General MIDI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

General MIDI(ジェネラル・ミディ)とは、基本的な音色マップとコントロールチェンジなどを規定したMIDIの統一規格である。略称はGM

概要[編集]

GMが制定される前、MIDIの音色マップやコントロールチェンジはMIDI音源のメーカーや機種毎に違っており、他の製品とは基本的に互換性が無かった。例えば、PC (Program Change )の1番にはA社のMIDI音源ではピアノの音色が割り当ててあるが、B社の製品では弦楽器が割り当てられている、ということが多々あった。これにより、違うメーカーのMIDI音源で制作した曲データは、別のMIDI音源では作者の意図しない演奏をすることがあるという問題があった。こういった互換性の問題を解決するために、1991年に日本MIDI評議会(現在の音楽電子事業協会)とMIDI Manufacturers Association (MMA) によってGMが制定された。

GMには、GMマップと呼ばれる音色マップ、コントロールチェンジ、RPNやGMシステムエクスクルーシブなどが決められており、同時発音数についても記述がある。

GM以外の規格としては、ローランドが推進しているGSヤマハが推進しているXG、そしてXGフォーマットの簡易版 XGLite などがある。ほとんどの規格がGMを拡張した規格であるため、GMからみれば上位互換の規格である。

現在はGMの拡張規格であるGM2 (General MIDI 2) がある。しかし、演奏データのMIDIではなくMP3など「音」そのものの配信が手軽にできるようになったこと、MIDIからオーディオへの制作環境の変化、専用音源としてGM規格と互換性のないSoundFontソフトウェア・シンセサイザーの普及、GM1におけるSC-55mkIIのような標準音源がないこと、GM2で規定されている項目が、GSやXGより少なく、GS/XGのほうが表現豊かな演奏データを作成できるという等の理由から、GM2はそれほど普及していない。

必須最低要件[編集]

GM1互換機器は、以下の要件を満たさなければならない。

  • 同時発音数24(メロディー16、パーカッション8を含む)
  • ベロシティー(音の強さ)の命令に対応。
  • 16チャンネル使用可能(うち、チャンネル10番はパーカッション用に予約)
  • 各チャンネルでの同時発音対応。

パラメータ[編集]

GM対応機器は、プログラムチェンジとコントロールチェンジ・イベントの為に、以下の規定にも従わなければならない。

Program Change events[編集]

この表は、楽器音とProgram Change番号の対応を示す。

Melodic sounds[編集]

