能島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

能島(のしま)は、瀬戸内海のほぼ中央、伯方島大島との間の宮窪瀬戸、鵜島の南西に位置する無人島愛媛県今治市(旧:越智郡宮窪町)に属する。

周囲720メートル、面積約2.5平方キロメートルの小島。属島として鯛崎島が南にある。

水軍の根拠地として[編集]

中世、村上水軍の一派、能島水軍(野島氏)が水軍城を設けた。この付近の海域は帆船時代、瀬戸内海航路の最も重要な航路の一つであった。しかも宮窪瀬戸の東側で能島と鵜島とが流れをさえぎるような位置関係であることから、干満時には激しい潮流を生み、渦巻く急流は天然の要害ともなった。このため、平時には通過する船に対して水先案内人として行きかう船を案内し、帆別銭(一種の通行料)を徴収、室町期以降この地に能島城を築き、この海域の制海権を掌握していた。能島城には本丸、二の丸、三の丸、出丸などがあり、中世の水軍城としても規模が大きいものであった。なお、能島には水が得られないことから、近傍の鵜島や木浦から補給していたとされる。

戦国末期、村上氏は豊臣秀吉との戦いに参戦したが敗北を喫し、秀吉の海賊停止令により、水軍の歴史は終わりを告げた。能島城は廃城となり、江戸時代以降無人島となったため、その城塞遺構はよく保存されている。

1953年国の史跡となり、1973年に愛媛県教育委員会は「能島水軍の里」を設置した。その後もたびたび文化財調査等が行なわれている。

観光の島として[編集]

能島の桜は1931年(昭和6年)に宮窪村(当時)の有志により、植えられた。桜満開の時期の週末には季節船が運航されており、花見客でにぎわう。また、村上水軍博物館の前から宮窪町漁業協同組合が主催する観光船が出され、能島付近の潮流体験が出来る。

参考サイト

http://www.noshima.jp/choryu

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度10分58秒 東経133度4分51秒 / 北緯34.18278度 東経133.08083度 / 34.18278; 133.08083