新得駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新得駅
新得駅舎 (2009年4月)
新得駅舎 (2009年4月)
しんとく - Shintoku
所在地 北海道上川郡新得町本通北1丁目
駅番号 K23
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
電報略号 トク
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
290人/日(降車客含まず)
-2011年度-
開業年月日 1907年明治40年)9月8日
乗入路線 2 路線
所属路線 根室本線
キロ程 136.3km(滝川起点)
T37 落合 (28.1km)
(9.1km) 十勝清水 K24
所属路線 石勝線
キロ程 132.4km(南千歳起点)
K22 トマム (33.8km)
備考 社員配置駅
みどりの窓口 有
新得駅
しんとく - Shintoku
新内 (11.1km)
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 根室本線(旧線)
廃止年月日 1966年昭和41年)10月1日
備考 線路付け替えにより廃止。
新得駅
しんとく - Shintoku
(1.4km) 南新得
所属事業者 北海道拓殖鉄道
所属路線 北海道拓殖鉄道線
キロ程 0.0km(当駅起点)
開業年月日 1928年(昭和3年)12月15日
廃止年月日 1968年(昭和43年)10月1日
備考 路線廃止による。
駅改札口(2009年4月)
電光掲示板が設置されている。
ホーム(2011年8月)
1977年の新得駅と周囲約1km×1.5km範囲。下が釧路方面。駅裏にかつての狩勝峠越え補機用蒸気機関車用の転車台と扇形車庫が残る。上端にはトンネルへ入る新線横に、迂回してそのまま狩勝峠へ北上する旧線跡が見える。駅舎横帯広方面に三角状の貨物ホームを持つが、その本線側には細く短いホームが見える。このホームの駅表側(貨物ホーム側)に、かつて北海道拓殖鉄道が乗り入れており、本線と並行して南に下る軌道跡が見えるが、写真下端にあった同線の南新得駅を経て東へ向かっていた。この駅は小さいながらも転車台を持つ機関庫を持っていて、周囲には職員住宅も有り、拓殖鉄道の中核駅であった。現在、南新得駅跡は拓鉄公園として整備されている。
この後、千鳥状に駅北側にずれた1番線ホームは、貨物ホーム撤去後に北側が削られて南側に伸ばされ、同位置の相対式ホームとなった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

新得駅(しんとくえき)は、北海道上川郡新得町本通北1丁目53にある北海道旅客鉄道(JR北海道)のである。駅番号K23電報略号トク

根室本線所属線としており[1]石勝線を加えた2路線が乗り入れる。石勝線は当駅が線路名称上の終点であるが、実際に根室本線と合流するのは上落合信号場である。そのため、上落合信号場 - 当駅間は両路線の重複区間であるが、この区間の途中には駅が存在しないため、当駅が旅客扱い上の合流・分岐駅として機能している。

駅構造[編集]

  • 2面3線のホームがある。下り本線が駅舎側の1番のりば、上り本線が2番のりばとなっているが、上下列車とも全ての線路を使用可能となっている。この他、留置用の側線が数本あり、普通列車用の車輌が停泊している。
  • 特急列車は「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」が全便停車する。交換時を除き1番のりばに停車する。
  • 社員配置駅。みどりの窓口(営業時間は5時20分から21時30分まで)・キヨスク設置。また夏季のみ駅レンタカーも営業する(事前予約貸出のみ)。
  • 駅舎内に立ち食いそば店と新得町商工会が入居する。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は290人である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
1985 340
1986 340
1987 347
1988 367
1989 385
1990 380
1991 400
1992 387
1993 385
1994 374
1995 365
1996 355
1997 352
1998 352
1999 362
2000 348
2001 361
2002 360
2003 350
2004 330
2005 310
2006 300
2007 366
2008 310
2009 307
2010 304
2011 290


駅名の由来[編集]

  • 北海道旅客鉄道釧路支社に因るとアイヌ語の「シリ・トク→シントク(山の突起)」に因るものだという。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 新得駅前
    • 北海道拓殖バス
      • 新帯線(新得市街-新得駅前-屈足市街-鹿追-帯広駅前) ※一部土日祝日運休
      • 屈足線(新得市街-新得駅前-屈足市街-くったり温泉) ※学校休校日運休
      • 部活線(新得高校-新得駅前-屈足市街) ※新得高校の課外授業がある日のみ運行
      • 通院線(新得市街-新得駅前-屈足市街) ※祝日を除く火曜日と金曜日のみ運行
      • 上佐幌線(新得駅前=上佐幌20号) ※学校休校日運休
    • 新得町コミュニティバス「そばくる」※北海道拓殖バスに運行委託
      • 新得市街地線西地区(サホロクリニック、つつじが丘団地、若草団地など) ※日曜・祝日と年末年始(12月31日~1月3日は運休)
      • 新得市街地線東地区(保健福祉センターなごみ、公民館、新得診療所、けいら整形外科など) ※日曜・祝日と年末年始(12月31日~1月3日は運休)
      • 屈足地区線(あいの郷ふれあい、屈足総合会館など) ※日曜・祝日と年末年始(12月31日~1月3日は運休)
  • 新得役場前

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
落合駅 (T37) - (上落合信号場) - (新狩勝信号場) - (広内信号場) - (西新得信号場) - 新得駅 (K23) - 十勝清水駅 (K24)
石勝線
トマム駅 (K22) - (串内信号場) - (上落合信号場) - (新狩勝信号場) - (広内信号場) - (西新得信号場) - 新得駅 (K23)
  • 根室本線と石勝線は上落合信号場にて合流。
  • なお、石勝線・当駅 - 新夕張駅間は特急列車のみの運行である。そのため、同区間内相互乗車で、特急の自由席に乗車する場合に限り、特急料金が不要になる特例がある。

かつて存在した路線[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線(旧線)
落合駅 - 狩勝信号場 - 新内駅 - 新得駅
北海道拓殖鉄道
北海道拓殖鉄道線(廃止)
新得駅 - 南新得駅

その他[編集]

テレビドラマ北の国から '95秘密」に登場した。黒板五郎の長女・蛍が富良野に住む五郎の長男・純のもとへ金を借りに来た後、釧路行きの夜行列車おおぞら号に乗るために純に車で送ってもらったのが夜半の当駅だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ a b c d e f g h i j k 新得町百年史 平成12年1月発行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]