日本全国酒飲み音頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本全国酒飲み音頭(にほんぜんこくさけのみおんど)はコミックバンドバラクーダの曲。1979年にリリースされた。作詞:岡本圭司、作曲:ベートーベン鈴木

日本全国酒飲み音頭
バラクーダシングル
リリース 1979年12月1日
ジャンル ポップス
レーベル ドリームレコード (日本)
チャート最高順位
テンプレートを表示

曲の成り立ち[編集]

この曲の原型は、鈴木が知り合いの経営するスナックに居た時に耳にした、ディズニー映画『シンデレラ』の劇中歌『Bibbidi-Bobbidi-Boo』の替え歌である。歌っていたのは日本に来ていた留学生で、「1月は正月で...」の歌詞も既に存在していた。日本の行事を覚えるために留学生の間で代々伝承されていた歌であった。バラクーダはこの曲を早速ライヴにかけたところ大ウケし、レコード化に動くが、ディズニー側からクレームがつき頓挫。メロディーを鈴木が書き換え、岡本が2番の歌詞を付け加えた上で、改めてレコード化した。当初は自主レーベル「ドリームレコード」から発売したが、有線放送から人気に火が付き、東芝EMIが販売を請け負う事で一般の販売網に乗せられた[1]

概要[編集]

歌詞は何かしら理由をつけて「酒が飲めるぞ」という内容になっている。3カ月で72万枚のセールスを記録した。

1番は1月から12月まで、何かしら理由をつけて酒が飲めることを歌っている(1月:正月、2月:豆まき、3月:ひな祭りなど)。

2番は北は北海道から南は沖縄県まで、12の地方で何かしら理由をつけて酒が飲めることを歌っている(北海道:毛ガニ、秋田:キリタンポ、山形:サクランボなど)。登場する地方に合わせて、標準語で「酒が飲めるぞ」という歌詞の語尾が各地方の方言っぽい表現となっている。

ただし、1番と2番ともに歌詞が後半になるほど、理由がいい加減になっていく事(例:「11月は何でもないけど」「12月はドサクサで」「沖縄は行った事ないけど」など)が特徴である。

2003年には、阪神タイガースVerとして、歌手は、月亭八方桂きん枝蛍原徹FUJIWARA中川家島田珠代武内由紀子である。

2010年にはET-KINGがシングル『サクラサク』のカップリング曲としてこの曲をカバーしている。

やすきよ漫才「我が子の運動会」などで横山やすしがこの歌を歌う。

収録曲[編集]

  1. 全国酒飲み音頭
  2. うそつきおんな
    • 作詞: 岡本圭司、作曲: ベートーベン鈴木、編曲: 倉光薫

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ この項全て「ベートーベン鈴木インタヴュー」(『コミック・バンド全員集合!』ミュージックマガジン社 2006年 P120-121)より