フアード1世 (エジプト王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアード1世
فؤاد الأول
エジプト王
Fuad I of Egypt.jpg
在位 スルターン:1917年10月9日-1922年3月15日
エジプト王:1922年3月15日-1936年4月28日
全名 アフメド・フアード
出生 1868年3月26日
Flag of Egypt (1793-1844).svg オスマン帝国カイロ
死去 1936年4月28日(満68歳没)
エジプトの旗 エジプトカイロ
埋葬  
エジプトの旗 エジプトカイロアッ=リファーイー・モスク、副王廟
配偶者 シワイカール・ハーヌム・エフェンディー
  ナーズリー・サブリー
子女 イスマーイール・フアード
ファウキーヤ
ファールーク1世
ファウズィーヤ
ファーイザ
ファーイカ
ファトヒーヤ
王朝 ムハンマド・アリー朝
王室歌 エジプト国王に平安あれ
父親 イスマーイール・パシャ
母親 ファリヤール・カーディン
テンプレートを表示

ファード1世(Fuad I、1868年3月26日1936年4月28日)は、ムハンマド・アリー朝エジプトスルタン(在位1917年-1922年)。エジプト王(在位1922年-1936年)。先代フサイン・カーミルの異母兄。

カイロ近郊のギザの離宮でエジプト総督イスマーイール・パシャの6番目の子供として生まれる。亡命した父親のもとヨーロッパで育ち、ジュネーヴトリノの陸軍士官学校で学んだ。1865年に本国に帰国すると参謀将校を務め、エジプト国民大学を設立する。1917年、49歳でスルタンに即位すると専制政治を志向し議会と対立、1922年にエジプトが独立すると国王になり1930年に新憲法を公布するが、世論の反発を受け翌年に旧憲法を復活させた。1936年、没。

人物[編集]

  • ヨーロッパで育ったため生涯、アラビア語よりイタリア語のほうが得意だった。
  • 即位前に最初の妻と離婚。これに激怒した義兄に銃撃され負傷した。
  • 毎朝5時に起きて長い時間をかけて身支度する潔癖症
  • 極端な暗殺恐怖症。

参考文献[編集]

山口直彦 『エジプト近現代史 ムハンマド・アリ朝成立から現在までの200年』 明石書店 2006年

先代:
フサイン・カーミル
ムハンマド・アリー朝のスルターン
1917年 - 1922年
次代:
― (エジプト王国成立)
先代:
エジプト国王ムハンマド・アリー朝
1922年 - 1936年
次代:
ファールーク1世