No. HEX English 日本語
Piano
1 00 Acoustic Piano アコースティックピアノ
2 01 Bright Piano ブライトピアノ
3 02 Electric Grand Piano エレクトリックグランドピアノ
4 03 Honky-tonk Piano ホンキートンクピアノ
5 04 Electric Piano エレクトリックピアノ
6 05 Electric Piano 2 エレクトリックピアノ2
7 06 Harpsichord ハープシコード
8 07 Clavi クラビネット
Chromatic Percussion
9 08 Celesta チェレスタ
10 09 Glockenspiel グロッケンシュピール
11 0A Musical box オルゴール
12 0B Vibraphone ヴィブラフォン
13 0C Marimba マリンバ
14 0D Xylophone シロフォン
15 0E Tubular Bell チューブラーベル
16 0F Dulcimer ダルシマー
Organ
17 10 Drawbar Organ ドローバーオルガン
18 11 Percussive Organ パーカッシブオルガン
19 12 Rock Organ ロックオルガン
20 13 Church organ チャーチオルガン
21 14 Reed organ リードオルガン
22 15 Accordion アコーディオン
23 16 Harmonica ハーモニカ
24 17 Tango Accordion タンゴアコーディオン
Guitar
25 18 Acoustic Guitar (nylon) アコースティックギター(ナイロン弦)
26 19 Acoustic Guitar (steel) アコースティックギター(スチール弦)
27 1A Electric Guitar (jazz) ジャズギター
28 1B Electric Guitar (clean) クリーンギター
29 1C Electric Guitar (muted) ミュートギター
30 1D Overdriven Guitar オーバードライブギター
31 1E Distortion Guitar ディストーションギター
32 1F Guitar harmonics ギターハーモニクス
Bass
33 20 Acoustic Bass アコースティックベース
34 21 Electric Bass (finger) フィンガー・ベース
35 22 Electric Bass (pick) ピック・ベース
36 23 Fretless Bass フレットレスベース
37 24 Slap Bass 1 スラップベース 1
38 25 Slap Bass 2 スラップベース 2
39 26 Synth Bass 1 シンセベース 1
40 27 Synth Bass 2 シンセベース 2
Strings
41 28 Violin ヴァイオリン
42 29 Viola ヴィオラ
43 2A Cello チェロ
44 2B Double bass コントラバス
45 2C Tremolo Strings トレモロ
46 2D Pizzicato Strings ピッチカート
47 2E Orchestral Harp ハープ
48 2F Timpani ティンパニ
Ensemble
49 30 String Ensemble 1 ストリングアンサンブル 1
50 31 String Ensemble 2 ストリングアンサンブル 2
51 32 Synth Strings 1 シンセストリングス 1
52 33 Synth Strings 2 シンセストリングス 2
53 34 Voice Aahs 声「あー」
54 35 Voice Oohs 声「おー」
55 36 Synth Voice シンセヴォイス
56 37 Orchestra Hit オーケストラヒット
Brass
57 38 Trumpet トランペット
58 39 Trombone トロンボーン
59 3A Tuba チューバ
60 3B Muted Trumpet ミュートトランペット
61 3C French horn フレンチ・ホルン
62 3D Brass Section ブラスセクション
63 3E Synth Brass 1 シンセブラス 1
64 3F Synth Brass 2 シンセブラス 2
Reed
65 40 Soprano Sax ソプラノサックス
66 41 Alto Sax アルトサックス
67 42 Tenor Sax テナーサックス
68 43 Baritone Sax バリトンサックス
69 44 Oboe オーボエ
70 45 English Horn イングリッシュホルン
71 46 Bassoon ファゴット
72 47 Clarinet クラリネット
Pipe
73 48 Piccolo ピッコロ
74 49 Flute フルート
75 4A Recorder リコーダー
76 4B Pan Flute パンフルート
77 4C Blown Bottle 茶瓶
78 4D Shakuhachi 尺八
79 4E Whistle 口笛
80 4F Ocarina オカリナ
Synth Lead
81 50 Lead 1 (square) 矩形波
82 51 Lead 2 (sawtooth) ノコギリ波
83 52 Lead 3 (calliope) カリオペ
84 53 Lead 4 (chiff) チフ
85 54 Lead 5 (charang) チャランゴ
86 55 Lead 6 (voice)
87 56 Lead 7 (fifths) フィフスズ
88 57 Lead 8 (bass + lead) バス + リード
Synth Pad
89 58 Pad 1 (Fantasia) ファンタジア
90 59 Pad 2 (warm) ウォーム
91 5A Pad 3 (polysynth) ポリシンセ
92 5B Pad 4 (choir) クワイア
93 5C Pad 5 (bowed) ボウ
94 5D Pad 6 (metallic) メタリック
95 5E Pad 7 (halo) ハロー
96 5F Pad 8 (sweep) スウィープ
Synth Effects
97 60 FX 1 (rain)
98 61 FX 2 (soundtrack) サウンドトラック
99 62 FX 3 (crystal) クリスタル
100 63 FX 4 (atmosphere) アトモスフィア
101 64 FX 5 (brightness) ブライトネス
102 65 FX 6 (goblins) ゴブリン
103 66 FX 7 (echoes) エコー
104 67 FX 8 (sci-fi) サイファイ
Ethnic
105 68 Sitar シタール
106 69 Banjo バンジョー
107 6A Shamisen 三味線
108 6B Koto
109 6C Kalimba カリンバ
110 6D Bagpipe バグパイプ
111 6E Fiddle フィドル
112 6F Shanai シャハナーイ
Percussive
113 70 Tinkle Bell ティンクルベル
114 71 Agogo アゴゴ
115 72 Steel Drums スチールドラム
116 73 Woodblock ウッドブロック
117 74 Taiko Drum 太鼓
118 75 Melodic Tom メロディックタム
119 76 Synth Drum シンセドラム
120 77 Reverse Cymbal 逆シンバル
Sound effects
121 78 Guitar Fret Noise ギターフレットノイズ
122 79 Breath Noise ブレスノイズ
123 7A Seashore 海岸
124 7B Bird Tweet 鳥の囀り
125 7C Telephone Ring 電話のベル
126 7D Helicopter ヘリコプター
127 7E Applause 拍手
128 7F Gunshot 銃声

Percussion notes[編集]

GMドラムマップ

GMでは10チャンネルは、パーカッションのために予約されている。このチャンネルはプログラムが音色変更命令を送っても常にパーカションパートとなり、各ノートナンバーには異なる楽器が割り当てられている。この、ノートナンバーに対する打楽器割り当て表をドラムマップ(drum map)と呼ぶことがある。

