平松大志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平松 大志 Football pictogram.svg
名前
愛称 マツ[1][2]
カタカナ ヒラマツ ダイシ
ラテン文字 HIRAMATSU Daishi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年7月3日(31歳)
出身地 栃木県
身長 177cm
体重 70kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足[2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 水戸ホーリーホック 92 (4)
2009-2013 FC東京 8 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平松 大志(ひらまつ だいし、1983年7月3日 - )は、栃木県出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(主にセンターバック(CB)[2])。

来歴[編集]

帝京高校を経て、中央大学に進学。サッカー部では主将を務めた[3][2]。同期に天羽良輔田中翔太小林優希

2006年水戸ホーリーホックへ入団[4]。同年5月14日東京V戦でデビュー。DF陣の故障者が続出する中、足を痙攣させながらも粘り強い守備で[5]勝利に貢献した[6]。持ち前のスピードと対人の強さを発揮し[2]、水戸のホーム笠松運動公園陸上競技場では「アイアンボディー」とアナウンスされた。 2007年4月25日湘南戦において、ヘディングで競った着地時に右腕を脱臼し、約1ヶ月半離脱。復帰以後はフル出場を続けた。この年はJリーグ選手協会支部長を務めた[7]

2008年からは守備のリーダー[8]並びに、チームのキャプテンを務め、守備の要として活躍[9]5月18日のJ2第14節愛媛戦で、Jリーグ初得点を挙げた(この得点が決勝点となり1-0で勝利。)[10]。この年の活躍がFC東京から評価され[3]獲得のオファーを受けると、選手としてさらに成長するために移籍を決意[11]

2009年よりFC東京に移籍[12][13]。CBとして対人プレーやインターセプトに自信を見せ[11]、同年の開幕戦でのスタメンに抜擢された。J1初出場となったが、チームは大敗[14]。平松自身も致命的なパスミスをしてしまった[15]こともあって、早々に控えに追いやられた。一度は自信を失うも[16][17]、DF今野泰幸が日本代表招集によってチームを離れたことを機に[17]カップ戦で先発出場の機会を得る。予選リーグ終盤の3試合にフル出場し[18]、決勝トーナメント進出に貢献した。シーズン終盤には、相手のサイド攻撃を封じるべくサイドでも起用された[19]ナビスコカップ決勝戦では右サイドのMFとして途中投入され[20]、無失点勝利に貢献。プロ入り後の初タイトルを掴んだ。課題とされたビルドアップの向上に努め[21]、第33節神戸戦でリーグ戦スタメン復帰[22]。CBとして無失点に抑えるとともにJ1での初得点を挙げ[23]、共に控え組として苦闘していた藤山竜仁浅利悟[1]の退団セレモニーを勝利で飾った。

2010年は今野、森重真人に次ぐ第3のCBとして、シーズン開幕からカップ戦を含む全試合にベンチ入りしていたが(森重が先発出場しなかった2試合にフル出場)[24][25]、4月25日の練習試合でアキレス腱を断裂し、長期離脱を強いられた。同じく長期の負傷離脱となっていたチームメートの米本拓司は、辛いリハビリ期間中に平松が励ましてくれたことは特に大きかったと述懐している[26][27]。翌2011年もリハビリが続き[28]2012年4月に入り全体練習に合流[29]。6月9日の練習試合で対外試合に復帰したが[30]、同月20日の練習中にアキレス腱付着部を部分断裂し再離脱となった[31]

2013年夏場にかけて再合流[32][33]。同年10月6月の練習試合で好プレーを見せ[34]、同月13日に行われた天皇杯3回戦千葉戦において、公式戦としては約3年半ぶりにベンチ入りを果たした[35]。完調には至らないながらも[36][37]続く4回戦の大宮戦に途中出場し、3年半ぶりの公式戦出場を記録した[36]。これが最後の出場となり、シーズン終了後に現役引退を表明[37]。なお、自身の勝利パフォーマンスは吉本一謙へ引き継がれた[38][36]

