龍岡城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
龍岡城
長野県
龍岡城五稜郭[1]
龍岡城五稜郭[1]
別名 龍岡五稜郭、桔梗城
城郭構造 稜堡式
天守構造 なし
築城主 松平乗謨(大給乗謨)
築城年 1864-1867年
主な改修者 なし
主な城主 大給松平氏
廃城年 1871年
遺構 櫓、石垣、土塁、堀
指定文化財 国の史跡
位置 北緯36度11分45.83秒
東経138度30分5.58秒

龍岡城(たつおかじょう)は、長野県佐久市にある近代城郭跡龍岡藩の藩庁が置かれていた。日本に二つある五芒星形の西洋式城郭のうちの一つであり、もう一つの西洋式城郭である五稜郭から龍岡五稜郭桔梗城とも呼ばれている。国指定の史跡

歴史[編集]

信濃国三河国に領地を持つ三河奥殿藩の藩主だった松平乗謨(大給恒)は、幕末の動乱期に拠点を田野口に移すことを決める。開明派だった松平乗謨は洋式築城での設計を幕府に届け出て許可を得る。1864年元治元年)、築城を開始。完全な完成前に明治維新を迎えた。

総工費は当時の金額で4万円強と伝えられている。フランスの稜堡を取り入れているものの、胸壁が低く水堀も狭く、砲台も西方に一基しか無いため実戦には耐えられないと見られる。[独自研究?]内郭の中央に藩主宅と政庁があり、正門、通用門はそれぞれ東北、東南の凹面に、また非常門は西北と南南東の凹面に設けられていた。

現在城跡には佐久市立田口小学校が建っている。

遺構[編集]

稜堡式の石垣や水堀、御台所()が現存している。廃城後、城内のほとんどが農地転用され、御台所櫓は、農機具倉庫として使用後、地元有志によって小学校設立の際、校舎として活用され、築城当時と反対方向に移築された。

移築建造物としては、大広間が佐久市鳴瀬落合の時宗寺の本堂として、東通用口が佐久市野沢の成田山薬師寺の門として、それぞれ移築され現存している。また、薬医門と塀が市内の個人宅に移築されている。

大手門前には佐久市歴史の里五稜郭であいの館があり、龍岡城に関する資料を展示している。予約すれば、御台所櫓の内部見学も可能である。

アクセス[編集]

最寄り駅:東日本旅客鉄道(JR東日本)小海線臼田駅

※小海線には龍岡城駅が存在するが、駅から2km以上離れていて、城跡へは臼田駅の方が近い

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]