長岡天神駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長岡天神駅
駅舎(東口)
駅舎(東口)
ながおかてんじん - Nagaoka-tenjin
HK-76 西山天王山 (1.5km)
(1.9km) 西向日 HK-78
所在地 京都府長岡京市天神一丁目
駅番号 HK-77
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 31.7km(十三起点)
梅田から34.1km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
33,183*人/日
-2012年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月1日
備考 *平日の平均

長岡天神駅ながおかてんじんえきは、京都府長岡京市天神一丁目にある、阪急電鉄京都本線

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ、待避設備を備えた地上駅で、阪急電鉄初の橋上駅舎を有している。出入口は東西双方にある。東側出入口には上下エスカレーターが設置されているが西側は上りエスカレーターのみの設置である。エレベーターは東西双方の出入口に設置されている。改札口は1か所のみ。

以前は通過列車も多かったが、現行ダイヤでは土休日のみ運行される快速特急を除く全ての定期旅客列車が停車する。駅北側に渡り線があり、2013年12月20日までは平日朝・土休日夜には河原町方面との終着列車が設定されていた。また、早朝時間帯に梅田方面へ平日は当駅始発の快速が2本設定されている。

日中は、一つ手前と先の特急停車駅である桂駅高槻市駅で先着の準急(高槻市駅では、準急に加え、始発の普通梅田行きか天下茶屋行き)が後に到着する特急に緩急接続し、その間に位置する当駅では緩急接続を行わないので、待避線はほとんど使われない。朝夕時間帯は当駅始発や、普通・準急・堺筋準急(平日)・快速急行通勤特急(平日)・特急(土休日)が運行されるため、当駅でも緩急接続を行う。

のりば[編集]

1・2 京都本線(上り) 京都(河原町)嵐山方面
3・4 京都本線(下り) 大阪(梅田)天下茶屋北千里神戸宝塚方面

※内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線である。

Nagaoka-tenjin station 01.JPG
西口
阪急長岡天神駅ホーム.jpg
ホーム

利用状況[編集]

2012年平成24年)の平日1日平均乗降人員33,183人(乗車人員:16,698人、降車人員:16,485人)である[1]。阪急電鉄全体では、第26位。

近年の1日平均乗降・乗車人員は下記の通り[2]

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2007年(平成19年) 37,026 18,546
2008年(平成20年) 38,850 19,520
2009年(平成21年) 36,158 18,044
2010年(平成22年) 34,978 17,465
2011年(平成23年) 35,784 17,798

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 阪急長岡天神(西口から西へ徒歩2分ほど)
  • 阪急長岡天神南(東口から南へ徒歩3分ほど)
    • 阪急バス
      • 12系統 阪急長岡天神経由 免許試験場前行
      • 14系統 小泉橋方面
      • 16系統 阪急長岡天神行き

タクシーのりば[編集]

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)11月1日 - 新京阪鉄道高槻町(現・高槻市)駅 - 京都西院(現・西院)駅間延伸時に開業。
  • 1930年(昭和5年)9月15日 - 会社合併により京阪電気鉄道新京阪線の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の駅となる。
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 新京阪線が京都本線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1979年(昭和54年)3月5日 - 全ての急行(現在の快速急行)が停車するようになる(それまではラッシュ時の急行のみ停車)。
  • 2001年平成13年)3月24日 - 特急停車駅となる。
  • 2007年(平成19年)3月17日 - 通勤特急停車駅となる。

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急・直通特急
通過
特急・通勤特急・快速急行・快速
高槻市駅 (HK-72) - 長岡天神駅 (HK-77) - 桂駅 (HK-81)
準急・普通
西山天王山駅 (HK-76) - 長岡天神駅 (HK-77) - 西向日駅 (HK-78)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急電鉄 鉄道情報ホームページ 駅別乗降人員(上位50位)
  2. ^ 4.運輸・通信 3.阪急電鉄各駅乗降客数 (PDF)”. 長岡京市統計書(平成24年度版). 2013年12月28日閲覧。
  3. ^ オリジナル塗装の専用バスが運用されているが、検査の都合で代車での運行となる場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]