フアード2世 (エジプト王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアード2世
أحمد فؤاد الثاني
エジプト王
在位 1952年7月26日 - 1953年6月18日
戴冠 (戴冠しないうちに廃位)
全名 アフマド・フアード
出生 1952年1月16日(62歳)
エジプトの旗 エジプトカイロ
配偶者 ファディラ王妃(ドミニク=フランス・ピカール)
1976年 - 1996年
子女 ムハンマド・アリー
ファウジア=ラティファ
ファクルディン
王朝 ムハンマド・アリー朝
王室歌 エジプト国王に平安あれ
父親 ファールーク1世
母親 ナリマン・サディク
テンプレートを表示

アフマド・フアード2世أحمد فؤاد الثاني, Fuad II, 1952年1月16日 - )は、エジプト国王ムハンマド・アリー朝統治のエジプト王国の最後の国王(在位1952年 - 1953年)。

彼は1歳にも満たないうちに即位し、戴冠も行わずにその翌年には王政廃止で退位したため、実質的な統治は行わなかった。それゆえ父ファールーク1世が最後の国王とされる場合もある。

略歴[編集]

国王時代のフアード2世

1952年1月16日、国王ファールーク1世とその2番目の妃ナリマン・サディクの間の一人息子アフマド・フアードとして生まれる。

同年7月23日ムハンマド・ナギーブガマール・アブドゥン=ナーセルに率いられた自由将校団によるクーデター(エジプト革命)が発生。ファールーク1世は退位し、国外亡命。

生後わずか半年のアフマド・フアードが残された結果、フアード2世として王位を継承した。アッバース・ヒルミー2世の息子ムハンマド・アブデル・モネイム摂政を務めた。

しかし、自由将校団は翌1953年に王政廃止と共和制移行を宣言し、同年6月18日に1歳のフアード2世は戴冠しないまま廃位され、ナギーブが新共和国の初代大統領に就任。既にクーデターで有名無実となっていたムハンマド・アリー朝はこの時、名実共に終焉を迎えた。

廃位後、父ファールークのもとへ送られた後、スイスでアフマド・フアードの名のもと生きることになった。

1976年にフランス人のドミニク=フランス・ピカール(結婚後、イスラム教に改宗し、ファディラ王妃と改名)と結婚。3人の子女をもうけたが、ピカールとは1996年に離婚している。

関連項目[編集]

先代:
ファールーク1世
エジプト国王ムハンマド・アリー朝
1952年 - 1953年
次代:
(王政廃止)