アッバース・ヒルミー2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アッバース・ヒルミー2世

アッバース・ヒルミー2世Abbas Hilmi II, 1874年7月14日 - 1944年12月19日)は、ムハンマド・アリー朝エジプトの副王(在位:1892年 - 1914年)。

生涯[編集]

アレクサンドリア出身。ウィーンの陸軍士官学校に留学し父タウフィークが1892年に亡くなると呼びもどされ17歳で即位した。即位後はイギリスと敵対し民族主義者に接近する。

1914年に第一次世界大戦が勃発すると国民にトルコを支持してイギリスからの独立を呼びかけたため廃位され、ヨーロッパ各地でその後の人生を送り、1944年にジュネーヴで死去した。

息子ムハンマド・アブデル・モネイムは最後のエジプト王フアード2世の摂政となった。

外部リンク[編集]

先代:
タウフィーク・パシャ
ムハンマド・アリー朝のヘディーヴ
1892年 - 1914年
次代:
先代:
タウフィーク・パシャ
ムハンマド・アリー朝の君主
1892年 - 1914年
次代:
フサイン・カーミル