エジプトのピラミッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南の大地から見たギーザのピラミッド。右からクフ王、カフラー王、メンカウラー王のもの。手前の小さな3つのピラミッドはメンカウラー王の衛星ピラミッド
スフィンクスから見たカフラー王のピラミッド

エジプトのピラミッド(Egyptian pyramids)は、エジプトに位置する、角錐の形をした古代のピラミッドである。2008年時点で138個が発見されている[1][2]。そのほとんどは、エジプト古王国からエジプト中王国時代のファラオかその家族の墓である[3][4] [5]

エジプトのピラミッドのうち最も古いものは、ジェゼル王のピラミッドで、エジプト第3王朝の時代に作られた。このピラミッドと周囲の建造物はイムホテプによってデザインされ、化粧石で造られた世界で最も古いモニュメントだと考えられている。

エジプトのピラミッドで最もよく知られているのは、カイロ郊外にあるギーザのピラミッドである。ギーザのピラミッドのいくつかは、歴史上最も大きな建築物だと考えられている[6]

ギザにあるクフ王のピラミッドは、エジプトのピラミッドで最も大きなものであり、世界の七不思議の一つに数えられている。

歴史的な発展[編集]

サッカラにあるファラオのマスタバ

エジプトの王朝の初期の時代から、マスタバとして知られるベンチ状の構造物は大きな意味を持っていた[7][8]

文献上最初のエジプトのピラミッドはイムホテプにより作られたものであり、それはジョセルのために計画されたと考えられている。マスタバの上部同士を積み重ね、頂上まで何段にもなる大構造物にすることを最初に考えたのはアメンホテプだと言われている。それを実現したものがジョセルの階段ピラミッドであり、死んだファラオの魂が階段を登って天国に行けるようになっている。これこそが後のエジプト人にイムホテプを神聖視させた重要な業績であった[9]

ピラミッドが最も多く作られた時代は、ファラオの権威が絶対的であった時代と一致する。ギザのピラミッドの近くにある多くの有名なピラミッドができたのもこの時代である。時とともに権威は分散し、ピラミッドの建設に必要な資源や熱意は失われていき、ピラミッドは小さくみすぼらしくなっていった。

ピラミッドの建設時代が終わって長い時間が経つと、ナパタ王の時代に今日のスーダンでは多くのピラミッドが破壊された。紀元前661年にナパタ王の時代が終わり、紀元前300年から300年頃のマロエの時代になると、ピラミッドの再建が盛んになり、200以上のピラミッドが作られた。

ピラミッドのシンボル[編集]

ピラミッドの内部構造の図示

エジプトのピラミッドの形は、ベンベンを模していると考えられ、エジプト人は地球はここから創られたと考えていた。またこの形は太陽の光線を表しているとも考えられている。多くのピラミッドの表面は磨かれて反射率の高い石灰岩でできており、遠くから見た時に輝いて見える。

ピラミッドは死者のモニュメントだと一般的に考えられているが、特定の神学的原則からこの説に反対し続けている者もいる。ある説では、ピラミッドは一種の甦りのマシーンとしてデザインされたというものもある[10]

エジプト人は、夜空で星が周りを回っている暗い部分は、天国への物理的な玄関だと考えていた。メインの墓室から伸びる軸の1つはピラミッドの中を抜けて、空のこの方向を向いている。このことは、ピラミッドはファラオの魂を神に届ける呪術的な装置であったことを示唆している。

エジプトのピラミッドは、全てナイル川の西岸に作られている。これは、エジプトの神話で日の沈む場所は死者の領域だったからである[11]

三大ピラミッド[編集]

三大ピラミッドとは、エジプトギザ砂漠にある3基のピラミッドの総称。

ピラミッドの数と場所[編集]

1842年、ドイツの考古学者カール・レプシウスは最初のピラミッドのリストを作り、67件を掲載した。それ以降も多数のピラミッドが発見され、2008年11月現在では118を数える[3]

