布引の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
布引の滝
Odaki, from the Nunobiki Falls.jpg
雄滝と滝壺
位置 北緯34度42分35秒 東経135度11分37秒 / 北緯34.70972度 東経135.19361度 / 34.70972; 135.19361座標: 北緯34度42分35秒 東経135度11分37秒 / 北緯34.70972度 東経135.19361度 / 34.70972; 135.19361
所在地 兵庫県神戸市中央区
落差 (雄滝)43m
水系 生田川
テンプレートを表示

布引の滝(ぬのびきのたき)は神戸市中央区を流れる布引渓流名水百選)にある4つのの総称。日本三大神滝のひとつ。布引滝とも表記する。名瀑として知られる古来からの景勝地である。

またかつて役小角が開いた滝勝寺修験道行場として下界とは一線を画する地であったが、現在は渓流沿いおよび布引山森林浴の森100選)一帯から滝を経て布引ハーブ園へと至る遊歩道が整備され、鉄道駅からも気軽に立ち寄ることができるようになっている。

概要[編集]

六甲山の麓を流れる生田川の中流(布引渓流)に位置し、上流から順に、雄滝(おんたき)、夫婦滝(めおとだき)、鼓滝(つつみだき)、雌滝(めんたき)からなる。栃木県日光市華厳滝和歌山県那智勝浦町那智滝とともに三大神滝とされ、日本の滝百選に選ばれている。

雄滝
雌滝
夫婦滝
鼓滝

平安時代の歌集『伊勢物語』や『栄花物語』をはじめ、古くから宮廷貴族たちが和歌に詠むなど多くの紀行文や詩歌で紹介される文学作品の舞台となっている。 生田川下流流域には、布引の滝を詠んだ和歌にちなんで名付けられた地名がある。

  • 雄滝 - 高さ 43m、滝壺は面積430m²、深さ6.6m、滝の横には5箇所の甌穴(最大のもので10畳大)があり、竜宮城に続いているという伝説がある。
  • 夫婦滝 - 高さ 9m
  • 鼓滝 - 高さ 8m
  • 雌滝 - 高さ 19m

代表的な文学作品[編集]

所在地[編集]

〒651-0058 兵庫県神戸市中央区葺合町

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

備考[編集]

「布引の滝」あるいは「布引滝」と名付けられた同名の滝は、ほかに多数ある。以下に例として挙げる。

文献[編集]

  • ファラ・ディビッド編著『布引の滝のうた 詩歌・和歌・俳句』(The poems of Nunobiki Falls)審美社、2003年11月、ISBN 4788370786
    • 英文を併記

脚注[編集]

  1. ^ 布引三十六歌碑(神戸市中央区 @ 神戸市。歌碑の歌一覧として、全36首および番外2首、さらに句碑1句を収録)

外部リンク[編集]