梶栗郷台地駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梶栗郷台地駅
普通列車が停車中のホーム
普通列車が停車中のホーム
かじくりごうだいち - Kajikuri-Gōdaichi
安岡 (1.4km)
(1.1km) 綾羅木
所在地 山口県下関市綾羅木新町三丁目953-3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 669.6km(京都起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
413人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 2008年平成20年)3月15日
備考 無人駅(自動券売機 有)

梶栗郷台地駅(かじくりごうだいちえき)は、山口県下関市綾羅木新町三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

概要[編集]

1935年昭和10年)10月1日国有鉄道梶栗駅(かじくりえき)が山陰本線安岡駅 - 綾羅木駅間のほぼ中間地点に設置された。しかし、太平洋戦争中の燃料統制により、同線で使用されていたガソリン動車が使用できなくなり、1941年(昭和16年)8月10日廃止された。

その後平成期に入り綾羅木駅北部から新下関駅にかけての川中地区が下関市街地に近いニュータウンエリアとして注目を集め宅地開発が進み、約67年ぶりに駅が復活することとなり、2008年3月15日に開業した。ただし駅設置場所は旧駅とは異なる。駅設置決定時は旧駅名と同じ「梶栗駅」の仮称が与えられていた[1]が、近傍の綾羅木郷遺跡周辺の地名にちなみ「郷台地」の名称を後ろに付すことになった[2]

駅構造[編集]

幡生方面に向かって右側(西側)に単式ホーム1面1線を備えた地上駅停留所)。駅舎は設けられず、下関地域鉄道部管理の無人駅となっているが、ホーム上に自動券売機が設置されている。ホームの反対側にあたる駅東側に駅前広場が整備され、東側からは跨線橋を通じてホーム側へ廻ることができる。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 341
2009 398
2010 404
2011 412
2012 413

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
安岡駅 - 梶栗郷台地駅 - 綾羅木駅

脚注[編集]

  1. ^ JR西日本広島支社ニュース・2006年11月2日付より
  2. ^ JR西日本ニュース・2007年9月19日付より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]