吉備団子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉備団子(きびだんご)

吉備団子(きびだんご)は、岡山県(旧吉備国地域)の土産として有名な菓子の一種。江戸時代末期(19世紀中葉)に考案された[1]。昔はでこしらえたものだったかもしれないが[2]、現在に至る改良製品は、餅米の粉を混ぜて求肥を作り、これを整形して小さく平な円形(碁石形)に仕上げる。黍の粉を混ぜて風味づけするものもあるが、使わないものもある[注 1]

ただ黍団子との混同も生じやすい。岡山名物については、従来より桃太郎の黍団子と同一視して双方を「吉備団子」と呼び習わしてきた経歴がある[3]。また言葉の彩では、吉備国ないし吉備津神社で供された黍団子のことを洒落て「吉備団子」詠んだの文例なども、戦国期にさかのぼって見られる。

起源[編集]

岡山の名物菓子は、廣榮堂が安政(1854年-1859年)のはじめに考案したのというのが、説明として定文句となっている[4][注 2]。しかし、正確を期すならば、「廣榮堂の祖先」らが合作したものが先駆けであった[5][6][7]。この廣榮堂は、以後、廣榮堂本店と廣榮堂武田に分かれて現在に至っている[8]。郷土史家の岡長平の著書に詳しいが、それによると経緯は次のようなものである。

1855年(安政2年乙卯年)に岡山城下の町人が鳩首して、赤色のかきもち風の四角形の和菓子を茶請け用として製造した。うち1人は、岡山市古京町の唐津焼商売の名代の伴呂翁は[注 3]、廣榮堂を創立した武田家の一門(武田伴蔵の祖父)であった。この「かきもち状」の菓子は、嗜み用の非売品であったが、「無銘も如何かと、種々考えた結果、国称を付して《吉備だん粉(きびだん粉)》と名づけて吹聴」したのが今の吉備団子の起源である、と、ここまでが明治の風俗史研究家、紅の家お色(紅廼家お色)「きびだんご考」に記されているという[5][6][7]

最初は知人・親戚に配っていただけだが、本格的な商売にしたところ、城下町で評判となる。武田伴蔵(1901年に81歳で没)は「相歓堂」という店を構えて、妾に売らせていた[5][注 4]。ここで「少し細長い餡をかけた」黍製の団子を売っていたとの報告もあるが、ほんとうは「掻餅だろう」と岡長平は否定する[注 5]。「相歓堂」の女主人の死後、伴蔵の親族である廣榮堂の初代、武田浅次郎が商売を引継いだ[5]

今日の求肥製のやわらかい箱詰めの「きびだんご」になったのは、この武田浅次郎の代の出来事であると、西尾吉太郎(『山陽新報』創設者)談にある[5]。浅次郎自身の著書にも、明治維新以降になってから、四角(短冊形)だったものを、碁石2個ぐらいの丸形を箱に30個詰か50個詰にするよう改めた、としている[9]。求肥式の考案については、(元)備前池田藩家老で、茶人の伊木三猿斎(伊木忠澄が隠居後1869年に名乗った雅号。1886年没)の指導のもと、昔から吉備津神社にあった黍団子に着想して創り出されたという記述も見られる[10]

その後、1885年(明治18年)に明治天皇が岡山に行幸の際、旧池田藩の者から献上され、たいへん美味ということで「日本にふたつとあらぬ吉備団子/むべあじわいに名をえしや是」の一首を賜り、この御製を菓子箱に刷り込むようになった[10][11]

異説[編集]

異説としては、江戸初期に、吉備津神社の祭礼においての供え物を「御直会」と称して酒宴の席で関係者に振舞った慣例があり、その参拝土産品が、「吉備団子」に発展したという見解を、岡山大学教授であった谷口澄夫などが挙げている[12][13]

同じく岡山大学教授で吉備津神社宮司の家系である藤井駿は、『備中往来』や石井了節の『備中集成志大全』(1753年宝暦3年))において、吉備津神社門前町周辺で販売されたと紹介される「宮内飴」が吉備団子のヒントとなったのではないかと述べている[14][注 6]

日清・日露戦争[編集]

吉備団子を全国的に有名にしたのは、山陽鉄道日清戦争のための輸送を担ったことが大きく関係している[7][15][16]。当時山陽線は大本営が置かれた広島市まで開通していて、全国の兵士は山陽線を通って広島に集結し宇品港から戦地に向かった。この戦争の動員による人々の移動が「おみやげ」を生み出した[15]。戦地に赴く兵士たちが出征する際には、郷土の親戚や知人らが餞別を贈るが、運よく無事に凱旋した場合には、それらの人々に「おみやげ」を配ることになったのである[7][15]。廣榮堂の主人・武田浅次郎は、自ら広島宇品港へ出かけ、桃太郎の扮装で『日本一の吉備団子』ののぼりを立て彼らを出迎え、積極的な拡販策を展開した。武田は、対外戦争に鬼退治というイメージを重ね、帰還してきた兵士たちを桃太郎になぞらえた。吉備団子は、兵士たちの多くが通過する岡山駅という地の利と、鬼を成敗した桃太郎というイメージ戦略とが複合することで急成長し、岡山を代表する名物として全国へその名を馳せるようになった[7][15]

1897年(明治30年)ごろまでにおいて、12軒の「本舗」を名乗る土産店が現出した[17][12]。水廼家(水の家隆成)「日本一の吉備団子」(1901年)をみると、「廣榮堂の原料は、黍、糯、砂糖。山月堂は糯と砂糖」であって、山月堂の方は「黍」を使っていないので「かの日本一の吉備団子とは別物なりと自称」していた[18][5]

