戸田小浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸田小浜駅*
駅舎
駅舎
とだこはま - Todakohama
**益田 (9.8km)
(3.7km) 飯浦
所在地 島根県益田市戸田町596
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 524.3km(京都起点)
電報略号 コハ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
25人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1925年大正14年)3月8日
備考 無人駅
* 開業約8ヵ月後に石見小浜駅から改称。
** この間に米子支社広島支社境界あり(当駅から飯浦寄りは広島支社管内)

戸田小浜駅(とだこはまえき)は、島根県益田市戸田町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持ち、交換・待避・折返し設備を有する地上駅。駅舎は現存するが、無人駅長門鉄道部管理)であり、自動券売機等の設備はない。かつての駅事務室部分はコミュニティセンターとして再利用されている。駅舎は下り列車が発着する単式ホーム側にあり、益田方に島式ホームへの跨線橋がある。

戸田小浜駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
単式ホーム 山陰本線 下り 東萩長門市方面
島式ホーム 山陰本線 上り 益田浜田方面

案内上ののりば番号は設定されていない。なお、上り列車は、島式ホームの駅舎側の線路を使用し、島式ホームの反対側の線路(上下副本線のため、両方向の入線・発車に対応)は現在使用停止となっている。

駅周辺[編集]

  • 小浜海水浴場
  • 益田小浜郵便局
  • 益田市立小野中学校
  • 国道191号
  • 戸田柿本神社(駅には柿本人麻呂生誕の地という説明版がある)

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は25人である(2010年度)。2004年度は26人、1994年度は72人、1984年度は141人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 44
2000 37
2001 32
2002 28
2003 28
2004 26
2005 28
2006 29
2007 26
2008 28
2009 25
2010 25

歴史[編集]

  • 1925年大正14年)
    • 3月8日 - 国有鉄道山陰本線が石見益田駅(現・益田駅)から延伸し、その終着たる石見小浜駅として開業。客貨取扱を開始。
    • 11月1日 - 戸田小浜駅に改称。
  • 1927年(昭和2年)6月19日 - 山陰本線が飯浦駅まで延伸し、途中駅となる。
  • 1963年(昭和38年)2月1日 - 貨物取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 1990年平成2年)3月10日 - 無人駅になる[1]
  • 2013年(平成25年)7月28日 - 豪雨災害により線路が被災し、一時当駅を含む益田駅 - 長門市駅間が運休。(奈古駅 - 長門市駅間については8月4日に、益田駅 - 須佐駅については11月9日に運行再開。)

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
益田駅 - 戸田小浜駅 - 飯浦駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR気動車客車編成表』90年版 ジェー・アール・アール 1990年 ISBN 4-88283-111-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]