レプシウスが「首なしピラミッド」と呼んだ29番目のピラミッドの位置は、レプシウスの調査後に砂漠の砂に埋まってしまい、2度に渡って分からなくなったが、2008年に行われた発掘調査で再発見された[12]

多くのピラミッドは保存状態が悪かったり、砂に埋まってしまっている。もし見えていたとしても、がれきの山にしか見えないものも多い。

直近に見つかったピラミッドは、エジプト第6王朝のファラオテティの母シェシェティのもので、サッカラにあった。エジプト考古最高評議会の長ザヒ・ハワスによって2008年11月11日に発表された[4][13]

ザウィト・エル・ マイティンにある第3王朝期の小規模のものを除くエジプトの全てのピラミッドは、ナイル川の西岸に作られていて、そのほとんどがいくつかのグループを作っている。

アブ・ラワシュ[編集]

かなり破壊されたジェドエフラーのピラミッド

アブ・ラワシュには、エジプトの最北端のピラミッドである、ジェドエフラーのピラミッドが存在する[5]。従来このピラミッドは未完成であったと考えられてきたが、近年、完成していただけではなく、メンカウラー王のピラミッドと同じ高さであったということが考古学界の定説となっている。

この場所は大きな交差路に隣接しており、石の供給が容易であった。小さな衛星ピラミッドには、保存状態のよいものが多い。

ギーザ[編集]

ギーザのピラミッドの位置関係

ギーザには、クフ王のピラミッドカフラー王のピラミッドメンカウラー王のピラミッド三大ピラミッドや「女王のピラミッド」と呼ばれる小さな衛星ピラミッド、スフィンクス等が存在する。

3つの中で、カフラー王のピラミッドだけが頂上付近に建設当時の石灰岩を残している。このピラミッドは、高い場所に建っており、しかも急勾配であるため、隣接するクフ王のピラミッドよりも見た目には大きく見える。

三大ピラミッドは、古代より人気の観光スポットであり、シドンのアンティパトロスによって世界七不思議に挙げられ有名になった。今日では、七不思議のうち現存する唯一のものである。

なお、2013年8月に発生したムスリム同胞団と治安部隊との衝突を受け、エジプト考古省は2013年8月14日から一時閉鎖措置をとっている[14]

ザウィト・エル・ アリアン[編集]

ザウィト・エル・ アリアンは、ギーザとアブ・シールの中間にあり、古王国時代の2つの未完成ピラミッドがある。北方のピラミッドはサナクト王、南方のピラミッドはカーバー王のものと考えられている。カーバーのファラオとしての4年間の在任期間中にピラミッドの建設が打ち切られたと考えられている。高さは約20mであるが、完成すれば40m程度になったと推測される。

アブ・シール[編集]

サフラーのピラミッド

この地には、エジプト第5王朝の14個のピラミッドがある。アブ・シールのピラミッドの建築の質は、エジプト第4王朝のものよりも低い。これはファラオの権力が低下したか経済の活力が低減したのが原因かもしれない。

有名なものとしては、最も保存状態のよいニウセルラーの他、ネフェルイルカラーサフラーのものがある。また、ネフェルエフラーの未完成のピラミッドもある。アブ・シールの主要なピラミッドは全て階段ピラミッドとして建てられたが、その大半は後に階段部分が埋められて角錐のピラミッドになったと考えられている。

サッカラ[編集]

ジェセルの階段ピラミッド

サッカラの有名なピラミッドには、世界最古の石造建築物であるジェセルの階段ピラミッドがある。その他にもウセルカフテティ、エジプトで最も保存状態がよいものの一つウナスのピラミッドがある。このピラミッドは、ラムセス2世の息子による最初の復元の対象の一つにもなった。サッカラにはセケムケトの未完成の階段ピラミッドもあり、「埋蔵ピラミッド」として知られている。考古学者は、このピラミッドが完成していたらジェセルのもの以上の規模になったと推測している。