近況[編集]

室町時代に広まったとされる桃太郎の話と、和菓子としての吉備団子には直接的な関係はないが、岡山が地元を桃太郎伝説のふるさととして創出する一環として[19][注 7]、現在は、駅販売で双方をリンクさせた宣伝がされ、桃太郎の絵がパッケージに印刷された製品も店頭に並ぶ。

最近の製品は黍の割合がかなり低く、使用していない商品もある。また整形もオートメーション化されていることが多い。

同じく岡山県の特産品であるマスカットのシロップを包み込んだ「マスカットきびだんご」や、白桃のシロップを包み込んだ「白桃きびだんご」、吉備団子にきな粉をまぶした「きなこきびだんご」など、数種類のバリエーション商品がある。

B&Bの漫才の中で広島のもみじまんじゅうと共にネタの一つになっていた。

脚注[編集]

補注[編集]

  1. ^ 山月堂は「黍」を使っていないを謳ってきた。(後述)
  2. ^ なお、志田 1941, 『日本の伝説と童話』、312頁は、廣榮堂から得た情報として、1853年嘉永6年)頃に作り始められ、1855年安政2年)頃に吉備団子の名が付いたことを紹介している。
  3. ^ 2人目は、岡山市・旧高砂町信楽焼商売の名代で[5]同じ滋賀県物産である伊吹山のモグサも商っていたらしい[6][7]。3人目は、岡山市紙屋町の笹野一方(篠野一方とも。通称「腮鬚長(あぎとのひげなが) 」)という狂歌師[6][7]
  4. ^ 岡長平の記述:「この相歓堂は、「武伴」の隠居〈十代目武田伴蔵秀治(明治34年[1901年]歿、年81)〉の雅号で妾に商売さしてたことが判っ た(福田梅子刀自聞書)」[5]
  5. ^ 岡長平は、まず黍の団子では(まずくて日持ちがしないから?)商売には不向きだし、土産用にならないとする。また、歌人藤原忠朝(1893年没)が書いた相歓堂の宣伝を読んでも掻き餅だと判るとする。[5]
  6. ^ しかし藤井駿は、今となっては宮内飴のレシピがわからないことなどから、自らこの考えを論拠が曖昧であるともしている。
  7. ^ 吉備津神社で祭られている大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)が桃太郎だったという説もある。

出典[編集]

  1. ^ 新村, 出, ed (1991). 広辞苑 (4版 ed.). "【吉備団子】求肥(ぎゆうひ)を..丸め、白砂糖をまぶした団子.." )
  2. ^ 西川五郎、大井次三郎 (1965)、平凡社『世界百科事典』5:694 「きび」の項。「岡山名産のキビだんごは、..」
  3. ^ Kahara 2004, p. 43 "When used to refer to a local specialty of Okayama, [K]ibi-dango has always meant both millet dumplings of the Momotaro story and a dumpling of the Kibi region"
  4. ^ 吉備団子, , 日本大百科全書 (小学館), (2001) 
  5. ^ a b c d e f g h i 岡 1986, pp. 142-144
  6. ^ a b c d 市川俊介 『おかやまの桃太郎』233巻 日本文教出版〈岡山文庫〉、2005年、83-85頁http://books.google.co.jp/books?id=ojjjAAAAMAAJ 
  7. ^ a b c d e f g きびだんご・和菓子 廣榮堂本店:廣榮堂のきびだんご150年のあゆみ 廣榮堂本店、2013年5月3日閲覧。
  8. ^ Kahara 2004, 42頁、脚注8
  9. ^ 武田 1895, p. 3
  10. ^ a b 太郎良裕子 『岡山の和菓子』209巻 日本文教出版〈岡山文庫〉、2001年、33頁http://books.google.co.jp/books?id=Gv2xAAAAIAAJ 
  11. ^ 武田 1895
  12. ^ a b 谷口澄夫 『岡山県の歴史』児玉幸多監修 山川出版社〈<県史シリーズ>〉、1970年、64頁http://books.google.co.jp/books?id=Gv2xAAAAIAAJ  ; 1984年、付録46頁。
  13. ^ 市川俊介 『おかやまの桃太郎』233巻 日本文教出版〈岡山文庫〉、2005年、83-85頁http://books.google.co.jp/books?id=ojjjAAAAMAAJ 
  14. ^ 藤井駿 『吉備地方史の研究』 山陽新聞社、1980年、91-92頁。
  15. ^ a b c d 鈴木勇一郎 『おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史』 講談社、2013年、47-52頁
  16. ^ Kahara, Nahoko (2004). “From Folktale Hero to Local Symbol: The Transformation of Momotaro (the Peach Boy) in the Creation of a Local Culture”. Waseda Journal of Asian Studies 25: 35-. http://books.google.co.jp/books?id=ExAOAQAAMAAJ. 
  17. ^ 岡 1986, pp. 144。『山陽新報』に拠った市勢統計。
  18. ^ 水廼家, 隆成 (1901). “日本一の吉備団子”. 風俗画報 238. NDLJP:1579667
  19. ^ 加原 2011, p. 150、"現在,岡山の桃太郎伝説の三大根拠とされるのが,名物の吉備団子⑸と桃、そして、吉備津彦命の温羅退治伝説である"

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]