2014年7月より株式会社ドームに勤務[39]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 水戸 3 J2 13 0 - 1 0 14 0
2007 41 0 - 2 0 43 0
2008 38 4 - 2 0 40 4
2009 FC東京 15 J1 7 1 5 0 3 0 15 1
2010 1 0 1 0 0 0 2 0
2011 J2 0 0 - 0 0 0 0
2012 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 0 0 0 0 1 0 1 0
通算 日本 J1 8 1 6 0 4 0 18 1
日本 J2 92 4 - 5 0 97 4
総通算 100 5 6 0 9 0 115 5
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 15 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『FC東京ファンブック 2010』 アサヒオリジナル2010年、45頁。
  2. ^ a b c d e 選手データベース - ウェイバックマシン(2007年10月23日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  3. ^ a b J2水戸のDF平松獲り 東京中日スポーツ (2008年12月7日)
  4. ^ 平松大志選手 新規加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年1月31日アーカイブ分) 水戸ホーリーホック (2006年1月15日)
  5. ^ J2:第15節 東京V vs 水戸 レポート J's GOAL (2006年5月14日)
  6. ^ a b 公式記録 2006Jリーグ ディビジョン2 第15節 第1日 Jリーグ (2006年5月14日)
  7. ^ 役員名簿 (2007) 日本プロサッカー選手会
  8. ^ J2 9月度 J'sGOAL月間MIP J's GOAL (2009年10月8日)
  9. ^ 【ひかりTV連動企画】J2 9月度MIP受賞インタビュー 平松大志選手 (水戸) J's GOAL 2008.11.04
  10. ^ a b 公式記録 2008Jリーグ ディビジョン2 第14節 第2日 Jリーグ (2008年5月18日)
  11. ^ a b 平松大志がCB争い殴り込み 東京中日スポーツ 2009.01.30
  12. ^ DF 平松大志選手 FC東京へ完全移籍 - ウェイバックマシン(2009年3月10日アーカイブ分) 水戸ホーリーホック (2008年12月30日)
  13. ^ 平松大志選手 完全移籍加入決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2009年1月9日アーカイブ分) FC東京 (2008年12月30日)
  14. ^ a b 公式記録 2009Jリーグ ディビジョン1 第1節 第1日 Jリーグ (2009年3月7日)
  15. ^ 【J1:第1節 F東京 vs 新潟】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2009年3月7日)
  16. ^ 平松レギュラー戦線再名乗り サテライト鹿島戦でゴール 東京中日スポーツ (2009年4月20日)
  17. ^ a b 佐原&平松 先発復帰だ 東京中日スポーツ (2009年5月30日)
  18. ^ 選手出場記録 FC東京 2009Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Jリーグ (2009年6月13日)
  19. ^ 【J1:第30節 清水 vs F東京】レポート J's GOAL (2009年10月26日)
  20. ^ 川崎がナビスコ杯決勝で敗れた理由 nikkei.com (2009年11月6日)
  21. ^ 平松 8カ月ぶり先発 CBで大久保封じ 東京中日スポーツ 2009.11.27
  22. ^ 東京平松が神戸戦で久々スタメン出場へ 日刊スポーツ (2009年11月26日)
  23. ^ a b 公式記録 2009 Jリーグ ディビジョン1 第33節 第1日 Jリーグ (2009年11月28日)
  24. ^ 選手出場記録 FC東京 2010Jリーグ ディビジョン1 Jリーグ (2010年12月4日)
  25. ^ 選手出場記録 FC東京 2010Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Jリーグ (2010年6月9日)
  26. ^ 若き青赤選手の日記 - ウェイバックマシン(2011年8月11日アーカイブ分) FC東京 2010.9.11
  27. ^ 「FOOT VOICE」米本拓司 週刊サッカーダイジェスト1084号 2010.11.9
  28. ^ 【J2:第37節 FC東京 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント J's GOAL 2011.11.26
  29. ^ 平松 サッカーできて幸せ 東京中日スポーツ 2012.04.26
  30. ^ 平松 766日ぶり対外試合 東京中日スポーツ (2012年6月9日)
  31. ^ 平松がアキレスけん手術 東京中日スポーツ (2012年7月30日)
  32. ^ 平松 1年ぶりフルメニュー 東京中日スポーツ (2013年6月12日)
  33. ^ 河野広貴、全体練習に合流、平松大志も大きな一歩を刻む blogola (2013年9月12日)
  34. ^ 平松 ケガから復帰後初ゴール 東京中日スポーツ (10月7日)
  35. ^ 公式記録 (PDF) 日本サッカー協会 (2013年10月13日)
  36. ^ a b c 平松大志が引退。「心残りは“エア乾杯”ができなかったこと。ある一人の選手に託します」 blogola (2013年12月30日)
  37. ^ a b 平松大志選手 現役引退のお知らせ FC東京 (2013年12月30日)
  38. ^ ヤマザキナビスコカップ 【F東京 vs 鹿島】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2014年3月19日)
  39. ^ daishi.hiramatsuのツイート (535081123283989) (2014年6月30日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]