サッカラの主要なピラミッド群の南方には、後の時代の小さなピラミッドの群があり、ペピ1世ペピ2世のピラミッドがある。その多くは保存状態が悪い。

第4王朝のファラオシェプスセスカーフは、ピラミッドの建設に対する興味も能力も持たなかった。サッカラ南部にある彼の墓は大きなマスタバで寺院が付属し、「ファラオのマスタバ」として知られている[15]

2008年末にサッカラ北部で埋葬者不明のピラミッドが発見された。テティの母の墓だと考えられている。約5mの高さだが、建設当時は14m程度あったと考えられている。墓の開封は2008年12月に行われた。

ダハシュール[編集]

スネフェルの赤いピラミッド

ダハシュールは、ギーザとサッカラに次いで重要な場所であるが、軍事基地があったため1996年まで立ち入ることができなかった。そのため、考古学者による調査が比較的進んでいない。

スネフェルのピラミッドは屈折ピラミッドとして知られ、建設者が意図して角を滑らかに作った最初のピラミッドだと考えられている。

屈折ピラミッドから北に数kmの場所には、スネフェルの時代に作られた3つのピラミッドが残っている。そのうちの1つ赤いピラミッドは全ての角が完全に滑らかな最初のピラミッドであり、ギーザのクフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッドに次いで、エジプトで3番目に大きい。

そのほかダハシュールには、アメンエムハト3世黒いピラミッドや多くの小規模ピラミッドがある。

マズグハナ[編集]

ダハシュールの南にあるマズグハナには、エジプト第一中間期のファラオが建てたピラミッドがある。

リシュト[編集]

アメンエムハト1世のピラミッド

リシュトには、アメンエムハト1世とその息子センウセレト1世による2つの主要なピラミッドが知られている。後者は10個の小規模なピラミッドの廃墟に囲まれており、そのうちの1つはアメンエムハトの従兄弟であるカーバー2世のものであることが分かっている[16]。この場所はファイユームオアシスに近く、ダハシュールとメイドゥームの中間、カイロの約100km南方にある。また、エジプト第12王朝の首都で現在は正確な位置が分からないイタチウイにも近かったと考えられている。

メイドゥーム[編集]

メイドゥームのピラミッド

メイドゥームのピラミッドは、スネフェルの治世下で作られた3つのピラミッドのうちの1つで、父親のフニによって始められたと考えられている。しかし、この説は確実ではなく、この場所からフニの名を記したものは何も見つかっていない。

このピラミッドは当初階段ピラミッドとして建設され、後に段が埋められて滑らかなものに作り替えられた。

このピラミッドは、古代から中世にかけて幾度も破壊の危機に晒された。中世のアラブ人は、7段あったと記しているが、今日では上の3段しか残っていない。

ハワーラ[編集]

アメンエムハト3世のピラミッド

アメンエムハト3世は、第12王朝で強い権力を持った最後のファラオであり、ファイユーム近くのハワーラハワーラのピラミッドを建てた。

エル・ラフーン[編集]

センウセレト2世のピラミッド

エル・ラフーンにあるセンウセレト2世のピラミッドはエジプト最南端のピラミッドである。12mの高さの天然の石灰岩を基礎に用いることによって、建設に必要な労働が大幅に抑えられている。

建設時期[編集]

下記の表は、エジプトの主要なピラミッドを建設年代順に並べたものである。それぞれのピラミッドは建設を発注したファラオの名前で表され、おおよその年代と場所が記されている。

