東庶路信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東庶路信号場
信号場看板(2005年6月)
信号場看板(2005年6月)
ひがししょろ - Higashi-Shoro
K49 庶路 (5.2km)
(5.2km) K50 大楽毛
所在地 北海道白糠郡白糠町コイトイ
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 293.8km(滝川起点)
電報略号 ヒヨ
駅構造 地上
ホーム 3線
開業年月日 1966年(昭和41年)9月27日
1977年の東庶路信号場と周囲約750m範囲。右が根室方面。恋問浜に沿って敷かれた長い直線区間に設けられ、有効長が750mになる3線構造を持つ。安全側線は釧路側にのみ設置されている。写真では何れも釧路方向に向かうDD51と思われるDLに率いられた貨物列車が、中央と北側の2線に停車している。後に北側の釧路側、丁度先頭DLが停車している辺りから帯広方へ分岐する短い保線車用待機線が設けられた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

東庶路信号場(ひがししょろしんごうじょう)は、北海道白糠郡白糠町コイトイにある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線信号場である。

信号場の構造[編集]

3線を有する単線行き違い・追い抜き形の信号場。南側にある本線が一線スルー化されている。交換だけでなく、上下線とも追抜き可能。上下の普通列車の交換中に、本線を特急列車が通過する光景も見られる。

建物(2005年6月)
直線が続く構内(2005年6月)

信号場の周辺[編集]

釧路白糠工業団地にあるため周囲に工場が多く立地している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
庶路駅 (K49) - (東庶路信号場) - 大楽毛駅 (K50)

参考文献[編集]


※このページは「ウィキプロジェクト-鉄道」のフォーマットを改変して作成しています。