ナギーブ・マフフーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナギーブ・マフフーズ
Necip Mahfuz.jpg
誕生 1911年12月11日
エジプト、カイロ
死没 2006年8月30日(94歳没)
エジプト、カイロ
職業 小説家
言語 アラビア語
国籍 エジプト
代表作 『バイナル・カスライン』、『カイロ三部作』
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1988年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1988年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:時には克明な現実主義で、時には想像力を書きたてる手法を駆使するといった、ニュアンスに富んだ作品群を通して、全人類に汎用するアラビア語の創作芸術を形成したこと。

ナギーブ・マフフーズNaguib Mahfouzنجيب محفوظ (Nağīb Maḥfūẓ)、1911年12月11日 - 2006年8月30日)は、エジプトの作家で、アラビア語で著述する小説家1988年にエジプト初、アラブ圏初のノーベル文学賞を受賞。代表作に『バイナル・カスライン』、『カイロ三部作』、『ゲベラウィの子供たち』、『渡り鳥と秋』、『蜃気楼』、『ハン・ハリーリー物語』、『ミダック横丁』など。

生涯[編集]

カイロの商家に生まれる。彼を分娩した医師、ナギーブ・パシャ・マフフーズ教授(1882年 - 1974年)にちなみ名付けられた。カイロ大学卒業後、70年にわたって公務員として文化省に勤務するかたわら執筆を続け、34の小説、350以上の短編を発表した。そのほか映画脚本も精力的に発表し、作品の多くがイスラム圏で映画化された。

1959年に発表された『ゲベラウィの子供たち』は「宗教的な冒涜」を理由に、エジプトで発売禁止となった。長編『バイナル・カスライン』をはじめ、出身地であるカイロの旧市街を舞台にした作品が多く、伝統と近代化の間に翻弄される庶民の姿などを描き、「エジプトのバルザック」とも例えられた[1]。また、宗教的な寛容と節度を主張していた。民主化などで政府に注文もつける一方、イスラム原理主義にも批判的な立場を取っている。

1988年、「全人類に適用可能なアラブ的文章表現の芸術である」として、エジプト初、アラビア語作家として初のノーベル文学賞を受賞した。マフフーズ作品は反イスラム的との非難を受け、多くのアラブ諸国で発売禁止とされていたが、ノーベル賞受賞の後は、この措置もとられなくなっていった。1989年、イランホメイニーが、小説『悪魔の詩』の著者サルマン・ラシュディに死刑を宣告した際は、その宣告を拒否するようイスラム世界に呼びかけた。1994年、カイロの自宅前で、一部作品を不敬とするイスラム過激派組織「イスラム団」メンバーに首などを刺される事件が起こる(のち組織は誤りだったと謝罪)。この負傷で右腕に後遺症が残っていた。以降、ボディガードの監視下に置かれる。

1999年、シリア文化人たちの協議で「20世紀最高のアラブ人作家」に選ばれるなど、アラブ諸国を代表する作家となっていった。2006年7月に倒れ、頭部に損傷を受けて入院。血圧の急激な低下と腎機能低下のため、カイロの病院で治療を受けていた。カイロの病院で同年8月30日に死去、94歳[2]。翌日、ムバラク大統領が指揮する軍隊による国葬が行われた。葬儀が執り行われたフセイン・モスクは、代表作『バイナル・カスライン』に続く3部作で、重要な舞台として登場する地域にあるモスクだった。葬儀後、カイロ郊外のナスルのアル・ラシュダン・モスクに埋葬された。

作品[編集]

