飯井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飯井駅
飯井駅の待合室
飯井駅の待合室
いい - Ii
三見 (4.2km)
(6.4km) 長門三隅
所在地 山口県萩市大字三見字前水無4876
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 588.1km(京都起点)
電報略号 イイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
10人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1964年昭和39年)1月21日
備考 無人駅
日本海の見えるホーム

飯井駅(いいえき)は、山口県萩市大字三見字前水無にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

駅構造[編集]

長門市方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する高架駅停留所)。棒線構造のため、長門市方面行きと益田方面行きの双方が同一ホームに発着する。長門鉄道部管理の無人駅。駅舎は待合所兼用のもののみで、事実上直接ホームに入る形になっている。

集落の山側にあり、駅は斜面上のかなり高いところにある。駅まではかなり長いスロープを上る。

駅周辺[編集]

駅は山と海に囲まれた飯井という漁港集落にあり、ホームからは漁港の外に広がる日本海が一望できる。

すぐ近くを萩市長門市との市境である水無浴という川が流れる。集落は水無浴両岸にまたがっている(萩市三見飯井、長門市三隅中飯井)が、駅は川の萩側手前にある。集落としても萩市側の方が広い。

駅付近を山口県道64号萩三隅線が通過するが、集落の前後が狭隘であり、バス路線はない。集落においては山陰本線が唯一の公共交通機関となっている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 77
2000 31
2001 29
2002 23
2003 18
2004 17
2005 24
2006 20
2007 16
2008 12
2009 11
2010 12
2011 10
2012 10

歴史[編集]

当地出身の山口県議会議員(当時)河村定一衆議院議員河村建夫の父)の発案によって設けられた。

  • 1964年昭和39年)1月21日 - 国鉄山陰本線の三見駅 - 長門三隅駅間に新設開業。旅客営業のみ。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 2013年(平成25年)7月28日 - 豪雨災害により線路が被災し、一時当駅を含む益田駅 - 長門市駅間が運休。(奈古駅 - 長門市駅間については8月4日に、益田駅 - 須佐駅については11月9日に運行再開。)

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
三見駅 - 飯井駅 - 長門三隅駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]