CM-32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CM-32「雲豹」装甲車
CM-32 Yunpao APC Display in Chengkungling 20111009.jpg
基礎データ
全長 7.5 m
全幅 2.7 m
全高 2.23 m
重量 22 t
乗員数 3名+兵員6名
装甲・武装
装甲 12.7mm弾まで対抗可能(前面装甲)
7.62mm弾まで対抗可能(その他の装甲)
主武装 12.7mm重機関銃
40mmグレネードマシンガン
20mm機関砲
105mm砲
120mm迫撃砲のどれかを装備可能。
機動力
整地速度 100 km/h
不整地速度 km/h(水上)
エンジン Caterpillerディーゼルエンジン
450 hp
懸架・駆動 8 x 8
行動距離 600 km
出力重量比 hp/t
テンプレートを表示

CM-32 雲豹とは、台湾(中華民国)が自国軍隊のために設計した8輪式の多目的装甲車装輪装甲車)であり、正式には台湾歩兵戦闘車(TIFVTaiwan Infantry Fighting Vehicle)と呼ばれる。

概要[編集]

2002年、台湾軍はアメリカ合衆国から導入したM113装甲兵員輸送車V-150装甲車、M113を基にAIFVの設計を取り入れた独自派生形であるCM-21装甲兵員輸送車の後継となる装甲車の開発を開始した。

CM-32雲豹は2002年に開発が開始され、2007年には量産化にこぎつけ台湾軍への生産配備が始められている。

CM-32雲豹は近年開発された8輪式多目的装甲車の例にもれずモジュラー構造を採用しており、車体後部区画のモジュールを変更することで装甲兵員輸送車歩兵戦闘車、戦場救急車、指揮通信車、自走迫撃砲、戦車駆逐車、機動砲車両などさまざまな派生形を製造することが可能である。特に105mm砲を搭載した機動砲車両は、M41軽戦車の後継となることも予定されている。

機動砲車両型


乗員は、操縦手が車体前部左側に座り、リモコン銃塔左側に車長、右側に銃手が座る。兵員は車体後部の兵員室に6名分のシートがあり。固有乗員と下車戦闘兵員の合計一個機械化歩兵分隊9名を搭載できる輸送能力と共に91式40mm自動擲弾銃(224発)と同軸で74b式7.62mm機関銃(1400発)を搭載している。 陸軍の調達予定数652両。2012年度憲兵の調達数14両。

機械化步兵分隊の編制
下車戦闘組 第 1 組
分隊長 ( 組長兼 ) 91式5.56mm小銃
85式40mm擲弾発射器
軽機関銃手 ミニミ軽機関銃
対戦車ロケット弾手 91式5.56mm小銃
66式対戦車ロケット弾2本
第 2 組
組長 91式5.56mm小銃
85式 40mm擲弾発射器
軽機関銃手 ミニミ軽機関銃
対戦車ロケット弾手 91式5.56mm小銃
66式対戦車ロケット弾2本
甲車組
第 3 組
副分隊長 ( 車長兼 ) 91式5.56mm小銃
ダネルMGL 40mm擲弾発射器
自動擲弾銃手 91式5.56mm小銃
操縦手 91式5.56mm小銃

配備部隊[編集]

ウンピョウ装輪装甲車の配備単位
部隊単位 従属大隊 中隊数 定数
関渡指揮部
機步1大隊 3個 39両
機步2大隊 3個 39両
機步3大隊 2個 26両
機步4大隊 2個 26両
蘭陽指揮部
機步1大隊 3個 39両
機步2大隊 3個 39両
花東指揮部
機步大隊 3個 39両
台東指揮部
機步1大隊 3個 39両
機械化歩兵269旅団
機步1大隊 3個 39両
機步2大隊 3個 39両
機步3大隊 3個 39両
機械化歩兵234旅団
機步1大隊 3個 39両
機步2大隊 3個 39両
機步3大隊 3個 39両
機械化歩兵333旅団
機步1大隊 3個 39両
機步2大隊 3個 39両
機步3大隊 3個 39両
歩兵学校教導勤務大隊 - 第4中隊(教育訓練用) 1個 9両
装甲兵学校教導勤務大隊 4両
後勤学校(整備教育用) 2両
合計 652両
憲兵装甲239大隊 - 第1中隊(萬鈞小隊含む 14両編成)

平成25年5月28日に大統領の危機撤退計画である「萬鈞計画」を実施しました。 演習に参加した萬鈞小隊の隊列構成は、

隊列 車体番号
1台目
2台目
3台目
4台目
5台目
軍9-46023
軍9-46068(萬鈞1号車)
軍9-46026
軍9-46025
軍9-46052(萬鈞2号車)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]