No. English 日本語
35 Bass Drum 2 バスドラム 2
36 Bass Drum 1 バスドラム 1
37 Side Stick サイドスティック
38 Snare Drum 1 スネアドラム 1
39 Hand Clap 手拍子
40 Snare Drum 2 スネアドラム 2
41 Low Tom 2 ロートム 2
42 Closed Hi-hat クローズハイハット
43 Low Tom 1 ロートム 1
44 Pedal Hi-hat ペダルハイハット
45 Mid Tom 2 ミドルトム 2
46 Open Hi-hat オープンハイハット
47 Mid Tom 1 ミドルトム 1
48 High Tom 2 ハイトム 2
49 Crash Cymbal 1 クラッシュシンバル 1
50 High Tom 1 ハイトム 1
51 Ride Cymbal 1 ライドシンバル 1
52 Chinese Cymbal チャイニーズシンバル
53 Ride Bell ライドベル
54 Tambourine タンバリン
55 Splash Cymbal スプラッシュシンバル
56 Cowbell カウベル
57 Crash Cymbal 2 クラッシュシンバル 2
58 Vibra Slap ヴィブラスラップ
59 Ride Cymbal 2 ライドシンバル 2
60 High Bongo ハイボンゴ
61 Low Bongo ローボンゴ
62 Mute High Conga ミュートハイコンガ
63 Open High Conga オープンハイコンガ
64 Low Conga ローコンガ
65 High Timbale ハイティンバル
66 Low Timbale ローティンバル
67 High Agogo ハイアゴゴ
68 Low Agogo ローアゴゴ
69 Cabasa カバサ
70 Maracas マラカス
71 Short Whistle ショートホイッスル
72 Long Whistle ロングホイッスル
73 Short Guiro ショートギロ
74 Long Guiro ロングギロ
75 Claves クラベス
76 High Wood Block ハイウッドブロック
77 Low Wood Block ローウッドブロック
78 Mute Cuica ミュートクイーカ
79 Open Cuica オープンクイーカ
80 Mute Triangle ミュートトライアングル
81 Open Triangle オープントライアングル

Controller events[編集]

GMは再生時に受信すべきいくつかのコントローラを規定している[1][2]

No. 機能
1 モジュレーション (Modulation)
6 データエントリ MSB (DataEntryMSB)
7 ボリューム (Part Level)
10 パンポット (Part Panpot)
11 エクスプレッション (Expression)
38 データ エントリ LSB (DataEntryLSB)
64 サステイン (Hold1)
100 RPN LSB
101 RPN MSB
120 消音 (AllSoundOff)
121 リセット・オールコントロール (ResetAllControl)

RPN[編集]

RPNとは、Registered Parameter Numbers の略称で、主に音色自体の変更などに用いられる、コントロール チェンジ・イベントの一種である。

RPN パラメータの設定法(数字は十進数)。

  1. CC:101 (RPN LSB) と CC:100 (RPN MSB) を送信し、変更するパラメータを指定する
  2. CC:6 (DataEntryMSB) を送信し、パラメータに値を設定する

これだけではいつでも CC:6 を送信することで値を変更できるので、NULL 値を最後に送信することが慣例になっている。具体的には CC:101、CC:100 の両方に 127 を送信する。

以下のグローバル RPN は標準化されている[1]

MSB LSB 設定パラメータ 説明
0 0 ピッチベンドレンジ ピッチベンドイベントでの変化幅 (-8192 〜 0、0 〜 8191) を半音単位で指定する
0 1 チャンネルファインチューニング
0 2 チャンネルコースチューニング
0 3 チューニングプログラムチェンジ
0 4 チューニングバンクセレクト
0 5 モジュレーションディプスレンジ
127 127 RPN NULL パラメータ指定なし

例:ピッチベンドレンジを 12 にしたい場合

CC:101[0]、CC:100[0]、CC:6[12]

システム エクスクルーシブ メッセージ[編集]

GM では以下のシステム エクスクルーシブメッセージを規定している。

GM System ON
GM システムのデフォルトの設定に音源を設定する
MasterVolume
音源全体の音量を調整する

General MIDIの問題点[編集]

前述のような理由で定められた統一規格ではあるが、問題点もある。

GM規格では音色の並び方やコントロールチェンジの種類が決められているが、音色そのものについてやコントロールチェンジによる変化量などについては、各 MIDI 音源メーカーの独自性が損なわれる可能性があるとされ、厳密には定められていない。そのため GM 規格に準拠したデータであっても、作者の意図したように再現されない可能性も少なからずある。

その他にも、最大同時発音数が後発の機器であるほど増やされていることや、エフェクトや音量の変化量などが各社で異なること、ユニバーサル・エクスクルーシブなどの拡張機能への対応の有無など問題は多く、十分とは言えないことも多い。

すなわち、同じ高さの鍵盤を弾いても実際に鳴る音のオクターブは選んでいる楽器の種類によって異なる場合があるので注意する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]