紀州鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀州鉄道株式会社
Kishu Railway Co.,Ltd.
Kishutetsudohonsha.jpg
紀州鉄道本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 紀鉄(きてつ)
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:101-0061
東京都千代田区三崎町2-9-2
鶴屋総合ビル2F
設立 1928年12月24日
業種 陸運業
事業内容 不動産事業、リゾート施設運営業、鉄道事業他
代表者 代表取締役社長 田中慶一
資本金 1億6,000万円
主要株主 鶴屋産業株式会社 47.3%
鶴屋商事株式会社 17.8%
他(2013年3月31日現在)
外部リンク www.kitetsu.co.jp/
特記事項:鉄道事業部事務所は和歌山県御坊市薗275(紀伊御坊駅)に所在
テンプレートを表示

紀州鉄道株式会社(きしゅうてつどう、英語:Kishu Railway)は、不動産業・ホテル業・鉄道事業を営む日本企業である。鶴屋産業の系列企業で、本社は東京都千代田区にある。

概要[編集]

鉄道路線として和歌山県御坊市紀州鉄道線を運営している。紀州鉄道線を建設したのは御坊臨港鉄道で、国鉄紀勢西線から離れた御坊市街地との連絡を目的に1928年に設立され、鉄道を1931年に開業した。当初から経営は厳しく、戦後も風水害などの被災やモータリゼーションの進展によって、1960年代には廃止の危機に追い込まれていた。

1972年には、磐梯急行電鉄(1968年倒産、1969年鉄道廃止)の旧経営陣が設立した東京の磐梯電鉄不動産が「鉄道会社の不動産部門」という信用を得るため、また「鉄道会社」というネームバリュー獲得のため[1]御坊臨港鉄道を約1億円で買収した。

翌年1月、御坊臨港鉄道は「紀州鉄道」と社名を変更した。この際、新会社を設立した上で事業譲渡した形をとったため、厳密にいえば両者は法人格を異にする。なお、紀州鉄道では「1928年設立の御坊臨港鉄道が自社の起源である」としている。

その後、1979年には不動産・リゾート開発を営む鶴屋産業の傘下に入り、現在に至るまでリゾート開発を軸とする不動産業を主力部門としており、鉄道事業収益の割合は微少で実態は不動産会社となっている。

ホテル・リゾート事業[編集]

日本各地に「紀州鉄道」を名前に冠したホテルを展開しており、関連会社の紀鉄ホテルが運営している。

また、群馬県嬬恋村との共同出資で第三セクター会社のパルコール嬬恋を設立し、「パルコール嬬恋ゴルフコース」やスキー場「パルコール嬬恋スキーリゾート」を運営している。

そのほか、長野県軽井沢塩嶺高原別荘の分譲・管理事業や、関連会社の紀州鉄道不動産による会員制リゾート事業、紀鉄航空サービスによる旅行会社事業(東京都知事認可第2種旅行業)を行っている。

鉄道事業[編集]

保有する鉄道路線は、和歌山県御坊市内にある紀州鉄道線御坊駅 - 西御坊駅間2.7kmのみである。1989年4月1日に末端区間の西御坊駅 - 日高川駅の0.7kmが廃止され、全列車のワンマン化が実施されている。2010年の営業係数は367.8であり、現存する日本国内の鉄道では最も悪い数値であるものの、廃止の話は全くない[2]。また、「学門駅入場券」など記念切符・記念グッズの販売も行っている。

かつては「日本一のミニ鉄道」を称していたが、2002年に日本一保有する路線が短い鉄道事業者の座を千葉県芝山鉄道に明け渡した。ただし、芝山鉄道は延伸の計画がある。このため、「日本一短い単線鉄道」[3]といった言い回しをとっている。

路線[編集]

車両[編集]

2010年4月時点で、気動車2両が在籍する。

  • キテツ1形(キテツ1, 2)

その他[編集]

2003年7月まで西御坊駅で使われていた「回転式乗車券箱」が、鉄道博物館の収蔵資料となっている。

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺田裕一『データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2002年、p.140
  2. ^ 紀州鉄道 運営難で5往復減便 - 日高新報、2010年9月5日。
  3. ^ 集めてみました日本一 和歌山県WEBガイドブック

参考文献[編集]

  • キテツ1型:月刊「鉄道ファン」2004年11月号(通巻 523号)92・93ページ

外部リンク[編集]