ピラミッド/ファラオ 統治期間 場所
ジェセル c. 2630 - 2612 BC サッカラ
スネフェル c. 2612 - 2589 BC ダハシュール
スネフェル c. 2612 - 2589 BC ダハシュール
スネフェル c. 2612 - 2589 BC メイドゥーム
クフ c. 2589 - 2566 BC ギーザ
ジェドエフラー c. 2566 - 2558 BC アブ・ラワシュ
カフラー c. 2558 - 2532 BC ギーザ
メンカウラー c. 2532 - 2504 BC ギーザ
サフラー c. 2487 - 2477 BC アブ・シール
ネフェルイルカラー c. 2477 - 2467 BC アブ・シール
ニウセルラー c. 2416 - 2392 BC アブ・シール
アメンエムハト1世 c. 1991 - 1962 BC リシュト
センウセレト1世 c. 1971 - 1926 BC リシュト
センウセレト2世 c. 1897 - 1878 BC エル・ラーフン
アメンエムハト3世 c. 1860 - 1814 BC ハワーラ

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “In the Shadow of a Long Past, Patiently Awaiting the Future”. http://www.nytimes.com/2008/11/17/world/middleeast/17cairo.html 
  2. ^ Mark Lehner (2008). The Complete Pyramids: Solving the Ancient Mysteries. p. 34.”. Thames & Hudson. 2009年10月5日閲覧。
  3. ^ a b “Egypt says has found pyramid built for ancient queen”. Reuters. http://africa.reuters.com/top/news/usnJOE4AA0H1.html 2008年11月18日閲覧. "The pyramid, which Hawass said was the 118th found in Egypt, was uncovered near the world's oldest pyramid at Saqqara, a burial ground for the rulers of ancient Egypt." 
  4. ^ a b “In the Shadow of a Long Past, Patiently Awaiting the Future”. New York Times. (2008年11月16日). http://www.nytimes.com/2008/11/17/world/middleeast/17cairo.html 2008年11月17日閲覧. "Deep below the Egyptian desert, archaeologists have found evidence of yet another pyramid, this one constructed 4,300 years ago to store the remains of a pharaoh’s mother. That makes 138 pyramids discovered here so far, and officials say they expect to find more." 
  5. ^ a b Michael Ritter (2003) [1] Dating the Pyramids. Retrieved 13 April 2005
  6. ^ Watkin, David (4th ed. 2005). A History of Western Architecture. Laurence King Publishing. pp. 14. ISBN 978-1856694599. http://books.google.com/books?id=39T1zElEBrQC&pg=PA14&dq=giza+pyramids+largest+structures&ei=_HVTSNTHHIP6sQPHnNm5Cw&client=firefox-a&sig=m5gbKzP5bc1gh6aiLkgFpIc_KVo. "The Great Pyramid...is still one of the largest structures ever raised by man, its plan twice the size of St. Peter's in Rome"
  7. ^ [2] Burial customs: mastabas. University College London (2001) Retrieved 14 April 2005
  8. ^ [3] Burial customs in Early Dynastic Egypt. University College London (2001). Retrieved 14 April 2005
  9. ^ [4] Imhotep, Doctor, Architect, High Priest, Scribe and Vizier to King Djoser (Jimmy Dunn). Retrieved 24 April 2005
  10. ^ [5] The Pyramids: "Resurrection Machines". (Houghton Mifflin College) Retrieved 13 April 2005
  11. ^ [6] Hidden History of Egypt (The Discovery Channel (2002-2004)) Retrieved 13 April 2005
  12. ^ [7]
  13. ^ http://news.nationalgeographic.com/news/2008/11/081111-new-pyramid-egypt.html
  14. ^ “エジプト:ピラミッドも一時閉鎖 衝突拡大で”. 毎日新聞. (2013年8月15日). http://mainichi.jp/select/news/20130815k0000e030161000c.html 2013年8月20日閲覧。 
  15. ^ [8] The Mastaba of Shepseskaf
  16. ^ Allen, James; Manuelian, Peter (2005), The Ancient Egyptian Pyramid Texts (Writings from the Ancient World, No. 23), Brill Academic, ISBN 978-9004137776 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]