  • 「バイナル・カスライン」(現代アラブ小説全集) 塙治夫河出書房新社 (1988年)
  • 「蜃気楼 (パレスチナ選書)」高野晶弘第三書館 (1990年)
  • 「渡り鳥と秋」青柳伸子文芸社 (2002年)
  • 「ナギーブ・マフフーズ短編集—エジプト人文豪の作品より」(「ザアバラーウィー」「空っぽのカフェ」「旅立ちの前」「手品師が皿をさらった」「頂上の人々」収録)塙治夫訳 近代文藝社 (2004年)
  • 「エソルド座の怪人 アンソロジー/世界編」((「容疑者不明」収録)若島正早川書房 ISBN 978-4-15-208802-4 (2007年) - 異色作家短篇集のアンソロジー
  • 「シェヘラザードの憂愁」塙治夫訳 河出書房新社 (2009年) 副題「アラビアンナイト後日譚」アラビアンナイトが終った翌朝から始まる物語
  • 「泥棒と犬」塙治夫訳 近代文藝社 (2009年)
  • 「張り出し窓の街」 (「カイロ三部作 1」) 塙治夫訳 国書刊行会 ISBN 978-4-336-05377-0 (2011年)
  • 「欲望の裏通り」 (「カイロ三部作 2」) 塙治夫訳 国書刊行会 ISBN 978-4-336-05378-7 (2012年)
  • 「夜明け」 (「カイロ三部作 3」) 塙治夫訳 国書刊行会 ISBN 978-4-336-05379-4 (2012年)


  • Old Egypt (1932) مصر القديمة
  • Whisper of Madness (1938) همس الجنون
  • Mockery of the Fates (1939) عبث الأقدار
  • Rhadopis of Nubia (1943) رادوبيس
  • The Struggle of Tyba (1944) كفاح طيبة
  • Modern Cairo (1945) القاهرة الجديدة
  • Khan al-Khalili (1945) خان الخليلى
  • Midaq Alley (1947) زقاق المدق
  • The Mirage (1948) السراب
  • The Beginning and The End (1950) بداية ونهاية
  • The Cairo Trilogy الثلاثية
    • Palace Walk (1956) بين القصرين
    • Palace of Desire (1957) قصر الشوق
    • Sugar Street (1957) السكرية
  • Children of Gebelawi (1959) أولاد حارتنا
  • The Thief and the Dogs (1961) اللص والكلاب
  • Quail and Autumn (1962) السمان والخريف
  • God's World (1962) دنيا الله
  • Zaabalawi (1963)
  • The Search (1964) الطريق
  • The Beggar (1965) الشحاذ
  • Adrift on the Nile (1966) ثرثرة فوق النيل
  • Miramar (novel)|Miramar (1967) ميرامار
  • The Pub of the Black Cat (1969) خمارة القط الأسود
  • A story without a beginning or an ending (1971) حكاية بلا بداية ولا نهاية
  • The Honeymoon (1971) شهر العسل
  • Mirrors (1972) المرايا
  • Love under the rain (1973) الحب تحت المطر
  • The Crime (1973) الجريمة
  • al-Karnak (1974) الكرنك
  • Respected Sir (1975) حضرة المحترم
  • The Harafish (1977) ملحمة الحرافيش
  • Love above the Pyramid Plateau (1979) الحب فوق هضبة الهرم
  • The Devil Preaches (1979) الشيطان يعظ
  • Love and the Veil (1980) عصر الحب
  • Arabian Nights and Days (1981) ليالى ألف ليلة
  • Wedding Song (1981) أفراح القبة
  • One hour remains (1982) الباقي من الزمن ساعة
  • The Journey of Ibn Fattouma (1983) رحلة إبن فطومة
  • Akhenaten, Dweller in Truth (1985) العائش فى الحقيقة
  • The Day the Leader was Killed (1985) يوم مقتل الزعيم
  • Fountain and Tomb (1988)
  • Dreams of the Rehabilitation Period (2004) أحلام فترة النقاهة

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『増補改訂 新潮世界文学辞典』p745 新潮社 1990年4月20日発行
  2. ^ asahi.com: アラブ初のノーベル文学賞作家マフフーズさん死去 - BOOK2012年8月25日閲覧