帯広貨物駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帯広駅 (貨物駅)から転送)
移動: 案内検索
帯広貨物駅
帯広貨物駅(2009年7月)
帯広貨物駅(2009年7月)
おびひろかもつ - ObihiroKamotsu
K29 西帯広 (2.6km)
(0.6km) 柏林台 K30
所在地 北海道帯広市西20条南1丁目
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 根室本線
キロ程 176.0km(滝川起点)
電報略号 オロカ
駅構造 地上駅
ホーム なし
開業年月日 1968年昭和43年)10月
備考 貨物専用駅・旅客乗降不可能
1977年の(貨物)帯広駅と周囲約1km×1.5km範囲。右が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

帯広貨物駅(おびひろかもつえき)は、北海道帯広市西20条南1丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線貨物専用駅である。

2011年(平成23年)3月12日のダイヤ改正をもって、帯広駅(おびひろえき)から改称された[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

3面5線のコンテナホームを有する地上駅。ホームは南北に並び、その最も北側のホームは上屋付の貨物ホームである。着発線は単線の本線の北側に2本あり、その北側には9本の仕分け線がある。着発線と仕分け線は下り方面と上り方面へ伸びるの引き上げ線で繋がっている。なお、コンテナ荷役線は下り引き上げ線に接続している。

駅構内には、営業窓口のJR貨物帯広営業支店や北海道農産品ターミナル帯広営業所(倉庫)、日本通運の倉庫がある。かつては日本飼料ターミナル飼料サイロもあったが、1980年代に廃止された。

駅の東側にはJR北海道の柏林台駅があるが、同駅には交換設備がないため当駅で旅客列車の交換を行うことがある。構内南側には帯広運転所があり、一部の普通列車は当駅で運転士交代のために運転停車する。かつては札幌行きの上り特急まりも」も運転停車を行っていた。気動車の留置線・給油設備もあり、気動車への給油・夜間滞泊に使用される。

駅構内の入換作業は、本線での列車牽引も行うDD51形DF200形ディーゼル機関車が担当している。

帯広市産業開発公社専用線 (廃止)[編集]

かつて当駅から根室本線に並行して、大成駅付近にある日本甜菜製糖芽室製糖所の手前までを結ぶ路線(第2線)と、その途中、西帯広駅付近から分岐する路線(第2工業団地線)がある。両線とも帯広市産業開発公社が保有し、十勝鉄道が運行管理していた。

これらの路線は通路線として機能しており、別の専用線が分岐する。第2線の終端には日本甜菜製糖芽室製糖所への専用線が接続、第2工業団地線には日本オイルターミナル帯広営業所への専用線が接続していた。かつては、第2工業団地線からジャパンエナジー西帯広油槽所(既に閉鎖)や芽室町営の専用線が分岐し、さらに芽室町営線からはホクレンくみあい飼料帯広工場や出光興産の油槽所への専用線が分岐していた。なお、当駅から芽室製糖所までは約4.9kmあり、これは第一種鉄道事業者である芝山鉄道紀州鉄道より長い距離をもつ専用線であった。

また、かつては第1線も存在していた。この専用線からは、JA帯広かわにし西帯広事業所や、付近の木材工場への専用線が分岐していた。

しかし、日本オイルターミナル帯広営業所の廃止に伴い、専用線を十勝鉄道1社のみで維持することがコスト的に困難であることから、2012年5月31日をもって廃止されることとなった[2]。 オイルターミナル機能は釧路に集約することになった。

取扱う貨物の種別[編集]

当駅はコンテナ貨物と専用線発着の車扱貨物の取扱駅である。

コンテナ貨物は、JR規格の12フィート・20フィート・30フィートコンテナ、ISO規格の20フィート海上コンテナを取り扱う。このほか、日本甜菜製糖専用線を発着するコンテナ(主に12フィートコンテナ)も取り扱っている。取扱品は、発送貨物では野菜砂糖乳製品など、到着貨物では、積合せ貨物、食品化学工業品などが主なものである。また、産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、これらが入ったコンテナの取り扱いも可能。

車扱貨物は、日本オイルターミナル帯広営業所の専用線を発着する、ガソリンなどの石油類を取り扱っていたが、2013年5月31日をもって釧路新富士駅に統合され廃止された。

貨物列車[編集]

2013年(平成25年)3月16日現在)

高速貨物列車
下り列車(釧路貨物駅方面行き)は1日6本停車する。うち3本は当駅終着で、残りの3本は釧路貨物駅行きである。
上り列車(札幌貨物ターミナル駅方面行き)は1日8本停車する。うち当駅終着が2本、当駅始発が5本である。行き先は札幌貨物ターミナル駅が3本、苫小牧貨物駅隅田川駅吹田貨物ターミナル駅への列車が1本ずつ設定されている。

このほか、臨時列車も設定されている。

駅周辺[編集]

周辺は国道沿いには柏林台駅、郊外店、そのほかには住宅や団地が広がる。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
西帯広駅 (K29) - 帯広貨物駅 - 柏林台駅 (K30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「MONTHLYかもつ」2011年3月号 VOL.61(鉄道貨物協会)19ページ
  2. ^ “十勝鉄道廃路、私鉄の歴史に幕”. WEB TOKACHI. (2012年5月23日). http://www.tokachi.co.jp/news/201205/20120523-0012633.php 2012年5月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]