された競走馬がさらに成功を収めた場合、その組み合わせはニックスとしてますます注目され、模倣されていく[4]

世界におけるニックス[編集]

1970年代のアメリカ競馬界では、ボールドルーラー×プリンスキロの組み合わせがニックスとして注目を集め、これを模倣した配合から多くの優れた競走馬が生産された[5]

多くの生産者が特定のニックスを実践し成功を収めた場合、似通った血統構成をもつ種牡馬や繁殖牝馬が多く生まれ、そのために適切な交配相手を見つけにくくなるという問題が生じることもある[6]

日本におけるニックス[編集]

また日本でも、メジロマックイーンを父に持つ繁殖牝馬にステイゴールドを配合した数少ない産駒[7]から、重賞・G1を制した馬を多数輩出[8]し、新たなニックスとして生産界から注目を集めた[9]

父ステイゴールド、母父メジロマックイーンの産駒の重賞勝ち馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉沢2008、178-179頁。
  2. ^ 吉沢2008、187-188頁。
  3. ^ マーケットブリーダーの場合、馬主の購買意欲を刺激するための特長を作り出すことが重要となる(吉沢2008、184-188頁。)。
  4. ^ 吉沢2008、188頁。
  5. ^ 吉沢2008、193頁。
  6. ^ 吉沢2008、192頁。
  7. ^ 2009年産までにこの配合でデビューした競走馬はわずか7頭である。
  8. ^ 2012年6月24日現在、本文後述の4頭で重賞競走を18勝(うちG1競走:9勝)している。
  9. ^ マックイーンの娘、乗馬から繁殖へ…奇跡の血が蘇る

参考文献[編集]

  • 吉沢譲治『新説母馬血統学 進化の遺伝子の神秘』講談社〈講談社+α文庫 G168-1〉、2008年。ISBN 4062811685